グーバイク特集 バイクに関する特集ページ。バイク選びのノウハウなど、バイクライフを充実させるための情報が満載です。
TOP > 記事 > グーバイク特集 > いま、ネオ・クラシックが熱い
いま、ネオ・クラシックが熱い
ネオ・クラシック

いかにもオートバイ然としたクラシックタイプのバイク。その美しいシルエットはいつの時代も僕らを魅了する。しかし、本物のクラシックバイクは中古車価格も高騰し、パーツの供給も不安定なことからハードルも高い。そんな僕らが選ぶべきは、クラシックバイクの外観を受け継ぎつつも最新のテクノロジーを搭載した「ネオ・クラシック」モデルなのだ。

Photo/Hiromu Inoue Text/Satoru Ii               ※この写真は合成です。実際にはこの場所にバイクを入れることはできません。

若者にも受け入れられる
ネオクラの魅力

 近年はネオ・クラシックブームと言われている。しかし、そもそもクラシックバイクには何か定義があるわけではなく、もちろんそれに準じたネオ・クラシックにもしっかりとした定義は存在していない。
 バイクはスーパースポーツ、ネイキッド、アドベンチャー、オフロード、スクーターなど様々なジャンルに分別される。その中でも、多くの人が「オートバイ」と言われて想像する形はいわゆるSRやCBのようなスタイルだろう。それがバイク乗りの遺伝子に刷り込まれたオートバイの形、つまりはクラシックスタイルなのだ。
 ネオ・クラシックとは、古き良きオートバイ然としたスタイルでありながら、トラクションコントロールやABSなどの最新技術を搭載し、誰もが気軽かつ安全に乗ることができるバイクを指している。
 クラシックスタイルのバイクはいつの時代も一定層に支持されてきた。ホンダのGB250クラブマンやカワサキのエストレヤ、さらに1978年からロングセラーを続けるヤマハのSR400などがその人気を証明している。そして現在はホンダのCB1100、カワサキのZ900RS、スズキのKATANA、ヤマハのXSR900などが登場し、ネオ・クラシックブームを形成している。CB750FやZ1が活躍していた時代にバイクに乗っていた世代はもちろん、当時を知らない若い世代にも、その魅力は波及してきているのだ。
 本物のクラシックバイクを入手しようとすれば状態の良いものはプレミアがついて価格が高騰しているし、維持するにも知識やお金が必要。さらにABSやトラコンといった便利かつ安全な機能もついていないため、不安を覚えるビギナーもいるだろう。
 そのため、気負わずにファッショナブルに乗ることができ、最新の便利機能や安全性能が搭載されているネオ・クラシックに、メーカー側も大いに注目してきているのだ。

スタンダードながら特徴的なスタイル

KAWASAKI

Z900RS CAFE

新車価格:136万800円(税込)
中古相場価格:118万円~166.8万円

Z900RS CAFE
Z900RS CAFE

クラシックスタイルの一つとして、フロントにカウルを装備したカフェレーサータイプも存在する。1960年代にイギリスの公道レースで生まれたと言われるカスタムスタイルだ。現在ではZ900RS CAFEやW800 CAFEなどがラインナップされている。

Husqvarna

VITPILEN701

新車価格:135万5000円(税込)
中古相場価格:113.4万円~124万円

VITPILEN701
VITPILEN701

現代のハスクバーナが開発したロードモデルVITPILENはその洗練されたシルエットが特徴。タンクからシート、リアフェンダーに至るまでの形状は、スタンダードでありながら唯一無二。

TRIUMPH

SCRAMBLER1200 XE

新車価格:201万9000円(税込)
中古相場価格:181.8万円~205万円

SCRAMBLER1200 XE

こちらは純正オプションのARROWサイレンサー装着モデル

SCRAMBLER1200 XE

クラシックタイプの中でもダート走行を意識したスクランブラーと呼ばれるジャンルは、アップマフラーが大きな特徴。かつてはこの形状のバイクで未舗装路を走るスクランブラーレースが盛んで、現在のモトクロスバイクへと進化した。

※中古車相場価格はグーバイク調べ(2019年8月)。

BACK NUMBER

いま、ネオ・クラシックが熱い
いかにもオートバイ然としたクラシックタイプのバイク。・・・
蘇るKATANA伝説
2017年、イタリアでのコンセプトモデル発表にはじまり・・・
Vストローム人気の秘密に迫る
250cc、650cc、1000ccの3クラス6車種をラインナップ・・・
世界が広がるオフロードバイク
100の砂丘を越えると言われる、オーストラリアのシン・・・
CBを今、買う理由
ホンダのロードスポーツを代表するモデル「CB」シリーズが・・・
2019ツーリングマシン最新トレンド
免許を取ったらバイクを買ってツーリングだ!でもちょっと待って。・・・
YAMAHA MT series
空前のブームとなった'14年にともに発売されたヤマハ MT-09/07。・・・
Nakedmodel
カウルのないバイク=ネイキッドモデル。・・・
KAWASAKI GPZ900R Ninja
平成という時代のバイクを語るうえで、欠かすことのできない・・・
選べる、買える!!最新 アドベンチャーモデル最前線
2017年春頃、それまで「あるにはあったそのジャンル」というものが・・・
記事一覧