グーバイク特集 バイクに関する特集ページ。バイク選びのノウハウなど、バイクライフを充実させるための情報が満載です。
TOP > 記事 > グーバイク特集 > スーパースポーツを100倍楽しく乗りこなす
スーパースポーツを100倍楽しく乗りこなす
スーパースポーツを100倍楽しく乗りこなす。

レーシーなスタイリングに低いハンドルとバックステップ、さらに高性能なエンジンと最新の装備をまとったスーパースポーツは、多くのライダーの憧れだ。しかし、あまりにも高すぎる性能やスパルタンなライディングポジションに、購入を躊躇する読者もいることだろう。そこで今回は、そんなスーパースポーツの魅力をあらためて紐解き、楽しく乗れるような提案をしたい。スーパースポーツに少しでも興味があるなら、必見だ。

Photo/Hiromu Inoue   Text/Tomohiko Nakamura・編集部

研ぎ澄まされた性能とスタイリング!!

他の分野では味わえない
高揚感と万能感を堪能

 より速く、より快適に。ものすごく端的な表現をするなら、それは大昔から変わらない、2/4輪の命題だ。そして現代のオートバイで、最も命題を真摯に追求しているのは、リッタークラスのスーパースポーツ:SSとアドベンチャーツアラーなのだが、あまりに速くなりすぎた現代のリッターSSに対しては、敷居の高さを感じる人もいるだろう。
 確かに、リッターSSは、誰もが気軽に楽しめるわけではない。この分野の車両を日常的に乗るには、ある種のコツの体得が必要だし、できることならリッタークラスに手を伸ばす前に、親しみやすい250~400ccのSSを経験しておきたいところ。もっとも250~400ccのSSには、600cc以上のSSとは趣が異なる守備範囲の広さが備わっているので、誰もがビッグバイクへのステップアップを考える必要はないのだが・・・。
 日欧のメーカーが総力を結集して生み出した現代のリッターSSが、他の車両では絶対に味わえない、圧倒的な速さを堪能させてくれるのは事実である。それに加えて、ハイテク電子制御技術の恩恵が肌で感じられることも、この分野ならではの魅力だろう。いずれにしても、オンロードバイクの究極を目指したリッターSSには、多くのライダーを惹きつける魅力が備わっているのだ。

Super Sports

スーパースポーツ:
SSの定義は、快適性や親しみやすさよりも、オンロードでの運動性能を徹底追求していることと、フルカウルを装備していること。とはいえ実際のこの分野の解釈は、時代や地域によって異なっている。現代の日本では排気量の大小に関係なく、レース参戦を視野に入れたフルカウルスポーツ全般がSSと呼ばれているのだが、欧米の場合、SSはミドル以下のフルカウルスポーツに使われる呼称で、日本で言うリッターSSはスーパーバイクと呼ぶのが一般的。また、世の中にはSS=レーサーレプリカと考える人がいるけれど、現代のSSの大半は、市販車が先行して開発を行うレース用ホモロゲーションモデルで、レプリカに該当するモデルはごく一部のみである。

HONDA NSR

‘80~90年代の250cc市場では、NSRを筆頭とする2ストスポーツ勢が大人気を獲得。それらはSSではなく、レーサーレプリカと呼ばれた。

HONDA CBR900RR

‘92年に登場したCBR900RRは、オーバー750ccクラス初のSSにして、以後に登場する日本製リッターSSの基盤を作ったモデル。

BMW Motorrad
S1000RR

新車価格●231万3000円~ 
中古相場価格●99.8万~260万円

BMW S1000RR
テストマシン

‘09年のデビュー当初は、日本車のコピー?と揶揄されたことがあったものの、‘19年型で第5世代に進化したS1000RRは、日本車勢を凌駕する運動性能を獲得。実際に乗っての印象は、とにかく猛烈に速い・・・としか言いようがないのだが、その一方でエンジンと車体の改革を行い、多種多様な電子制御の熟成が進んだ最新のS1000RRは、ツーリングを余裕でこなせるフレキシブルさも備えている。

SPECIFICATIONS
全長×全幅×全高 2070×740×1160(mm)
シート高 824mm
車両重量 200kg
エンジン形式 水冷4ストローク4バルブ直列4気筒
総排気量 999cc
最高出力 152kW【207PS】/13500rpm
最大トルク 113N・m/11000rpm
燃料タンク容量 16.5L
ブレーキ形式 F:油圧式ダブルディスク、
R:油圧式ディスク
タイヤサイズ F:120/70-17、R:190/55-17

※中古車相場価格はグーバイク調べ(2019年10月)。

BACK NUMBER

スーパースポーツを
100倍楽しく乗りこなす

レーシーなスタイリングに低いハンドルとバックステップ・・・
ヤマハSR400が
今なお支持される5つの理由

世の中には同一の車種名を持つロングセラーモデルは多いが・・・
いま、ネオ・クラシックが熱い
いかにもオートバイ然としたクラシックタイプのバイク。・・・
蘇るKATANA伝説
2017年、イタリアでのコンセプトモデル発表にはじまり・・・
Vストローム人気の秘密に迫る
250cc、650cc、1000ccの3クラス6車種をラインナップ・・・
世界が広がるオフロードバイク
100の砂丘を越えると言われる、オーストラリアのシン・・・
CBを今、買う理由
ホンダのロードスポーツを代表するモデル「CB」シリーズが・・・
2019ツーリングマシン最新トレンド
免許を取ったらバイクを買ってツーリングだ!でもちょっと待って。・・・
YAMAHA MT series
空前のブームとなった'14年にともに発売されたヤマハ MT-09/07。・・・
Nakedmodel
カウルのないバイク=ネイキッドモデル。・・・
記事一覧