バイクの急ブレーキ・急制動のコツについて

急制動でバイクが転倒し、大きなダメージを受けることがあります。しかし、バイクの挙動を理解すれば安全に止めることも可能です。今回はタイヤがロックしない急ブレーキや急制動のコツ、テクニックを紹介します。

二輪教習の急制動とは

普通自動二輪大型自動二輪の急制動は、決められた制動開始地点でブレーキを開始して、小型自動二輪の場合は8m、普通・大型自動二輪は11m先の停止位置までに停止させなければいけません。路面が濡れているような場合は、小型自動二輪で11m、普通・大型自動二輪で14mになります。また、制動開始地点では小型自動二輪で30辧h以上、普通・大型自動二輪で40辧h以上の速度を出しておく必要があります。倒れる、または停止位置を超える場合は検定中止となります。ここでは、この二輪教習の急制動教習を例に挙げながら、急制動・急ブレーキのコツを紹介します。

二輪教習の急制動とは

アクセルオフは制動開始地点より前

開始地点で、速度が40辧h出ている必要があります。この時、制動開始地点で目一杯加速して、地点を通過した直後にすぐブレーキングしてしまうと、ブレーキング直前までスピードメーターに注意をしないといけなくなります。つまり、制動開始地点に合わせて加速して40辧hにしようとすると、その地点前に加速を合わせることや、ブレーキングのタイミング、速度が落ちていないか等を気にしなければなりません。そして、この時点で40辧hに足りないと加速する距離が既にありません。

これを回避するには制動開始地点の前の段階で、既に42〜45辧hを確保し、制動開始地点より前にアクセルを戻します。こうすれば惰性で入ることが出来て、速度がちょうど40辧hになっています。そして制動開始地点ではエンジンブレーキが効いているので、ブレーキ操作だけに集中することが可能です。制動開始地点前にアクセルオフするならバイク2〜3台分前の距離が目安です。

ブレーキング

制動開始地点には目印(パイロン)が立っています。バイクのフロントタイヤがこの目印に差し掛かった時にブレーキングする方が多いかもしれませんが、これだと実際に体が反応してブレーキングするのは目印より後になってしまいます。少し早いぐらいの地点でブレーキングすれば、停止限界位置で停止しますから、早めにブレーキを掛けることが大切です。

車体が前後水平ならバイクは安定するので、リアブレーキを掛けてフロントブレーキを次に掛けてもフロントのバネも沈んで前後均等になります。前のめりにならずに安定して止めることが出来ます。フロントブレーキだけだと転倒する可能性が高いので注意しましょう。逆に、リアブレーキだけだと滑って止まらない恐れがあります。

急制動の時の体制

急制動の時はどうしてもライダーの体がバイクより前にいきます。ライダーは耐えるために腕を突っぱねて慣性に耐えることになります。そうなるとバイクが前のめりとなり最悪、前に投げ出されることもあります。急制動の時は腕をリラックスしておくほうが良いのですが、難しい場合もあります。

体を支える方法は、下半身をバイクに固定して下方に逃がす方法がおすすめです。ブレーキングの時に前のめりにならず、上半身を起こして下半身に上半身の慣性の力を逃がすことが出来ます。ちなみに、ブレーキはABS(アンチロック・ブレーキ・システム)があるからタイヤがロックするのを防ぐだろうと、安易に考えがちですが、実際はタイヤの回転力を落とすために補助的に付いている機能ですので、便利ですが過信は禁物です。

まとめ

急制動時の体勢やブレーキングのコツを理解して、確実に減速や停止が出来るようにしましょう。教習課題にも含まれているので、免許取得中の方は参考にしていただけますと幸いです。

本記事は、2016年8月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。