バイク用タイヤの種類から交換時期まで徹底解説!

バイクのタイヤは唯一地面に触れる部分であり、命にかかわる重要なパーツになります。そのため、安全なバイクライフを楽しむためには、タイヤの種類やそれぞれの特徴、適正な空気圧などをしっかりと理解しておくことが必要です。また、タイヤは消耗品になるので、定期的にメンテナンスをし、必要に応じて交換するようにしましょう。

ここでは、バイク用タイヤの種類や特徴、最適な交換時期などについてご紹介します。

公道を走れるバイク用タイヤの種類

公道を走れるバイクのタイヤは「バイアスタイヤ」「ラジアルタイヤ」「トレールタイヤ」の3種類です。オフロードバイクなどで使用される「競技用タイヤ」は公道を走ることができないので、覚えておくとよいでしょう。

バイアスタイヤ

タイヤの骨組みとなるカーカスが斜めに並んでおり、両サイドから複数折り重ねた構造になっているのが特徴です。これにより、タイヤ全体が衝撃を吸収し、高い柔軟性を実感できるでしょう。
また、柔軟性があることでグリップ力やクッション性も高くなり、悪路や低速走行でも安定して走ることが可能です。

<メリット>

  • グリップ力が高い
  • クッション性が高い
  • 走りが安定する

<デメリット>

  • 消耗しやすい
  • 急カーブなどではグリップが足りないケースもある

ラジアルタイヤ

カーカスがタイヤの中心部から放射線状に並んでいるタイヤです。折り重ね構造になっていないので衝撃を吸収するのはサイドウォール部分のみとなりますが、地面との接地面積が少ない分消耗しにくいといったメリットがあります。また、走行によってカーカスがずれることもないので、高速走行でも操縦が安定します。

<メリット>

  • 消耗しにくい
  • 燃費が上がる
  • 高速走行も快適

<デメリット>

  • 値段が高い

トレールタイヤ

オフロードタイヤの中で、唯一公道を走れるのがトレールタイヤです。オンロード・オフロードの両方を走ることができるため「高速道路からそのまま山道を走る」ということもできます。
ほかのオフロードタイヤに比べるとグリップ性は劣りますが、公道を走る場合は特に問題はありません。

<メリット>

  • どこでも走れる

<デメリット>

  • オフロードではグリップ性が劣る

チューブタイヤとチューブレスタイヤの違いは?

チューブタイヤとチューブレスタイヤの違いは?

タイヤには、空気を入れるチューブが入った「チューブタイヤ」と、チューブが入っていない「チューブレスタイヤ」の2種類があります。これについてもメリット・デメリットがあるので、それぞれの特徴を見てみましょう。

チューブタイヤとチューブレスタイヤの構造の違い

チューブレスタイヤは、タイヤの内側に空気を入れるチューブがあるため、自転車のタイヤと同じような構造になります。
一方、チューブレスタイヤは、タイヤの内側にあるゴム素材のビートがリムにくっついています。これがチューブ代わりとなり、空気が漏れることもありません。

チューブレスタイヤのメリット

チューブレスタイヤのメリットは、なんといっても空気が抜けにくいことです。
万が一釘を踏んでしまった場合、チューブタイヤはすぐに空気が抜けてしまい転倒のリスクなどが伴います。チューブレスタイヤは空気がすぐには抜けないので、パンクによる転倒のリスクを予防することができます。

また、タイヤ内における空気とゴムの接地範囲が広いことから、熱がこもりにくく劣化しにくいといったメリットもあります。

チューブレスタイヤのデメリット

デメリットとしては、すぐに空気が抜けない分パンクに気づきにくくなることです。そのため、「気がついたらタイヤの空気が抜けていた…」ということも少なくありません。
また、パンクに気づかずに走り続ければビート部に傷が入り、最悪の場合は交換が必要になります。

バイク用タイヤの適正な空気圧は?

バイク用のタイヤにはさまざまな種類がありますが、どのタイヤにも空気圧というのが存在します。空気圧は高すぎても低すぎてもリスクがあるため、自分のバイクに合った空気圧に保つことが大切です。

車種によって空気圧の適正は変わる

タイヤの適正空気圧はバイクの車種や走行シチュエーションによって異なります。一般的な目安は以下となりますが、正しい空気圧は車体のシールもしくは取扱説明書を見て確認しましょう。

<空気圧の目安>

車種 前輪 後輪
~50 150 kpa 175 kpa
50~125 175 kpa 200 kpa
250~400 225 kpa 250 kpa
大型 250 kpa 290 kpa

空気圧が高い状態

タイヤの空気圧が高い状態で走行を続けると、タイヤが道路で跳ねるようになり、亀裂や破損の危険が高まります。さらに、路面との接地面積が少なくなることでグリップ力が低下したり、ブレーキで止まりにくくなるため、大きな事故に繋がる可能性もあるでしょう。

空気圧が低い状態

タイヤの空気圧が低い場合は、路面抵抗が増えて燃費が悪くなる傾向があります。また、路面グリップ力の低下や転倒のリスクがあるほか、タイヤ内部の発熱が大きくなり破裂する危険性もあります。

定期的に空気圧を測定しよう

どんなに良いタイヤを装着しても、空気圧が適正でなければタイヤのメリットは半減してしまいます。そのため、タイヤの空気圧はこまめにチェックするようにしましょう。

タイヤの空気圧は空気圧チェッカーがあれば簡単に測定することができますが、持っていない場合はガソリンスタンドでも確認ができます。また、その場で空気の抜き入れもできるので、ガソリンを入れる際に空気圧もチェックするようにするのがおすすめです。

バイク用タイヤの交換時期は?

バイクのタイヤは消耗品ですので、ある程度使ったら交換が必要です。

使用年数を目安に交換する

タイヤの交換時期は、耐用年数や走行距離である程度判断することができます。ただし、ほとんど乗っていないから交換しなくて良いというわけではありません。タイヤはゴム製のため、倉庫に保管している状態でも日々劣化が進みます。そのため、一般的には3年を目安に交換するのが良いといわれています。

また、耐用年数は保管環境によって大きく変わり、日光や雨に当たり続けているバイクほど耐用年数は短くなります。

走行距離を目安に交換する

タイヤの交換時期を走行距離で判断する場合は、タイヤの種類や使い方によって目安が異なるので注意しましょう。以下は一般的な目安になります。

使い方 走行距離
一般使用 約2万~2万5,000km
峠・サーキットなど 約5,000~7,000km
ロングツーリング 約1万~1万2,000km
ハイグリップタイヤ 約3,000~5,000km

スリップサインを確認

耐用年数や走行距離のほかに、タイヤの交換時期を示すものとしてスリップサインがあります。スリップサインとは、タイヤの側面にある「▲」マークのことで、このマークの先端がタイヤの溝と同じ高さになったら交換のサインです。

この方法はタイヤを見て簡単に判断ができるので、メンテナンスの際やタイヤの減りが気になった際に確認してみてください。

まとめ

バイクのタイヤにはさまざまな種類がありますが、いずれのタイヤも適正な空気圧を維持することで安全且つ快適に走行することができます。空気圧が高かったり低かったりすると、燃費の悪化や転倒、ブレーキで止まりにくくなるといった危険性が伴うので注意しましょう。
また、タイヤは消耗品のため定期的に交換する必要があります。一般的には「3年」が目安といわれていますが、耐用年数や走行距離、スリップサインを確認し、必要であればもっと早いタイミングで交換するようにしましょう。

本記事は、2020年2月6日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。