ビーノDX(ヤマハ)のバイク作業実績一覧|バイクの整備・メンテナンス・修理店を探すなら【グーバイク(GooBike)】

ビーノDX(ヤマハ)のバイク作業実績一覧

ヤマハ・ビーノの中古車整備です。綺麗に洗車を行いましたので、各パーツを磨いて組み立て作業をしました。これで完成でーす。ヽ(^o^)丿

ヤマハ・ビーノの中古車整備です。洗車大会の開催中!綺麗にしまっせ〜。(^O^)/

ヤマハ・ビーノの中古車整備です。オークションで仕入れた車両となります。試運転後に外装を外して整備と磨き作業を行います。

約3000km使用したオイルです。汚れもさることながら粘度も下がり、このまま使用すると圧縮不良等のエンジントラブルの原因となります。 原付は1Lに満たないオイル量で車の約3倍の回転数で走行しているため、オイルには非常に厳しい環境になっています。 全開走行、登坂走行、市街地のストップアンドゴーが多い方はもちろん、暖機が完了する前にスタートし完全に暖まりきる前に到着するような短距離走行が多い方も、半年または2000km毎の交換を推奨しています。

総額:5379円

ヤマハ・ビーノの中古車整備です。いよいよ完成です!(^O^)/ バラバラにして綺麗にしたパーツを組付けます。外装は、和光ケミカルの「バリアスコート」でフッ素コーティングを施し、未塗装樹脂の劣化して変色部分を、和光ケミカルの「スーパーハード」でガラスコーティングで復活させました。とても綺麗に仕上がったビーノをご覧ください。(*^^)v

ヤマハ・ビーノの中古車整備です。今日は天気が良いので、洗車大会を開催しました!(*^^)v 手洗い洗車と、高圧洗浄機での洗車を行いました。洗車後は、エアーブローにて水気を飛ばし、天日干しをしまーす。\(^o^)/ 綺麗になりました。

ヤマハ・ビーノのウオーターポンプ交換修理です。オークションで仕入れたビーノが売れたので、試運転をしてオイル交換をした際に、エンジンオイルが白濁しておりました。これは・・・冷却水が混じっている!と、メーカーに問い合わせをしました。結果はウオーターポンプのオイルシールからの水漏れ。そして、調べて頂いた結果、この車両は2017年登録で、なんと10月17日までメーカー保証が受けられるんです!(^O^)/ ヤッター。ウオーターポンプは高額なので助かったのです。逆に言うと、長いこと売れなかったら保証が切れて、全て当方持ちになる所でした。早速、クレーム処理をすべく、交換修理を行いました。ギリギリセーフ。(*^^)v でも、たった1600キロでイカれる部品も部品だな・・・。

ヤマハ・ビーノの中古車整備です。先日は外装を外しましたが、今日は天気が良いので洗浄を行いました。洗車の7つ道具を駆使して、外した部品を隅々まで綺麗に専用液にて洗います。(*^^)v シートはカビ取り剤で付け置き洗いで、ある程度綺麗になりますよ!白色の未塗装樹脂パーツは、「メラニンスポンジ」を使うと綺麗に汚れが落ちます。メッキパーツは、スチースウールたわしで磨き、サビをカッターナイフや金属ブラシ等で、削り取って除去していきます。洗い終えたら、シルバー色のタッチペイントで補修をおこないます。ここまでの作業は、全体の半分ぐらいです。(^_-)-☆

お客様のご依頼で、在庫の中古車を整備する事になりました!(^^ゞ 2017年車の走行1700キロのビーノです。昨日はオイル交換をしたので、今日は外装を全て外す作業を行いました。見て下さい!バラバラです。これから綺麗にしますよ〜。(*^^)v

ヤマハ・ビーノのエンジンオイル交換です。当店のストック中古車10台近くの中から、このビーノが欲しいと言われ、現在のスズキ・アドレスⅤ50を保留にして整備を開始しました。つまり、中古車のご予約を頂きました。(^O^)/で、早速ビーノの試運転を行い、走行性能・各作動部の確認・異音などの確認をしました。すこぶる調子の良い車両でしたので、エンジンオイルの交換を行いました。次は、外装を外して綺麗にします。