GooBike特集 バイクに関する特集ページ。バイク選びのノウハウなど、バイクライフを充実させるための情報が満載です。
TOP > 記事 > GooBike特集 > ニーゴーモデル全方位検証!!
ニーゴーモデル全方位検証!!
コスパも扱いやすさも文句ナシ!ニーゴーモデル全方位検証!!

ニューモデルラッシュに加え新ジャンルの拡充など、いま最も熱いクラスが250ccだ!個性的なモデルが多くてコストパフォーマンスにも優れ、何より扱いやすい!今回はそんな250cc=ニーゴーモデルの魅力を紐解いていきたい。

Photo/Hiromu Inoue,GooBike編集部
Text/Toshiyuki Sagayama

250ccクラスはコスパ最高!!

排気量 250cc 400cc
車検 なし 2年に1度(新車登録時は3年後)
自賠責保険 1万2220円/24ヶ月 1万1520円/24ヶ月
重量税 4900円(新車購入・届出時のみ発生) 1900円/1年(登録後13年以降は値上げ)
軽自動車税 3600円/1年 6000円/1年
新車平均価格 52万760円 75万6000円
平均燃費(WMTCモード値) 29.5km/L 26.2km/L

250ccクラスなら2年に一度の車検費用(約2.5〜7万円超・方法によって差がある)は必要ないし、軽自動車税も1年で2400円安い。自賠責保険や重量税は400ccクラスの方が安いものの、その差を上回る車検がない250ccクラスの方が、維持費は安く済むのだ!

あらゆるライダーを満足させるラインナップ

これからバイク選びをしようとしている人は、何を基準に選んでいるだろうか?ツーリングで使うなら「大排気量で余裕のクルージングを楽しみたい」、通勤や買い物に使うなら「コンパクトな方がいい」などなど、使用目的やシチュエーションによって、さまざまな選び方があるだろう。そんなニーズに応えてくれるのが、今回注目するニーゴーモデルだ。

高速道路に乗れる排気量でありながら、車体は比較的コンパクト。つまりオールマイティーに楽しむことができる。さらに車検がなくて税金だって安いため、コストパフォーマンスにも優れているのだ。

そしてニーゴーモデル最大の魅力が、ラインナップの充実である。

一昔前までニーゴークラスといえば、ネオレトロとビッグスクーターが主流だったのだが、現在はスーパースポーツにネイキッド、さらにアドベンチャーツアラーも加わって、じつにバラエティ豊かなのである。もちろん、ニーゴーならではのトレール(オフロード)やモタードだって今なお充実しているし、ネオレトロも健在だ。

なによりも、スポーツモデルは技術の進歩が目覚ましく、十分過ぎる性能を発揮してくれるのが大きなポイント。「ニーゴーは遅い」なんていう認識は、時代遅れだといえよう。ワインディングを楽しみたい人も、のんびりツーリングしたい人も、林道派も、街乗り派だって満足させられる。そんなバイク選びができるのは、ニーゴークラスだけなのだ!

BACK NUMBER

HONDA NC まるごと。
2012年の初代以降、ファンバイクの新たな価値を・・・
BMW Motorrad GS まるごと。
100年以上の長きに渡るBMWモトラッドの歴史の中でも・・・
HONDA CBRまるごと。
現在は250〜1000ccまで、旧型も含めれば・・・
YAMAHA MTシリーズ まるごと。
MEGA TORQUEからMASTER OF TORQUEへ・・・
SUZUKI GSXまるごと。
フルカウルやネイキッドに限らず・・・
まるごとNinja時代
カワサキを代表するオンロードスポーツ「ニンジャ」・・・
YAMAHA SR400まるごと。
1978年の初代登場から、間もなく40周年。・・・
Honda CBまるごと。
1959年の初代誕生から約60年、その本質は変わることなく確実に進化を続けるホンダ「CBシリーズ」。・・・
オンロードスポーツモデルの楽しい使い方
バイクは全身を使った体重移動やバランスなどが必要な「スポーツする乗り物」・・・
ニーゴーモデル全方位検証!!
ニューモデルラッシュに加え新ジャンルの拡充など、いま最も熱いクラスが250ccだ!・・・
記事一覧