バイク修理・メンテナンス作業実績ランキング|バイクの整備・メンテナンス・修理店を探すなら【グーバイク(GooBike)】

作業実績一覧

ランキング

新車から10年以上乗ってきて最近ブレーキが引きずる感じがします。っと入庫いたしました。 ブレーキキャリパーのシールを交換しようとオーバーホールいたします。

ドラッグスター250のカスタムです。ストレッチタンクとショートリアフェンダーがカッコいいと思います。リアのナンバープレートホルダーもいい感じに装着できました。 やはり、こいつのカスタムの要はフロントホイール16インチ化ではないでしょうか?ロー&ロングに見えて地を這うように走る事でしょう。 マフラーはノーマルですが、見た目の迫力はいいと思います。マフラー変更しても色を艶あり黒に変更しても同じ値段でカスタムします。ハンドルの変更も大幅に変わらなければ下記の値段内で作成いたします。

総額:500,000円

エンジン良好で吹け上がりも良いです!外装は塗装仕立てで色変更可能です!ハンドルの形や マフラーの種類も中古ではありますが限りなく好みの形にして仕上げるように心がけております! ホイールもシルバーでも黒色に塗装可能です!エンジンも納車整備の段階で異常があれば新品部品や 中古部品を使いながら良好なものにしていきます!保証は3ヶ月で事故や故意では無い限り何が壊れても無料で修理します!(例外有り)少しでも安心してバイクライフを楽しめるようお客様のご指導の元一生懸命頑張ります!!! インスタもよろしくお願いします。curomon

総額:350,000円

バルカンクラシック400フリスコスタイルです。同じカスタム・同じ値段で承ります。その際色変更や、ハンドル変更等あれば同じ値段で可能な限り作成いたします。なにか要望などあればそれも言って頂ければ嬉しいです。

総額:430,000円

「走行中にエンストしそうになる」との事でアドレスV125が入庫致しました。状況を出来るだけ詳しく聞き取りをしてみると次の3点がキーポイントとして浮かび上がりました。 「アクセルを開けている時に発生」「エンジン掛け始めに多発」「止まりそうになるが止まりはしない」 上記のポイントから過去の修理事例から「電気系の故障」と判断したので、修理の為に車両をお預かりさせて頂きました。

今回はレッツ4のエンジンが掛からない症状の修理と、最近Fi車(トゥデイ・V50等)で多発しているエンジンが掛からない症状の原因について。 特に原因について多く解説します。

【カワサキ H2 フルパワー書換&現車ECUチューニング】 発売時の衝撃が忘れられない車両ですね。 H2のフルパワー書換&現車ECUチューニングになります。 カワサキの社長が事故を恐れて発売前にパワー規制したという噂話が出回るのもうなずけますね。

総額:124,200円

PCXのブレーキフルード交換! HONDAさんのスクーターは左手のブレーキを握ると前後ブレーキが引っ張られる 「コンビブレーキ」という機能がついてます。 乗り手にはいいシステムなんですが、メンテナンス性が悪いでございます。 上半身裸くらいにはしないとやりにくいんですよねー|д゚)

総額:7,560円

AA01型キャブレターモデルのスーパーカブ50ですが アイドリング時にエンストする、アクセルをあけたときも ときどき急にエンジン回転が下がるという不調内容でしたので キャブレターを外しました。

以前の当社の記事を見て修理のご依頼いただきました。 レッツ4、FIランプが点灯で入庫、良くある吸気温度センサーかな?と思いながらも、エラーコードを呼び出したところ、今回はC15 エンジン温度センサーだったのですが〜

総額:25,272円

お世話になってます!OKAUTOのオオクワです! 今回の作業は「ゼファー400 キャブレター 単体 持ち込み修理」になります!!!!! お客様にどのような症状かお聞きしました。。。。 ・キャブを分解してOHをしたが吹けなくなった。 ・分解してガソリンが漏れる様になった。 こちらのお客様は当店でバイクを購入し。ご自身で整備を調べながらやられているお客様になります。 でわ早速整備をしていきましょう。 こちらのお客様は若いお客様で

総額:8,640円

一枚目の画像がピンボケですみません(汗) 最近の新車を購入した際、納車の時に説明があるかと思いますが中古車や個人売買の方などは説明がないのでこの文面の重要性を説明させていただきます。 燃料タンクに燃料を指定レベル以上入れないでください。 燃料蒸発ガス排出抑止装置に燃料が流れ込みエンジン始動不良 。及び息つきがおこることがあります。 これは何かといいますと以前はガソリンタンクに入っていたガソリンが揮発したいわゆる燃料蒸発ガスをそのまま大気に放出していたのですが、環境問題の観点から揮発したガスを溜めて、もう一度エンジンで燃やすエバポレーターという装置が付くようになりました。 ですから指定レベルというのは二枚目の写真の給油口の内側にある楕円形のプレート以上入れないで下さいという事になります。 これ以上入れるとキャニスターという3枚目の写真の箱にガソリンが入ってしまい量によってはそれがエンジンにまた循環されるので、エンジンが始動しないなどの重大なトラブルになります。

FI警告ランプが点灯したため、原因調査と修理いたしました。 一見、電子制御関連の故障かと思いがちですが、原因はけっこうアナログなものだったりします。

総額:5,400円

今回は、96年式のZRX400の修理依頼でアイドリングのときに不安定もしくは止まる。発進時にもたつくです。現車を確認してエキパイの熱の持ち具合をみると2番があまり熱くなってません。ただしこういうケースの場合しばらく乗っていなくてキャブれーターが詰まるとか点火系とかですがどうもお客様はそれほど乗らない期間も無く、私が試乗してもキャブが詰まっているほど不調でもありません。なので点火系からアクセスします。

おおよそ20000km走行後の消耗部品の状態、原付二種スクーター編です。(車両 HONDA PCX125) スパークプラグ、エアクリーナー、ドライブベルト、タイヤ、ブレーキパッド、等。 通勤や街乗りの脚に、最近では原付二種ツーリングを楽しむ方もよく見かけるようになりましたね! これまた車検のない車両且つ短い時間を日々走行していて気がつけばけっこうな距離を乗っていたんだなということもあるかと思います。 スクーター独特の機構としてドライブベルト駆動というのが1つポイントになるところです。これがとにかく外からは全く見えません。切れてしまって自走ができなくなってから交換になることもよくありますね。排気量や車種にもよりますが15000km〜20000knくらいでの点検・交換を推奨しています。 各部新品と20000km走行時の状態を並べてみましたので写真を見て比較してみてください。ベルトのひび割れ、エアクリーナーの汚れ具合、パッド残量の差等がよくわかると思います。 スクーターや原付も3000kmごとのエンジンオイル交換をしながら各部消耗品のチェックをしていきましょう!

総額:45,100円

受注制作車両です。外装は塗装仕立てで色変更可能です!ハンドルの形や マフラーの種類も中古ではありますが限りなく好みの形にして仕上げるように心がけております! ホイールもシルバーでも黒色に塗装可能です!エンジンも納車整備の段階で異常があれば新品部品や 中古部品を使いながら良好なものにしていきます!保証は3ヶ月で事故や故意では無い限り何が壊れても無料で修理します!(例外有り)少しでも安心してバイクライフを楽しめるようお客様のご指導の元一生懸命頑張ります!!! 他にも値段内でカスタムできるところは致しますのでお問い合わせ頂けると嬉しいです。 宜しくお願いいたします。 インスタの方もお願いいたします。#curomon

総額:300,000円