圧縮不良のタグが付いた作業実績一覧|バイクの整備・メンテナンス・修理店を探すなら【グーバイク(GooBike)】

圧縮不良 のタグ

空冷インジェクションの原付でちょこちょこ起こる故障です。 燃焼されたガソリンがカーボンとなり蓄積し続けて、塊がはられてバルブに噛みこみ 圧縮不良を起こしエンストや、始動が出来なくなってしまう状態です。 バイクの使用方法で改善できることもありますので、気になる方はご相談ください。

今回はレッツ4のエンジンが掛からない症状の修理と、最近Fi車(トゥデイ・V50等)で多発しているエンジンが掛からない症状の原因について。 特に原因について多く解説します。

エンジンストップ エンジン圧縮不足カーボン噛みのためエンジン分解部品交換清掃 エキゾーストバルブ ピストンリング バルブステムシール 各種ガスケット ドライブベルト 交換です。

総額:50,463円

ご新規様のお客様ですがご自身たちでボアアップキット、ハイカム、 燃調コントローラー、クラッチ周り等カスタムされたようですが 走行中、水温警告灯が点灯しその後エンジンストール &始動不能となりましたので当店でレッカーし入庫しました。

今回は「減速して停車したと同時にエンスト。その後始動不良」の修理の紹介です。 まずはレッカーされてきた車両を点検。 セルを回してみると普段より軽い回り方。全く掛かる気配がありません。 この時考えられるのは「エンジンの圧縮不良」です。 そこで測定工具を使い、圧縮圧力を調べてみました。

新車・中古バイクを探す