広島県 ハーレーダビッドソン バルコムの車検整備を徹底解剖(ハーレーダビッドソン バルコム広島の作業実績 2018/12/24)|バイクの整備・メンテナンス・修理店を探すなら【グーバイク(GooBike)】

ハーレーダビッドソン バルコム広島 ハーレー・ダビッドソンとBMWの正規取扱代理店です。新車・中古車から用品・パーツまで多数取り揃えてお待ちしています。是非一度ご来店下さい。

グーバイク鑑定取扱店

2018/12/24広島県 ハーレーダビッドソン バルコムの車検整備を徹底解剖ハーレーダビッドソン FLSTF ファットボーイ

ハーレーダビッドソンバルコムでは、老舗正規ディーラーならではの信頼と経験をお客様の安心へつなげます。必ず訪れる「車検」は、国が定めた安全上の整備はもちろんのこと、安心してH-Dを楽しんでいただくための作業も含まれます。  車検整備ってどんなことが行われているの?という質問にお答えすべく、整備内容の一部をご紹介させていただきます。

1-1 バッテリー診断 ハーレー純正のバッテリー診断機でチェックを行います。 車種によって異なる容量のバッテリーが装着されていますが、 品番を入力することでベストな状態を判断できます。 正規ディーラー専用の診断機だからこそ実現できる安心です。

1-2 コンピューター診断 正規ディーラーでは、「デジタルテクニシャン」と呼ばれるハーレー専用の診断機 を使用して車両の状態をチェックします。 デジタルテクニシャンでは、トラブルコード(故障歴)を 「現存するもの」「過去の故障」で取り出し、そのトラブルコードをもとに発生原因を 追求することが出来ます。 なお、このデジタルテクニシャンは、1995年以降のモデルから対応しています。

2-1 スパークプラグの点検 プラグの焼け具合で車両のコンディションをチェック、そして汚れ具合も目視で確認します。 たとえば、 黒く焼けている場合・・・燃料が濃い傾向 白い場合・・・燃料が薄い状態 です。現在はインジェクション車がほとんどですので、普通に乗っていただくと心配は不要です。 なお、ハーレーのプラグは、一般的に32,000km(インジェクション車)の走行で交換をするようお勧めします。

2-2 車体左側の整備(クラッチ調整) 車体左側のダービーカバーを開け、クラッチ調整を行います。その後クラッチケーブルの遊びを調整します。 併せて周辺の各オイル交換と、必要箇所へ給油を行います。

3-1 ホイールスポーク増し締め HD社が指定する作業のひとつで、走行800km,8,000km,32,000kmのタイミングで チェック及び増し締めを行います。

3-2 ベアリング及びバランスの点検 前後ホイールを車両から外し、ベアリングを触診します。 その後バランステスターで点検します。 走行距離の少ない車両は一部割愛するケースもありますが、車検時に行う分解作業のひとつです。

3-3 ヘッドライト光軸の調整 必須作業のひとつです。正しい光軸を保つことは、安全な走行環境はもちろん、対向車や歩行者へのマナーでもあります。

4-1 前後ブレーキキャリパーの清掃点検 ダストやホコリの吸着で汚れてしまうブレーキキャリパーも、分解している時こそ丁寧に清掃します。安全にかかわる箇所ゆえ、最新の注意を払います。 また、可動部分へのグリスアップも行い、最後に動きをチェックします。

4-2 ブレーキパッド点検 規定値を下回ると保安基準を満たさなくなるため車検に通りません。 使用頻度で磨耗は変わりますが、当社では「残り2mm」を切ったタイミングで交換をお勧めします。

4-3 ブレーキフルード交換 前後ブレーキオイルの交換も行います。 また、ABS装着車両にはデジタルテクニシャン(専用診断機)に接続し、ABSユニット内に残るエアも排出します。

5-1 各部給油 クラッチケーブル、アクセルワイヤー、その他可動部分への給油を行います。 また、電子スロットルの車両では動きの点検をします。

5-2 各部点検 シフターアームなど、動きが悪くなっている箇所は清掃、錆びの除去とグリスアップを行います。

5-3 各部オイル漏れチェック 先に述べた部分とは別に、オイル漏れもしっかりチェックします。 オイル漏れの具合によっては車検に通らないことがありますので、修理交換をお勧めする際は、別途見積もり提案を行います。 なお、オイル漏れは、ゴム製のガスケットが劣化したときに起こることが一番の原因として挙げられます。

6-1 試運転 振動やノイズなど、最終的な確認を行います。 必要に応じて追加作業を行うことがありますが、ご満足いただくためにトコトン向き合います! 6-2 洗車 普段の洗車では手が届きにくい場所にも、プロの経験と技術で愛車をリフレッシュさせます。 もちろん一台一台、手洗いです。 6-3 仕上げ 吹き上げをして、最終目視確認をします。

今回ご紹介の内容はごく一部ですが、全部で90項目以上の内容を細かく点検しています。 その多くは、目に見えない、わかりにくい箇所であることが多いものです。 細部まで目を配ることができる、Harley-Davidson社認定のメカニックの技術にお任せください。

費用
総額(消費税込)
74,368円
項目数量単価(円) 金額(円)消費税区分
車検整備135,64035,640課税
検査手続代行費用116,20016,200課税
重量税(初年度登録13年未満)13,8003,800課税
検査手数料11,7001,700課税
自賠責保険(24ヶ月)111,52011,520課税
小計(課税)(①)68,860円
消費税(②)5,508円
小計(非課税)(③)0円
値引き (④)0円
総額(消費税込)(①+②+③+④)74,368円
対象車両情報
メーカー・ブランド
ハーレーダビッドソン
車種
FLSTF ファットボーイ
作業時間目安

4時間

この人気のタグ

整備・車検などメンテナンスのお問い合わせ

ハーレーダビッドソン バルコム広島
ハーレーダビッドソン バルコム広島
レビュー

4.9

住所〒731-0113
広島県広島市安佐南区西原4-26-7
地図を見る
TEL082-871-4180
FAX082-871-1099
営業時間10:00〜19:00
定休日火曜日(祝日は除く)