グーバイクアフター

バイクのディスクブレーキの特徴とは?メリット・デメリットも解説

  •       

この記事では、バイクのディスクブレーキにおける仕組みやメリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。ディスクブレーキによってツーリングにどんな影響が出るのか気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

バイクのディスクブレーキの仕組みとは?

バイクにおける油圧式のディスクブレーキは、以下の流れで車体を減速させています。

  1. ブレーキレバーを握る
  2. マスターシリンダ内のブレーキ液がキャリパーを押す
  3. キャリパーがディスクを挟む
  4. 摩擦でブレーキがかかる

ディスクブレーキのバイクには、車体を分解しなくても見えるところにキャリパーがあります。

ディスクブレーキは一般的に、中型・大型バイクに搭載されています。一方、キャリパーのない小型バイクの多くは、ドラムブレーキを使っている可能性が高いです。

自動二輪以外でも使われ始めたディスクブレーキ

ちなみに2015年より、プロのロードレース向けにディスクブレーキが搭載されたロードバイクも登場しています。こちらは試験的な運用となりますが、自動二輪のオートバイだけでなく自転車業界でも導入されている実情を考えると、今後もディスクブレーキへの注目はさらに高まるといえるかもしれません。

ディスクブレーキのバイクに乗るメリットとは?

ディスクブレーキのバイクに乗るメリットとは?

ディスクブレーキが搭載されたバイクには、以下のような利点があります。

コントロールのしやすさ

油圧を使うディスクブレーキには、ブレーキを握るパワーに比例して制動力が高まる特徴があります。ですから、レバーを握る手に直接ブレーキの感覚が伝わるディスクブレーキは、初心者などでもコントロールしやすいところが大きな魅力です。特に長い下り坂などが続く場合は、ディスクブレーキの優位点が運転を楽にしてくれることでしょう。

安定的なブレーキ性能

ディスクブレーキならではのコントロール性能は、運転が上手な人でもハンドルを取られやすい濡れた路面や砂利道などの走行などにも役立ちます。ですから、ディスクブレーキはレース系やオフロード系の自動二輪車に多く搭載されているのです。

スポーティーな印象

ディスクブレーキのバイクは、非常にスポーティーな見た目です。大半の車種でこの機構を搭載するレース用バイクを想像していただくと、その魅力がよくわかるかと思います。

ですから、走行性能よりもイメージ重視でバイク選びをする方々の間でも、ディスクブレーキは非常に注目度が高いです。

優れた整備性

ディスクブレーキのバイクには、先述のとおりキャリパーなどが露出している特徴があります。ですから、ホイールを外すことなくブレーキパッドなどの交換ができるところも、自分で整備をする人には大きなメリットです。

カスタムパーツも豊富ですので、バイクに乗るだけでなく自分でメンテンスや部品交換を楽しむことも可能となるでしょう。

ディスクブレーキのバイクにもデメリットはある?

ディスクブレーキ搭載のバイクに乗ると、以下のような点に不満を感じる場合もあります。

転倒時に致命的なダメージを受けやすい

システムの大半が露出しているディスクブレーキのバイクは、転倒時に致命的なダメージを受ける可能性が高いです。具体的には、ディスクローターやキャリパーの歪み、ブレーキパッドに偏摩耗が生じると、これらのパーツを全て交換する必要も出てきます。

ですから、転倒に限らずバイクを横に倒してしまうことが多い人は、ディスクブレーキの部品の露出が大きなデメリットになる場合もあるかもしれません。

メンテナンスコストが高い

バイクを長く乗るうえで欠かせないコスト面では、構造がシンプルなドラムブレーキなどのほうが安い傾向があります。また、先述のとおり転倒などでパーツ交換になりやすいディスクブレーキの場合、ガソリンやエンジンオイル、車検代といった維持費のほかに、想定外の修理代が生じる可能性もあるでしょう。

先述のとおり、ディスクブレーキはコントロール性能や安定性に優れた種類のブレーキです。しかし、カスタムやメンテナンスをしながら長く乗ることを考えると、ドラムブレーキよりもお金がかかりやすいといえます。

まとめ

バイクのディスクブレーキには、ブレーキレバーを握ったときにマスターシリンダから押し出されるブレーキ液によって、キャリパーとタイヤの間に摩擦を引き起こす仕組みがあります。ディスクブレーキを使っているかどうかの確認は、キャリパーの有無でチェックすることが可能です。

初心者でもコントロールしやすいディスクブレーキは、砂利道などを走るオフロードバイクやレース系の車種にも多く搭載されています。カスタムパーツが豊富なこのタイプのブレーキは、整備性が高いところも大きな魅力です。

一方デメリットは、キャリパーなどの露出によって転倒時のダメージが大きくなりやすいこととなります。また、どちらかといえばドラムブレーキなどと比べてメンテナンスコストも高い傾向にあります。

メリット・デメリットを考慮して、自分のバイクに採用するかどうかを決めましょう。

本記事は、2020年2月28日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。