バイクのタンクに付けるカバーの効果は?装着手順もご紹介!

タンクにカバーを付けているバイクを見る機会は多いですが、どういった効果があるのか疑問に思っている方も多いでしょう。また、「自分のバイクにも取り付けてみたい!」と思っている方もいるかもしれません。

そこで今回、「バイクのタンクに付けるカバーの効果や装着手順」をご紹介していきます。

バイクのタンクにカバーを付ける意味は?

タンクに取り付けるカバーは正確には「タンクパッド」と呼ばれ、主にタンクの傷防止を目的としたアイテムです。また、ドレスアップ効果を目的として取り付けられることもあります。

それぞれの効果について、以下で詳しく解説します。

タンクの傷防止

タンクパッドを取り付ける最大の理由が、タンクの傷防止です。チャックやベルトの金具、ジーンズなどと擦れることで、ライダーの股と接触する部分は傷が付くことが多いです。
そこにタンクパッドを貼り付けることで、タンクに傷が入ることを防止できます。

ドレスアップ効果

タンクパッドにはさまざまなデザインやカラーリングのものがあり、ステッカーのようにドレスアップ目的で使うこともできます。
カーボン模様のタンクパッドや、遊び心のあるデザインのタンクパッドなど、ドレスアップ性を持たせた商品が多く展開されています。

「タンクが地味で寂しい」という場合は、タンクパッドでドレスアップしてみてはいかがでしょうか?

ただし、絶対に必要というわけではない

タンクパッドには上記のような効果がありますが、絶対に必要というわけではありません。傷防止にはなりますが、見た目が好みでなければ無理に貼り付けなくてもいいでしょう。

ただし、新車であればタンクを無傷のまま使えるメリットは大きいです。デザイン的に好みのものがあれば、貼り付けておくことをおすすめします。

タンクカバーの装着手順

タンクカバーの装着手順

タンクパッドの装着手順は基本的にステッカーを貼るのと同じです。作業の流れとしては「脱脂→位置決め→貼り付け」の順で作業します。簡単な作業ですが、意外と位置決めが難しいので詳しい手順を解説します。

①タンクを脱脂する

まずはタンクに付いている汚れや油分を除去していきましょう。汚れがひどい場合は、脱脂の前にまず水洗いしてから作業してください。タンクがキレイになったら、中性洗剤かシリコンオフを使って脱脂しましょう。
なお、パーツクリーナーでも脱脂できますが、塗装を傷めることがあるのでおすすめしません。

②タンクパッドの位置決めをする

タンクを脱脂したら、タンクパッドを貼り付ける前に位置を決めましょう。位置決めにはタンクの基準となる線が必要なので、タンクキャップのセンターとタンク取り付け部のセンターを糸で結んで中心線を割り出しましょう。

③タンクパッドを貼り付ける

タンクの中心線を割り出したら、それを基準にタンクパッドを貼り付けていきます。タンク裏の保護シートを少しずつ剥がしながら貼り付けていくのがコツです。一気に剥がすと意図せぬところに張り付いて失敗しやすいので、注意しましょう。

④タンクカバーを剥がすときは?

タンクパッドを剥がすときは、無理やり剥がしてはいけません。特に、貼り付けてから時間が経ったものはピッタリと張り付いているので、無理やり剥がそうとすると塗装ごと剥がれてしまう危険性があります。

塗装を傷めずにタンクパッドを剥がすには、熱を加えることが重要です。ドライヤーやヒートガンなどを使って熱を加えながら少しずつ剥がしていきましょう。

ニーグリップパッドというアイテムもある

タンクパッドと似たようなものとして、ニーグリップパッドというアイテムもあります。こちらはタンクパッドとはまた違った効果をもつアイテムです。

二―グリップパッドとは?

ニーグリップパッドは名前の通り、ニーグリップ(膝でバイクを押さえること)を向上させるためのパッドです。タンクの膝が当たる部分に貼るパットで、表面の凹凸によって滑りを抑えてくれます。

タンクパッドと混同しやすいですが、タンク上面に貼ってあるのがタンクパッド、タンクの横に貼ってあるのがニーグリップパッドです。

ニーグリップパッドの効果は?

デニムなど、滑りやすいパンツを履いているときにブレーキでお尻が滑ってしまった経験はないでしょうか?そうした症状はニーグリップの不足が原因で起こります。
そうした状況でもニーグリップパッドがあれば、ブレーキ時に滑らず上体を支えることが可能です。

また、お尻が滑るまではいかなくても、上体を支えるために自然と膝に力が入ってしまうことがあります。ニーグリップパッドがあれば無駄な力が必要なくなるので、疲労軽減にも役立ちます。
長距離ツーリングなどで膝が疲れると感じているのであれば、ニーグリップパッドを試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?バイクのタンクに付けるカバーは「タンクパッド」と呼ばれるもので、タンクの傷防止やドレスアップの効果があるということでした。
「パンツのチャックなどが接触してタンクに傷が付いてしまう・・・」と悩んでいるのであれば、タンクパッドを貼り付けて傷を防止しましょう。

本記事は、2020年1月30日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。