バイクのカムチェーンテンショナーを張りすぎた!?生じる症状と原因を解説

バイクのカムチェーンテンショナーの交換は自分でおこなうこともできます。その際、カムチェーンテンショナーを張りすぎてしまい、不具合が生じてしまうこともあるので注意が必要です。この記事では、バイクのカムチェーンテンショナーの特徴や、張りすぎの原因、症状などを解説します。

バイクのカムチェーンテンショナーとは

バイクのカムチェーンテンショナーとは、カムチェーンの緩みやたるみを防ぐ目的で付いていて、ゴムやバネでできています。カムチェーンとは、シリンダーヘッドの上あたりにある非常に大事な部品です。パルプタイミングとクランク回転を合わせるカムチェーンは、エンジンの心臓部ともいえる役割を担います。

カムチェーンは数年の使用によって伸びてしまい、万が一切れてしまうとエンジンが動かなくなる場合もあります。そのため、寿命のあるカムチェーンの張りを保つために、カムチェーンテンショナーという部品が非常に重要な役割を担っています。

バイクのカムチェーンテンショナーは自分で調整可能

カムチェーンの張りは、運転中にアクセルのオン・オフをしてもばたつかず、軽く動く程度の遊びがあるのが理想です。しかしながらカムチェーンには、先述のとおり経年劣化による伸びによって、理想的な状態を保てなくなる難点があります。

一方、多くのカムチェーンテンショナーはエンジン外部にあることから、交換や調整もしやすい部品です。ただし、バイクの知識や整備経験の少ない人が調整をした場合、テンショナーの張りすぎや緩みすぎによって、逆に車両に不調が生じる可能性もあるため、注意が必要です。

カムチェーンやカムチェーンテンショナーの交換・調整作業に興味のある方は、以下のページも確認してみてください。

グーバイク カムチェーン関連の作業実績一覧

バイクのカムチェーンテンショナーを張りすぎてしまう原因とは?

バイクのカムチェーンテンショナーを張りすぎてしまう原因とは?

一般のバイクドライバーがカムチェーンテンショナーを張りすぎてしまう理由は、このパーツの特徴に目を向けるとイメージしやすいかと思います。

まず、カムチェーンが伸びてくると、チェーンガイドに部品があたって異音が生じやすくなります。さらにカムチェーンが伸びた場合は、カムギアとリンクピッチが合わなくなることもあるのです。

ここで注意したいのが、走行中に消えない音ばかりに着目すると、必要以上に調整することによってカムチェーンテンショナーを張りすぎてしまうことです。ちなみに、一般的なバイクの整備マニュアルには、手動によるカムチェーンもしくはテンショナーの張り調整の記載がないことが多くあります。

一方、ネット上には、「強めに引っ張ったほうが音も静かになる」といった口コミもありますが、こうした情報は音だけに着目したものとなりますので、基本的には推奨できるものではないと捉えるようにしてください。

カムチェーンテンショナーの張りすぎで生じる症状と予防策

カムチェーンテンショナーの張りすぎで起こる全症状に共通するのは、エンジンに想定外の負荷がかかっているということです。

例えば、張りすぎによるフリクションの増大でエンジンの回転数が上がると、カムチェーンが切れることでエンジンが壊れてしまう可能性も出てきます。また、場合によっては高い負荷によってメタルが焼き付くこともあるのです。

このようにテンショナーの張りすぎが重大な問題に発展しやすい理由は、カムチェーンがエンジンの心臓部だからであると考えられます。

カムチェーンとテンショナーのどちらが悪いか見極められる?

先述のとおり、エンジンにとって非常に重要なカムチェーンが切れた場合、バイクは当然動かなくなります。これに対して、カムチェーンの伸びもしくはテンショナーに故障が生じた場合は、空ぶかしやエンジンの回転数が下がったときに異音がするのが一般的です。

カムチェーンテンショナーの張りすぎを防ぐには?

カムチェーンテンショナーの張りすぎを予防するために効果的なのは、カムチェーンなどの各種パーツの定期チェックや交換をきちんとおこなうことです。症状の切り分けが上手くできない初心者の場合は、専門店で調整や交換をしてもらうのが理想です。

一方、それなりに整備経験のあるドライバーの場合は、音を消すことばかりにこだわらず、エンジンに負担のかからない調整をおこなうようにしてください。

まとめ

カムチェーンテンショナーは、バイクの心臓部であるカムチェーンの張りを理想的な状態に保つ機構です。

カムチェーンの経年劣化によって生じた音ばかりに注目してしまうと、テンショナーの張りすぎによってエンジンに想定外の負荷がかかり、メタルの焼き付きやエンジンブローなどのトラブルに発展する可能性も出てきます。

これらの問題を防ぐためには、専門店で定期的なチェックや部品交換をおこない、カムチェーン周辺を良い状態に保つことも必要です。また、比較的簡単に整備ができるテンショナーの調整を自分でおこなうときには、試し乗りなどをしながら全体のバランスを整える作業を心掛けてみてください。

本記事は、2020年4月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。