バイクにガラスコーティングは必要?効果とメリットを解説

車では幅広く知られているガラスコーティング。ポリマーコーティングに比べると、長期間効果が持続し、きれいな状態を保てるので人気があります。それでは、バイクの状態を維持するため、ガラスコーティングは必ず行った方が良いのでしょうか。ここでは、ガラスコーティングの効果とメリットについてご紹介しましょう。

ガラスコーティングは絶対に必要というわけではない

ガラスコーティングによって、バイクをきれいに維持することができますが、必ずしも行わなければいけないというわけではありません。メリットが多いガラスコーティングですが、以下のようなデメリットもあります。

  • コーティング料金が高い
  • コーティングに時間がかかる
  • セルフで行う場合は失敗する可能性がある
  • コーティング前の車の傷は、コーティングによって消すことができない

コーティングは長期間持ち、その質も高いですが、施工にかかる費用が平均5万円~7万円程度と高く、その後の維持費もかかります。また、ワックスやポリマーコーティングと違い、施工に1日以上かかります。ワックスやポリマーコーティングにも、ガラスコーティングにはないメリットがあります。

  • 費用が安い
  • 光沢が強くなる
  • 色に深みがでる など

ガラスコーティングは被膜が薄いので、ワックスやポリマーコーティングと比べて自然な色合いになるのが特徴です。好みによりますが、鏡面加工のように光沢が強い外装にコーティングしたい場合は、他の塗装方法が良いでしょう。

ガラスコーティングのメリット

ガラスコーティングのメリット

ガラスコーティングのメリットは以下の通りです。

  • ツヤが維持できる
  • コーティングが長持ちする
  • 洗車を楽にしてくれる

ガラスコーティングは、表面にガラスの被膜をつけるので、コーティングが落ちない限りツヤが維持できます。また、防汚性や耐久性が高いため、簡単にコーティングが落ちることはありません。他のコーティングが、長くても1年程度で落ちてしまうのに対し、ガラスコーティングは約2~3年間持つといわれています。また、洗車時も水洗いで汚れが落ちるので、手間がかかりません。さらに、ガラスコーティングは約2年位を目安に再コーティングを行うことで、費用を抑えてコーティングを維持することも可能です。ディーラーによっては補償がついており、期間内なら再コーティングが無料というサービスもあるので、積極的に活用するのが良いでしょう。自分に合ったコーティング方法を選び、バイクのきれいな状態をキープしましょう。

まとめ

  • ガラスコーティングは料金が高く、施工に時間がかかるなどのデメリットがある
  • 料金が安く光沢が強くでるコーティングもあるのでガラスコーティングにこだわる必要はない
  • ガラスコーティングは被膜がとても長持ちしツヤが維持できるなどのメリットがある

本記事は、2018年8月31日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。