グーバイク特集 バイクに関する特集ページ。バイク選びのノウハウなど、バイクライフを充実させるための情報が満載です。
TOP > 記事 > グーバイク特集 > YZFシリーズまるごと。
YZFシリーズまるごと。
YZFシリーズまるごと。

世界で闘うヤマハYZFシリーズがデビューから20年を迎えた。スーパースポーツの性能はもちろん、ラインナップも広がり選択肢も増えている。今が狙い目のYZFシリーズに注目だ。
Text/Daijiro Ikeda

YZF1000R Thunder Ace

YZF1000R
Thunder Ace

'96年ヤマハのフラッグシップであったFZR1000のフルモデルチェンジ版として完全新設計で登場。

中古相場価格 ●37.8万円~42.98万円

トップを走り続け20年
SSブームの火付け役

 スーパースポーツモデル(※以下SSモデル)は、そのメーカーの顔といってもいい技術の象徴だ。そんなSSとしてトップを走り続ける、バイクがかつてあっただろうか?
 熾烈なライバル競争の中、フラッグシップモデルとして進化を続け今年で20年。その間のモデルチェンジは何と7回。数年に一度のモデルチェンジは、1つの機種としてはかなり多い。今回の特集は、トップエンドとして世界と闘うYZF-R1とそのシリーズラインナップをお届けする。20年間ライダーから支持され続けるその魅力、ヒストリーや各モデルに迫りつつ最も市場で流通しているとされるスポーツブランドYZFシリーズの「狙い目中古車」にも迫りたい。
 YZF1000Rサンダーエースの後継としてヤマハ初のリッタースポーツ、YZF-R1は〝ツイスティロード最速〞を目標に生まれた。エンジンとフレームは、FZR1000やYZF1000Rサンダーエースとの差別化を図るため、全くの新設計で開発された。その車体もコンパクトで、中型車並の車重に最高クラスのエンジン出力。さらにそのデザイン性も話題となりSSブームをけん引した。当時人気のあったライバルの代表は、ホンダはCBR900RR。カワサキはZX-9R、スズキはGSX-R750などが挙げられたが、R1が火を付けたSSブームによりそれぞれリッターオーバークラスへ進化し、戦国時代へ突入していくこととなる。

各クラスにラインナップ
スポーツブランド展開へ

 R1というヤマハのトップエンドSSマシンは、同社スポーツバイクラインナップでの最高到達点でもあり羨望の一台でもあった。そんなライダー憧れのR1の持つコンセプト、スポーツ性を、より多くのライダーに楽しんで貰おうということで、YZFはフルカウル・スポーツバイク全般を表すブランドとして展開している。

 最新ラインナップでは、トップSSモデルR1のリッタークラス、ミドルクラスではR6、普通免許クラスのR3、軽二輪クラスで大ヒットとなったR25を展開し、それぞれのクラスでライバルメーカーとのブランド争いに鎬を削っている。

YZF-R1
YZF-R1

YZF-R1

'14年発売の現行モデル。エンジン、フレーム共にフルモデルチェンジ。ホイールとエンジンカバーにマグネシウム合金を採用。クロスプレーン型クランクシャフトエンジンで200PSに。

中古相場価格 ●39.8万円~224.64万円

新車価格 ●154.9万円~243万円

YZF-R6

YZF-R6

'99年初代YZF-R6がデビュー。現行は'17年発売。YZF-R1と同様の見た目となり、アルミニウム製タンク、トラクションコントロール、LEDライト、43mmフロントフォーク、ABSなどを装備している。

中古相場価格 ●44.9万円~139.8万円

新車価格 ●129.9万円~173.99万円

YZF-R25

YZF-R25

「第2次250cc SSブーム」に出遅れてしまったヤマハは、'14年7月に待望の250cc SS「YZF-R25」を投入、さらにこのブームが激化していった。

中古相場価格 ●32.72万円~92万円

新車価格 ●41.9万円~61.2万円

YZF-R3

YZF-R3

R25デビューから3か月後に「YZF-R3」が登場。排気量で小型二輪(※要車検)となるため、どちらを購入するか悩んだ人も多かったはず。出力はR25、R3それぞれ35PS、42PS。車重はほぼ同様だ。

中古相場価格 ●36.5万円~58.21万円

新車価格 ●45.9万円~64.3万円

YZF-R1初期型カラーモデル
鈴鹿8耐4連覇となる優勝

第41回鈴鹿8耐でヤマハ初となる4連覇、通算8回目となる優勝を達成。YAMAHA FACTORYRACING TEAMのマシンは、YZF-R1誕生20周年を記念し初代モデルをイメージした特別カラーリングのマシンが激走。20周年と4連覇で記念に華を添えるレースとなった。1 左からマイケル・ファン・デル・マーク選手、アレックス・ローズ選手、中須賀克行選手。中須賀選手は予選転倒により負傷。決勝は2選手で闘う展開に。2 参戦会見で登場した初代カラーリングYZF。

鈴鹿8耐4連覇

1

YZF-R1初期型カラーモデル

2

※中古車相場価格はグーバイク調べ(2018年8月)。

BACK NUMBER

YZFシリーズまるごと。
世界で闘うヤマハYZFシリーズがデビューから20年を迎えた。・・・
隼 ハヤブサ まるごと。
既存のスズキファンだけでなく、世界中のライダーの憧れの・・・
KAWASAKI Z まるごと。
初代誕生から半世紀近くが経過してなお、Zはカワサキの・・・
HONDA NC まるごと。
2012年の初代以降、ファンバイクの新たな価値を・・・
BMW Motorrad GS まるごと。
100年以上の長きに渡るBMWモトラッドの歴史の中でも・・・
HONDA CBRまるごと。
現在は250〜1000ccまで、旧型も含めれば・・・
YAMAHA MTシリーズ まるごと。
MEGA TORQUEからMASTER OF TORQUEへ・・・
SUZUKI GSXまるごと。
フルカウルやネイキッドに限らず・・・
まるごとNinja時代
カワサキを代表するオンロードスポーツ「ニンジャ」・・・
YAMAHA SR400まるごと。
1978年の初代登場から、間もなく40周年。・・・
記事一覧