バイクのエンジンオイルにキラキラとした鉄粉が!鉄粉の原因と対策を解説

エンジンオイルを確認した際、キラキラした金属粉が混ざっていたことはありませんか?この金属粉は走行するたびに発生し、放っておくとバイクの寿命が縮まる可能性があります。そのため、定期的なオイル交換はもちろん、マグネット付きのドレンボルトなどでしっかりと除去することが大切です。
ここでは、エンジンオイルに金属粉が発生する原因や対策についてご紹介します。

鉄粉はエンジンが摩耗してできる

バイクのエンジンオイルに金属粉が混ざるのは、エンジン内の爆発運動や回転運動などによって摩擦が起こるからです。
そもそもエンジンオイルにはエンジン内部の摩擦部分を潤滑する役割があり、同時に摩擦によって発生した鉄粉や燃えカス等の不純物を包み込む役割もあります。これにより、エンジン内部の損傷や汚れを防ぐことができるのです。
エンジンオイルの役割や重要性について気になる方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

バイクのオイル交換が必要な理由。エンジンオイルの役割について

鉄粉入りのまま走るとどうなる?

鉄粉入りのまま走るとどうなる?

エンジンオイルに鉄粉が混じったまま走行しつづけると、エンジン内部を傷つけ潤滑不良を起こす可能性があります。少量であればオイルフィルターがろ過してくれるので問題ありませんが、鉄粉の量が増えてしまうと上手くろ過されず、鉄粉がエンジン内部を巡ってしまうことになるのです。
そうなると、エンジン内部の損傷やピストンの焼き付きが起こり、結果としてバイクの寿命が縮まります。

ドレンボルトにマグネットをつけて鉄粉をキャッチ!

オイル内に鉄粉を溜めないためには、定期的なオイル交換が効果的です。また、マグネット付きのドレンボルトを使用すれば、効率的にエンジン内部の金属除去ができます。
オイルフィルターの場合はどのくらいの鉄粉がろ過されたのか見ることができませんが、マグネット付きのドレンボルトであれば実際の鉄粉の量を目で見て確認ができます。また、使い方も純正のボルトをマグネット付きのドレンボルトに交換するだけなので、バイクの整備が苦手な人でも簡単に装着できるでしょう。

まとめ

  • エンジンのオイルに混ざっている金属粉は、エンジン内部で起こる摩擦によって発生している
  • 金属粉がたまった状態で走行を続けると、エンジン内部の損傷や潤滑不良が起こり、最終的にはバイクの寿命が縮まる
  • エンジンオイルに金属粉をためないためには、定期的なオイル交換やマグネット付きのドレンボルトを使用するのがおすすめ

本記事は、2019年8月30日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。