使い終わったレインウェアの洗濯方法は?正しいメンテナンスの仕方を解説!

雨の日にレインウェアを着た後、どのようにして保管していますか?ただ干して終わりという方も多いでしょう。しかし、適切に洗濯することで長持ちし、機能性も保つことが出来ます。
そこでこのページでは、レインウェアの洗濯方法についてご紹介します。

レインウェアの正しい洗い方とは?

レインウェアをどのように洗えばいいのか?迷う人も多いと思います。以下の解説を参考に、正しく洗濯しましょう。

基本は手洗い

レインウェアは基本的に中性洗剤を使って手洗いするものです。しかし、洗濯絵表示を見て洗濯機OKの場合は洗濯機に入れても問題ありません。注意点として、ファスナーやベルクロは全て閉じておきましょう。洗濯中にファスナーなどが暴れて生地にダメージを与えるためです。

洗剤は中性洗剤か専用のものを使う

中性洗剤でも汚れは落ちますが、汚れの落ち具合を考えるとできればレインウェア専用の洗剤を使うほうがいいです。レインウェア専用洗剤は様々なメーカーから発売されています。

すすぎはしっかり行う

レインウェアは防水性が高いため、普通の衣類に比べてすすぎに時間がかかります。洗剤が残っていると撥水性に悪影響を及ぼすので、普段より多めにすすぎを行いましょう。

乾燥機を使う場合は洗濯絵表示を確認する

レインウェアによって乾燥機を使えるものとそうでないものがあります。必ず洗濯絵表示を見て乾燥機に対応しているか確認しましょう。乾燥機対応の有無を問わず、最後は直射日光を避けて陰干しするようにしてください。紫外線に当てると劣化するので日干しは厳禁です。

アイロンをかけて撥水性を回復

レインウェアの乾燥が済んだら、仕上げにアイロンをかけましょう。アイロンがけすることで生地の撥水基が立ち上がり、撥水性が回復します。なお、アイロンがけの際はあて布を使ってください。

撥水スプレーを使って撥水性を復活させよう!

撥水スプレーを使って撥水性を復活させよう!

先ほどのアイロンがけでも撥水性は回復しますが、撥水スプレーを使うことでより完璧な撥水性を発揮します。撥水スプレーは吹きかけるだけでもある程度撥水性を発揮しますが、塗布後に熱を加えるとより効果が強くなります。スプレー後にドライヤーなどで熱を加えるといいでしょう。

洗い終わったレインウェアの保管方法

レインウェアを長持ちさせるためには、洗うだけでなく保管方法にも気を配る必要があります。気を付けることは主に以下の2点です。

高温多湿になる場所での保管は避ける

スクーターのメットイン内など、高温多湿になる場所にレインウェアを収納すると劣化の原因になります。特に、濡れたまま密閉空間に入れることはレインウェアにとって最悪です。カビが発生し劣化します。また、乾いた状態であっても熱によって劣化します。

ハンガーにかけてクローゼットに保管する

収納袋がついているレインウェアは多いですが、それは持ち運び用で保管用ではありません。広げた状態でハンガーにかけ、クローゼットの中に吊るすのが正しい保管方法です。その際、クローゼット内に防虫剤と乾燥剤を入れておくことも忘れないようにしましょう。

まとめ

  • レインウェアは使ったら毎回洗うのが理想である
  • レインウェアの洗い方は基本ぬるま湯で手洗い。もしくは洗濯絵表示に従うこと
  • 撥水性を保つためにはアイロンがけと撥水スプレーが効果的
  • 保管時は丸めたり畳んだりせず、広げてハンガーにかけ、クローゼットなどに吊るす

本記事は、2019年6月28日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。