エンジンから異音がするライブディオZXの修理 クランクサイドベアリング交換(日野オートバイの作業実績 2019/09/04)|バイクの整備・メンテナンス・修理店を探すなら【グーバイク(GooBike)】

日野オートバイ 年間200台以上の販売実績が証明する品質と価格!

2019/09/04 00:03:15 更新エンジンから異音がするライブディオZXの修理 クランクサイドベアリング交換ホンダ ライブDio ZX

作業実施日 2014/01/14

こちらは修理でご入庫のライブディオZXです。走行中にエンストし、その後エンジンは始動したものの大きな異音がするようになったとの事でお預かりしました。

音を聞いてすぐに見当はつきました。 まずはお見積りからですが、修理前提でお預かりしていますし部品の在庫もあるのでどんどん分解していきます。 エンジンを降ろして・・・

シリンダー、ピストンなどを取り外します。

クランクシャフトを取り出すためケースを分割します。

原因はクランクシャフトを受けているベアリングの破損でした。

破損したベアリングです。 ボールを保持する部品が破断しています。

欠片はクランクケースの中にありました。 燃焼室に入ってしまう事もあるのですが、そうなるとシリンダーやピストン、シリンダーヘッドが傷だらけになるので交換しなくてはなりません。

新しいパーツを組む前にケースを清掃します。

本来はクランクシャフトも交換した方が良いのですが、ご予算の都合により今回は再使用します。 古いモデルですから新品の部品はメーカーにも在庫が無いと思います。 シャフトの偏芯(振れ)が少し気になったので、軽く芯出ししておきました。

新しいベアリングを組み込みます。

合わせ目に液体ガスケットを塗布してクランクケースを組み付けます。

トルクレンチを使ってボルトを締めます。 締め終えたらクランクシャフトが軽く回るように調整し、オイルシールを組み付けます。

オイルシールはシャフトに対して真っ直ぐ組まないと不具合を来たします。 指先でしっかり確認します。

エンジンが組み上がりました。 ガスケット類はもちろん新品に交換しますが、シリンダー、ピストンは再使用します。

車体に搭載したら外装を組み付ける前に始動テストします。 音も静かになりいい感じです。 最後にテスト走行をして作業完了です。

費用
総額(消費税込)
43,000円
項目数量単価(円)金額(円)消費税区分
クランクサイドベアリング他交換135,00035,000非課税
調整・点検各部18,0008,000非課税
課税-小計(①)0円
消費税(②)0円
税込み-小計(③)0円
消費税0円
非課税-小計(④)43,000円
値引き(⑤)0円
総額(消費税込)(①+②+③+④+⑤)43,000円
対象車両情報
メーカー・ブランド
ホンダ
車種
ライブDio ZX
作業時間目安

5時間

この人気のタグ

整備・車検などメンテナンスのお問い合わせ

日野オートバイ
日野オートバイ
レビュー

5.0

住所〒630-0135
奈良県生駒市南田原町121-1
地図を見る
TEL0743-78-2999
FAX0743-78-2966
営業時間11:00〜19:00
定休日毎週水曜日・木曜日