バイクのエンジンオイルとエンジン音の関係&異音が起きたときの対処法

「いつもとエンジン音が違う」と感じたら、エンジン周辺トラブルを疑い、オイルメンテナンスを行ってみましょう。エンジンはさまざまなパーツの干渉を受けますが、なかでもトラブルの原因となりやすいのがエンジンオイルです。今回は、エンジンオイルとエンジン音の関係、異音が起きた際の対処方法について解説します。

オイルの劣化・粘度・量とエンジン音の関係

バイクのエンジンオイルは走行中に混入する不純物(水分やカーボン、金属の摩耗粉)によって劣化が進みます。オイルが劣化してくると、走行中やアイドリング中、エンジン上部から「カタカタ」「カチカチ」「カッカッカ」という異音が発生し、これは「タペット音」と呼ばれます。エンジンオイルの劣化によりタペット音が発生しているときは、オイルの粘度が高まってオイル残量が減り、オイル循環が正常に行われていない可能性が高いため注意してください。

粘度が高まったオイルは、主にシリンダー内やシリンダーヘッドカバー、オイルパン、オイルストレーナーに蓄積します。タペットカバーにオイルがこびりつきカムシャフトやタペットにオイルが付着すると、エンジンの動作に負担がかかりタペット音が発生します。

バイクのエンジン音が小さくなる要因

エンジンオイルの劣化によりオイルが循環していない場合、エンジンやマフラー内のゴミが原因となってエンジン出力が低下したり、高速走行時にエンジン音が大きくなったりすることがあります。
こうした状況はエンジンオイルの交換で解消でき、他の部位にトラブルが起こっていなければ交換と同時にエンジン音は正常に戻ります。この際、「エンジン音が小さくなった」と感じられるかもしれませんが、金属音などが鳴っていないかぎりトラブルの可能性は低いでしょう。

異音の対策は定期的なオイル交換が効果的

異音の対策は定期的なオイル交換が効果的

エンジンの異音はオイルの固着やゴミの蓄積による負担が原因となっている場合が多いです。定期的にオイル交換を行うとオイルが正常にエンジンを循環するため、エンジン内外のパーツ洗浄や潤滑効果でエンジントラブルを未然に防ぐことにつながります。
しかし、一度ひどく固着したオイルはオイル交換のみで取り除くことができません。定期的なオイル交換を心がけて、エンジンの状態を正常に保ちましょう。
オイル交換を行っても異音が解消されない場合は、バイクショップへパーツの清掃・メンテナンスを依頼することがおすすめです。

まとめ

  • バイクのエンジンオイルが劣化すると粘度が高まり、エンジンの異音につながる
  • バイクのエンジンオイルが劣化しているとエンジン音が大きくなりやすいため、オイル交換すると「エンジン音が小さくなった」ように感じる
  • 異音の対策をしてエンジン性能を正常に保つなら、定期的なオイル交換が効果的

本記事は、2019年7月29日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。