台風19号による水没車両の修理((株)ビップブラザーズの作業実績 2019/10/23)|バイクの整備・メンテナンス・修理店を探すなら【グーバイク(GooBike)】

(株)ビップブラザーズ お客様のご要望にとことん応えます!ツーリング・走行会等・各種イベントにもぜひご参加下さい!

2019/10/23 16:45:12 更新台風19号による水没車両の修理カワサキ Ninja 250SL

作業実施日 2019/10/23

この度は、台風19号により被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。 先日12日に通過した台風19号ですがいわき市も甚大な被害があり幸いにも当店は私も、お店も被害がなく断水が昨日まであったくらいで済みました。ただし多くのお客様のバイクが浸水または水没という被害に遭われ、自宅の片付けなどの目処が立った18日頃に引き上げと修理の依頼が殺到しました。大概がミラーが隠れるほどの完全なる水没で、乗用車だと保険的に全損扱いのものばかりです。しかし車両保険の入ってないバイクの場合何とか修理するほかありません。 私も以前レイドカムロのエンデューロの川渡りで水没しましたが水抜きをして翌日のレースも出た経験があるのでチャレンジしてみようと思います。 しかし当時と現在の一番の違いはキャブじゃなくインジェクションの為電装関係がどのような影響を与えるかが心配です。

何台かある水没車の中で今回はシンプルなNINJA250SLで試したいと思います。 とはいっても、ほかの車両も次の作業は必須として行っておきます。 ①エンジンオイルの量が増えてる、もしくはカフェオーレの色がしてるか確認して、その場合オイルを抜いておく。 ②マフラーをエキパイから外す。(どうしてもサイレンサーより前は入ってないように見えるのですが、レイドカムロのときにこの作業を惜しんだために始動しませんでした。 ③エアクリーナーの水の浸入を確認して排水する。エアクリーナーも乾燥させる。 ④スパークプラグを外してクランキングしてプラグホールから排水する。その際気をつけるのは決して銘スイッチを入れてセルでクランキングしないこと。 通電に要二次被害がおきますので押しがけの要領で排水する。 ⑤バッテリー端子は勿論、出来る限りカプラーは外して接点復活剤をふってそのまま乾かす。

15日に入庫した車両だったので、正直自分ももう乾燥したかと思い始動を試みると、メーターの液晶は真っ白になり自分は真っ青になりました。始動を試みるもかかりません。メーター内のエラーは当然確認できないのでわかりません。メインスイッチを切っても切れません。この症状は以前ネズミに配線をかじられた14Rの症状とそっくりなのでどこかのカプラーがショートしているものと思われます。

なので、外装を出来る限り外してカプラーを外してまた数日乾燥させることとしました。 そして本日再度テストしてみると。無事にエンジンが始動しました。ECUも壊れてないようです。 ただし、メーターの液晶は大分良くなりましたが未だ不安定です。 こちらは未だ日にちがかかるでしょう。 昔のキャブ者ならもう少しかんたんかもしれませんし、逆に外車の場合、下手にメインスイッチを入れてエラーが点いた際には診断機がなければ消せません。 いずれにしろ今回はかりましたよほどお客様と話し合って今後、乗っている際に不具合が出る可能性を示唆して渡さないとどんな問題が起こるかわからないというのも事実です。

対象車両情報
メーカー・ブランド
カワサキ
車種
Ninja 250SL
この人気のタグ

整備・車検などメンテナンスのお問い合わせ

他の記事はこちら

(株)ビップブラザーズ
(株)ビップブラザーズ
レビュー
住所〒970-8021
福島県いわき市平中神谷字苅萓63-5
地図を見る
TEL0246-34-7227
FAX0246-34-2174
営業時間8:30〜19:30
定休日木曜日