ステアリングダンパーを交換するメリットは?交換費用や交換方法を解説

皆さんはステアリングダンパーと聞いて、どのような部品で、どのようなメリットがあるのかをしっかり理解していますか?街中でも、レーサー系のスポーツバイクにステアリングダンパーを装着しているのは見たことあるけど、詳しいことは知らないという方も多くいるでしょう。

そこで、この記事ではステアリングダンパーの役割や、交換するメリット、交換費用、交換方法を解説していきます。

ステアリングダンパーの役割やメリット

ステアリングダンパーはバイクの振動を軽減させるための部品で、レーサーやスポーツ系のバイクを乗っている場合、バイクの安定性を向上させるために装着することが多いパーツです。特に、サーキットなどを走るバイクでは非常に重要となるパーツといえるでしょう。

以下にステアリングダンパーの役割とメリットを解説します。

ステアリングダンパーの役割

ステアリングダンパーは、バイクのステアリング(ハンドル)の振動を軽減させる効果のある部品です。

バイクは、基本的に直立状態を保つように設計されていますが、走行中に路面から振動が伝わり、路面から伝わる振動がステアリングに伝わるまでに、振動が共振して大きくなる場合があります。ステアリングダンパーは、この振動を軽減させて、ステアリングが勝手に動かないようにしています。

バイクの部品でフロントフォークがありますが、これもステアリングダンパーと同じ役割を果たしています。

ステアリングダンパーのメリット

ステアリングダンパーは、大型バイクやレースレプリカのような速度が速いバイクに多く取り付けられているパーツです。

ステアリングダンパーを取り付けるメリットは、走行中に振動を抑えて、走行時の操作性を安定させることです。また、コーナリングの際に生じるハンドルのブレを軽減して、安定した走りをすることができます。

サーキットでの高速走行などで大きくバイクを傾けてコーナリングをするような場合には、非常に高いメリットがありますが、逆に、一般公道で走るようなバイクであれば、ステアリングダンパーのメリットは少ないといえます。

ステアリングダンパーの交換費用

ステアリングダンパーが純正で装着されているバイクは、基本的にレーサーレプリカのようにサーキットを速く走ることができるようなバイクです。

純正以外の場合、オプションで社外のステアリングダンパーを装着することが多くなります。

まず、純正に装着してあるバイクですが、交換工賃は6,000円から1万2,000円程度で交換が可能です。しかし、車種の構造によってはカウルを外さないと交換できないバイクなどもあり、交換工賃が高くなる場合もあります。

社外パーツの場合は、パーツ自体の値段が装着車種によって異なります。社外のステアリングダンパーに交換する場合には、バイクパーツショップで交換費用を確認するようにしましょう。

なお、基本的にバイクショップで交換が可能なのは、純正部品の場合が多いです。社外のステアリングダンパーへの交換は断られる場合もあるので注意してください。

ステアリングダンパーの交換方法

ステアリングダンパーの交換方法

ステアリングダンパーの交換方法は以下の手順となります。

  1. カウルの取り外し

    外装カウルにはツメがあり、無理やり外すと割れてしまう場合があるので、注意が必要な部品です。

  2. タンクの取り外し

    タンクを外すときには、コックをOFFにするか、タンク内のガソリンすべて抜き、火気に気をつけて作業してください。

  3. ステアリングダンパー仮組み

    ステアリングダンパーは、箱から出すと部分ごとに分かれているため、仮組みが必要です。

  4. ステリアングを左右に振って、遊びや負荷がかかっていないかをチェック

    装着する前には、ステアリングを動かして、軸がズレていないか、異常がないかチェックしてから装着してください。

  5. 問題がなければ本締め

    問題なければ、しっかりナットを締めて固定します。 ここまでできれば、あとは外したパーツをもとに戻す作業です。タンクとカウルの取り付けをして完了です。

基本的にステアリングダンパーは、フレームとトップブリッジに取り付けます。エンジンに取り付けてしまうと、エンジンに無駄な負荷がかかってしまい、エンジンにひびが入ることもあるので注意が必要です。

また、車種によっては取り付けが難しかったり、専用のステーが必要になることがあるので、難しいと判断した場合は、無理をせずにバイクショップに依頼するようにしましょう。

ステアリングダンパー交換の作業実績一覧はこちら

まとめ

今回は、ステアリングダンパーの役割やメリット、交換費用、取り付け方法についてご紹介しました。

ステアリングダンパーは、路面の振動をステアリング(ハンドル)で軽減させる働きを持っています。振動を軽減することで、安定したコーナリングができるようになるのがメリットです。

しかし、レーサーレプリカのように高速で前傾姿勢で走るバイクや、サーキットで走るバイクには非常に効果的ですが、街中を走るのがメインとなるバイクにはあまり大きなメリットを享受できない可能性があります。そのため、ステアリングダンパーを装着する場合には、バイクショップなどに相談してから検討したほうがよいでしょう。

また、ステアリングダンパーの装着に関しても、バイクの構造や取り付け位置によってはトラブルを招く可能性があるので、その点を踏まえて検討してみてください。

本記事は、2020年6月29日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。