グーバイクアフター

大型に乗りたい!バイク女子Q&Aとおすすめの車種5選

  •       

大型バイクを運転するかっこ良さに憧れて、「いつかは大型バイクに乗ってみたい」と思う女性も少なくないでしょう。しかし、大型バイクは車体が大きいうえに重量もあるため、女性でも大型バイクに乗れるのか、不安に思うこともあるはずです。

今回は、バイク女子の方に向け、大型バイクに関するQ&A、女性に乗りやすい大型バイクの選び方、おすすめの車種について解説します。

【大型バイク】バイク女子のよくあるQ&A

大型バイクに対し、女性が抱く疑問について回答します。

Q1:女性でも大型自動二輪免許を取得できる?

結論からいうと、女性でも大型自動二輪免許を取得できます。

大型自動二輪免許は18歳以上であれば誰でも試験は受験可能で、普通自動二輪などの免許経歴も必要ありません。だだし、資力検査や色彩識別検査、適性検査などに合格する必要があります。

普通自動二輪免許を取得してから、大型バイクに憧れて大型自動二輪免許を取得した女性は数多くいます。その一方で、普通自動二輪免許もない状態で、いきなり大型自動二輪に挑戦して免許を取得した女性もいるようです。

年齢層も若年層から中高年の女性まで、年齢を問わず大型自動二輪免許を取得しているため、「女性だから無理」「年をとっているから……」と諦める必要はありません。

Q2:立ちゴケしたときに一人で引き起こしできる?

大型バイクは重量があるため、立ちゴケしたときに女性でも引き起こしできるのか、と不安に思う方も多いでしょう。ただし、引き起こしの「コツ」さえつかめば、いざ立ちゴケしたときでも女性一人で対応できます。

引き起こしの際は腕で引き上げるのではなく、筋肉が大きく力を入れやすい足を活用することがポイントです。太ももを使い、重心を低く保ちながら膝の曲げ伸ばしで車体を上へと押し込みましょう。また、バイクと身体を密着させると、身体全体の力が使えるため楽に引き起こしできます。

なお、バイクの立ちゴケは、乗降時や跨がった状態での停車時、発進時のエンスト時のほかに、足場が悪い場所などで起こります。一人での引き起こしが不安な場合は、フロントブレーキロックを用意しておく、エンジンガードを装備しておくなど工夫し、引き起こしの負担を軽減させましょう。

Q3:足つきが悪いときはどうする?

身長が低い女性の方は、大型バイクに乗った際の足つきが気になる方も多いかもしれません。足つきが悪いと立ちゴケしやすくなるうえに、信号待ちや渋滞時の運転がつらくなることもあります。

ただし、足つきが悪いバイクであっても、工夫次第で改善が可能です。足つきを改善する方法は、以下のものが挙げられます。

  • シートのあんこ抜き、ローシートと交換する
  • リアサスペンションのプリロードを調整する
  • ローダウンキットに交換する
  • 厚底のライディングブーツを履く

あんこ抜きとは、シートの中身であるウレタンを削り、シートの厚みを減らす方法です。シートを削って加工する作業は素人には難しいため、専門業者に依頼しましょう。また、バイクの車種によっては、厚みが薄いローシートに交換することも可能です。

リアサスペンションのプリロードを調整すると、乗車時に沈み込みやすく、足つきが良くなります。また、リアサスペンションのリンク部分をローダウンキットに交換すると、シートの高さを下げることが可能です。

なお、厚底のライディングブーツは「履くだけ」と手軽なため、コストをかけずに足つきを改善したい方におすすめします。

女性でも乗りやすい大型バイクを選ぶポイント

女性でも乗りやすい大型バイクを選ぶポイント

女性が乗りやすい大型バイクの条件は、足つきが良い、車両重量が軽いことが挙げられます。2つの条件を満たすバイクを見つけるには、以下のポイントを考慮しましょう。

足つきが良いバイク

大型バイクにおける、足つきの良いシートの高さは、身長160cmで「800mm」とされています。160cmほどの女性は、800mm以下の車種であれば問題なく足がつくでしょう。シート高が800mm以下の車種は、ハーレーなどのアメリカンタイプが代表的です。

ただし、シート高が低い=足つきが良いとは限りません。シートや車体の幅、ステップの位置、サスペンションの沈み込みも足つきに影響するためです。

シートと車体の幅が狭く、かつステップの位置が足に干渉しなれば、垂直に足を下ろせることで足つきが良くなります。バイクのサスペンションは、スタンドを上げたときに車体の重量で少し沈み、シートに跨がると自身の体重でさらに沈みます。

スペック表でシート高が800mm以上あったとしても、実際に跨がると足つきが良いと感じるケースも少なくありません。そのため、バイクを選ぶときは、実際にバイクに跨がってみて、足つきの感触を確かめることが大切です。

車両重量が軽いバイク

高いシートの大型バイクに乗る場合、できるだけ車両重量が軽いバイクを選びましょう。

つま先だけがつく状態でバイクの重量がある場合、バランスを崩したり、立ちゴケしたりする可能性があるためです。仮に立ちゴケした場合でも、車両重量が軽ければ引き起こしの負担も軽減されます。

バイク女子におすすめ!大型バイク5選

女性にも乗りやすいことで人気がある、おすすめの大型バイクを国産メーカー、外国メーカー別に紹介します。

国産メーカーの大型バイク

国産メーカーを代表する3社で、女性におすすめしたい大型バイクの車種を紹介します。

  • ホンダ:CB650R

ホンダの代表的なスポーツバイクであるCBRシリーズを冠した「CBR650R」は、4気筒エンジンを搭載したおすすめのバイクです。

排気量は649ccと小さめながら、4気筒エンジンによる心地よい走りとマイルドな加速が特徴。街乗りから長距離のツーリングと、オールマイティーに活躍できます。また、シート高は810cmと標準的なうえに、車両重量が203kgと軽いため女性でも扱いやすいでしょう。

  • カワサキ:MEGURO K3

カワサキのMEGURO K3は、創業当時のクラシックなデザインを受け継ぐ人気のモデルです。

シート高は790mmと低いうえに、車両重量は227kgと比較的軽いため、女性でも問題なく乗りこなせます。排気量は773ccでスピードが出るタイプではありませんが、ゆったりと街乗りしたい女性におすすめです。

  • ヤマハ:BOLT

ヤマハのBOLTは、男女問わず人気が高い、アメリカンタイプの大型バイクです。(排気量:941cc)

アメリカンタイプのためシート高は690mmと低く、小柄な女性でも足がしっかり地面につきます。車両重量は252kgとやや重いものの、低重心でバランスがとりやすく、安定感があるのがBOLTの魅力です。

外国メーカーの大型バイク

数ある外国メーカーから、2者のバイクで女性人気が高い車種を紹介します。

  • ハーレーダビットソン:ナイトスター

アメリカを代表するバイクメーカーのハーレーダビットソンは、アメリカンタイプの大型バイクを主力としています。

女性におすすめのナイトスターは、ハーレーらしさを残しつつ、乗りやすさを重視したクラシックスタイルのアメリカンバイクです。シート高が705mm、車両重量は221kgというスペックで、女性でも扱いやすくなっています。排気量は975ccで、最新機能を詰めこんだエンジンで力強い加速が可能です。

  • ドゥカティ:モンスター

ドゥカティは、スポーツバイクを主力とする、イタリアの老舗バイクメーカーです。モンスターは車体がコンパクトでありながら、高性能なエンジンで街中でもスムーズに走行できます。(排気量:937cc)

シート高は820mmとやや高めですが、オプションのサスペンション・ローダウンキットで775mmまで下げることが可能です。また、フロントフレームはアルミニウム製を採用し、乾燥重量は166kgという軽さも女性にとって魅力的でしょう。

まとめ

女性だから大型バイクは無理と諦める必要はなく、大型自動二輪免許の取得も、実際に大型バイクに乗ることも可能です。小柄な女性で足つきが悪い場合でも、シートの加工やローダウンキットなどで調整できます。

シート高が低いアメリカンバイクは、女性でもしっかり足がつくので安心して乗れるでしょう。ただし、大型バイクの車両重量は200kg前後と重いため、引き起こしのコツはあらかじめ覚えておくことが大事です。

本記事は2023年8月4日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。