ウォーターポンプのタグが付いた作業実績一覧|バイクの整備・メンテナンス・修理店を探すなら【グーバイク(GooBike)】

ウォーターポンプ のタグ

SB1000SFのウォーターポンプからクーラント漏れの修理です。 純正パーツがすでに廃盤となっており入手できず、まだ購入可能なCB1300SFをと思いましたが穴位置等の関係で使用できませんでした。 CB1000SFは非分解の構造となっており内部のパーツだけでの部品設定がなかったので、他車用を流用し交換させていただきました。オイルシールは市販されているパーツでは設定が無い特殊なサイズです。 ご自分で作業する際はご注意下さい。 オイルシール、メカニカルシール共に交換し作業終了です。 郵送での作業もお受けしております。

総額:33,000円

只今お買い上げ頂いたNSR250Rの納車整備真っ最中です。当店はお買い上げ頂くお客様のご要望・ご予算に応じた整備を承れるよう努力致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい!

GEAR メーターのチェックランプが点灯し修理依頼を受けました。 確認した所、冷却水が減っていました。何時ものようにウォーターポンプのシールが傷んでいました。 ベアリング、インペラも交換します。 シリンダーヘッドガスケットも抜けている可能性があるので交換しました。5万キロを超えているので、ついでにピストンリングも交換します。 結構な作業になってしまいましたが、またこれで乗り続けられますね。 ご依頼誠に有難うございました。

通勤で毎日稼働している車両です。毎日使うものだから定期的に点検を行っています。走行距離が増えてくると、消耗品以外にもいろいろ出てきます

総額:41,796円

CB1300 スーパーボルドールの整備をしていたら、冷却水が地面にたれていました。 確認するとウォーターポンプから漏っていました。 どうやらウォーターポンプのメカニカルシールがダメなようです。 ウォーターポンプのメカニカルシールが不良になると外に冷却水が排出される仕組みになっています。

ウォーターポンプの下側より冷却水の漏れが確認できた為、ウォーターポンプメカニカルシール交換をしました。 エンジンオイルと冷却水を抜いて、脱着分解をして交換します。

総額:22,010円

4スト ビーノ ラジエター液のリザーバータンクが空になっていたのでクーラント交換を行いました。クーラントを入れ続けても満タンにならないので確認した所、クランクケース内に溢れていました。 ウオーターポンプのベアリングが粉砕してシールも駄目になっていました。 ヤマハの水冷は本当にここが弱いです。リコールになってもおかしくないと思います。 ヤマハの水冷スクーターに乗られている方は、クーラントの点検を必ず行ってください。

冷却水がエンジン内部に入り込んでしまうVOX。ウォーターポンプのシールより冷却水が漏れだしていた模様。シール、ガスケット交換が必要となりました。

CRM250Rのウォーターポンプのシール交換です。ギヤオイルと冷却水が混ざってオイルが白濁しておりました。シール交換にてリフレッシュしました。

以前から水冷警告灯の点灯。クーラントを足しながらのその場しのぎ。。。ついつい補充を怠りオーバーヒートからのピストンの表面が熱で溶けて圧縮が無くなりエンスト。やはり「警告灯」は異常のシグナルなのです。走れるからいいか、なんてはもっての外。早めの点検・修理が賢明ですね^^

総額:62,024円

他店購入車両でしたが、車検の24ヶ月点検の際にウオーターポンプからのオイル漏れを発見しました。 インペラ軸のオイルシールからのオイル漏れと判断したので、お客様にポンプアッシーの交換をお勧めしました。 この車両のウオーターポンプのオイルシールは、年式によってはパーツリストに部品の番号が載っていませんが、実は交換用オイルシールの部品番号が存在しています。 オイルシールのみの交換でもオイル漏れが止まる可能性も有りましたが、年式を考慮してのアッシー交換のご提案でした。 しかしお客様のご意向としては今までに何回かアッシー交換をしており、今のポンプは2〜3万km程度の使用なのでオイルシールのみの交換をして欲しいと言う事でした。

総額:16,167円

新車・中古バイクを探す