バイクのエンジンオイルが増えた!?その原因と対処法をご紹介

バイクのエンジンオイルを交換した際、オイルの量が規定よりも増えていたことはありませんか?本来エンジンオイルは増えるものではないため、交換の際には入れた時(規定の量)と同じ量が出てくるはずです。しかし、明らかにオイルの量が増えているとすれば、エンジンオイルに異物が混ざっている可能性が高いため、早急に対処するようにしましょう。
ここでは、エンジンオイルが増える原因や危険性、対処方法についてご紹介します。

エンジンオイルが増える原因はガソリンや水が混ざるから

エンジンオイルの量が増えてしまうのは、オイルにガソリンや水などの異物が混ざるのが原因です。特にキャブレターを使っているバイクの場合、オーバーフローでガソリンが燃料室に流れ込むこともあり、それがエンジンオイルに混ざって「量が増える」という現象が起こります。
また、キャブレターのOリングが摩擦や劣化で痩せてしまうと、そこからガソリンが漏れてエンジンオイルに混ざることもありますし、結露や冷却水が入り込んでいるケースも多々あります。

オイルにガソリンや水が混ざるとどうなるか?

オイルにガソリンや水が混ざるとどうなるか?

エンジンオイルにガソリンや水が混ざると、オイルの量が増えた分粘度が落ちてしまうのが一般的です。すると、エンジンオイルは本来の役割である「潤滑」「密封」の役割を果たさなくなりますので、エンジンが焼き付いたり、最悪の場合は火災が発生したりする可能性があります。
また、結露や冷却水が混ざった場合はオイルが白っぽく乳化するため、オイルの色を見れば判断が可能です。
もしオイルの色が乳化していた場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。

エンジンオイルの乳化原因と対策

オイルが増えた場合の対処法

もしもエンジンオイルの量が増えていたら、まずは何がどこから混ざったのかを確認することが大切です。
混ざっているものについては、オイルの色を見ればガソリンか水かが判断できます。
ただ、どこから混ざったかについてはやや判断が難しいため、自分で原因箇所を見つけられない場合はカー用品店などで確認してもらうのもおすすめです。また、エンジンオイルの異物混入にはオイルフィルターの交換も効果的なので、併せて確認するようにしましょう。

まとめ

  • エンジンオイルの量が増えるのは、ガソリンや水が混ざるのが原因
  • エンジンオイルにガソリンや水が混ざると、オイルの粘度が落ちてエンジンの焼き付きや火災の原因となる
  • オイルの量が増えていた場合は、原因となる箇所を修理するとともにオイルフィルターを交換するのがおすすめ

本記事は、2019年8月30日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。