バイクにオイルキャッチタンクをつけるメリットは?役割や取り付け方法を解説!

オイルキャッチタンクは、ブローバイガスの空気とオイルを分離してくれるツールです。ブローバイガスは有毒成分を多量に含んでいるため、大気開放は違法となっています。そのため、バイクでスポーツ走行をする方やエンジンに気を使っている方にとっては必需品だといえるでしょう。ここでは、オイルキャッチタンクの役割や取り付け方法をわかりやすくご紹介します。

オイルキャッチタンクの役割とは?

オイルキャッチタンクとは、PCVバルブから放出されるブローバイガスを「空気」と「オイル」に分離してくれるツールです。オイルキャッチタンクにはいろいろな種類があり、タンクの中に仕切りがあるものやパイプの長さが違うもの、パイプの長さが同じものなどがあります。以下に代表的なオイルキャッチタンクの種類をご紹介します。

<オイルキャッチタンクの種類>

  • セパレートタイプ
  • パイプの長さが違うタイプ
  • パイプの長さが同じタイプ
  • 仕切りがあってパイプの長さが違うタイプ

ブローバイガスの大気開放は厳禁

ブローバイガスの大気開放は厳禁

「ブローバイガスってそのまま開放したらダメなの?」と思うかもしれませんが、ブローバイガスには有害成分が多量に含まれています。そのため、パイプで還流させエアクリーナーボックスへ戻すことが義務付けられているのです。つまり、そのまま大気開放するのは違法行為ということです。

また、ブローバイガスをそのまま開放した場合は目が痛くなったり、鼻をつくような臭いを感じたりするため、走行の妨げになる可能性もあります。

バイクの排ガス規制について気になる方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。より理解が深まります。

●関連記事:バイクの排気ガス規制とは?これまでの歴史や今後の展開について

オイルキャッチタンクの装着方法

オイルキャッチタンクはバイクショップなどで購入でき、取り付け位置さえ決まれば比較的簡単に取り付けることができます。

<オイルキャッチタンクの取り付け方法>

  1. オイルキャッチタンクの設置位置を決める
  2. PCVバルブとキャッチタンクに配管をする
  3. 戻りのホースキャッチタンクとサージタンクに繋ぐ

まとめ

  • オイルキャッチタンクとは、ブローバイガスの空気とオイルを分離するツール
  • ブローバイガスには有毒成分が多量に含まれているため、エアクリーナーへ戻すことが義務付けられている
  • オイルキャッチタンクは、取り付け場所さえ決まれば比較的簡単に取り付けることができる

本記事は、2019年7月29日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。