クラッチワイヤーのタグが付いた作業実績一覧|バイクの整備・メンテナンス・修理店を探すなら【グーバイク(GooBike)】

クラッチワイヤー のタグ

「クラッチが重くなったような気がする?」はクラッチワイヤー交換のサインです! クラッチワイヤーも消耗品です。その場しのぎにグリスアップもありですが、グリスアップでは本来の新品ワイヤーの耐久性能は回復しません。それにショップに依頼する場合は費用対効果を考えると新品交換がお勧めです☆

総額:4840円

カワサキのアメリカンバイク「エリミネーター250」が入庫しました。 お客様より「クラッチワイヤーを交換してほしい!」と依頼を頂いたのですが、メーカーに部品注文してみると、まさかの「製造中止」。。。 という事で、お客様本人がネットで部品を購入して持込みでの修理となりました。

総額:1944円

スズキのバンディット250です。この形式はセパレートハンドルのみかと思っていましたが バーハンドル仕様のタイプになります。 エンジン始動困難&エンジン不調が続いておりとうとう始動出来なってしまったとの事で当社トラックにて レッカーし入庫となりました。 最近譲り受けた車両で以前のメンテナンス履歴や使用状況が判らないとの事で

クラッチワイヤーやスロットルワイヤーが重たいなぁ… そんな時はワイヤー内のグリスが切れている可能性があります!そんな場合は、ワイヤー内に直接グリスを注入をすることでまた軽く握れるようになりますよ! デイトナさん等から発売しているワイヤーインジェクター(もしくはケーブルインジェクター)という工具を使い、ワイヤー内にグリスを噴射する作業です。ワイヤー内がサビていたり切れかかっていると交換をしないといけないですが単にグリスが切れかかっている場合、この作業によってワイヤーの品質保持と共にスパスパとクラッチがきれるようになるので快適にバイクに乗れるようになります!作業時間は15分前後で終わりますのでもしクラッチが重く感じるようになってきたら是非一度試してみましょう!!それと同時にクラッチレバーを止めているボルトや可動部分も一緒にグリスアップしますよ!

総額:2160円