グーバイクアフター

バイクのタイヤ交換を安くする方法は?工賃・費用の目安

  •       

バイクのタイヤは、乗り心地や操作性を左右する重要なパーツです。タイヤが劣化していると濡れた路面などでスリップし、大きな事故につながるなど大変危険です。そのため、タイヤが寿命を迎えたり、劣化していたりする場合は早めに交換する必要があります。

バイクのタイヤ交換を専門店に依頼すると、タイヤ本体のほかに工賃や廃タイヤの処分費用などがかかります。依頼するお店によって価格は異なるため、事前に確認したうえで選ぶことが大切です。

この記事では、バイクのタイヤ交換を安くする方法や、タイヤの価格・工賃の相場について解説していきます。

タイヤ交換のタイミング

タイヤ交換の費用を紹介する前に、交換のタイミングについて簡単に解説します。バイクのタイヤ交換のタイミングとしては、以下2つが考えられます。

  • スリップサインが出たとき
  • タイヤが寿命を迎えたとき

スリップサインが出たとき

1つ目は、スリップサインが出たときです。スリップサインとは、ホイール横のタイヤ側面にある三角のマークのことです。マークは溝内にある突起の位置を示しており、タイヤの交換時期を知らせる役割を担っています。摩擦などの影響によって、突起が溝の高さと同じになったときが交換のタイミングです。

スリップサインが表面に現れると、残りの溝の深さは0.8个砲覆辰討い覯椎柔があります。溝が0.8侈にの状態では車検を通すことができず、スリップサインが現れたまま走行すると道路交通法の違反で反則金が科せられることもあります。

そのため、1つでもスリップサインが現れていたら、速やかにタイヤを交換してください。正確な溝の深さは、「デプスゲージ」と呼ばれる道具を使うことで計測可能です。デジタル表示のデプスゲージを使えば簡単に測れるため、乗車前にチェックする癖をつけておくとよいでしょう。

タイヤが寿命を迎えたとき

2つ目は、バイクのタイヤが寿命を迎えたときです。ほとんどのメーカーは、タイヤの寿命の目安を以下のようにしています。
※タイヤの寿命目安は、各メーカーによって異なります。

  • 寿命年数:スタッドレスタイヤは3年・通常のタイヤは最大10年
  • 走行距離:1万~2万Km(スリップサインが出るまでの距離)

タイヤは劣化すると、ゴムが硬化してひび割れや破裂が起こる恐れがあります。製造年数から5年を過ぎたら、定期的な点検を行なうようにしましょう。

寿命を迎えた場合は、たとえ溝が残っていてもパンクや事故が起こる危険性が高いため、早めの交換をおすすめします。タイヤ交換のタイミングに関する詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

バイクのタイヤ交換のタイミングや工賃目安、交換方法を解説

タイヤを交換する方法

タイヤを交換する方法

バイクのタイヤを交換する方法は、大きく以下の3つに分かれます。

  1. 店頭で購入して交換を依頼する
  2. インターネットで購入して持ち込みで交換を依頼する
  3. インターネットで購入して自分で交換する

上記のなかで、あなたに合った方法を探してみてください。

店頭で購入して交換を依頼

店頭でタイヤを購入して、そのまま交換を依頼する方法です。バイクの販売店やタイヤ専門店などでは、タイヤ交換も受け付けていることがほとんどです。店頭にはバイクに詳しいプロのスタッフがいるため、安心してタイヤ交換を依頼できるでしょう。

バイクの販売店のなかにはタイヤ交換に加えて、点検してくれる場所もあります。ただし以下のデメリットがあることも、把握しておいてください。

  • タイヤの価格がインターネットよりも高め
  • ラインアップもインターネットと比べると少ない
  • 待ち時間が長くなることがある

店内はスペースに限りがあることから、タイヤのラインアップが少ない傾向があります。さらに、スタッフはタイヤ交換以外にも多くの業務を行なっているため、待ち時間が長くなることも少なくありません。

できれば飛び込みでの依頼ではなく、あらかじめ希望の時間で予約しておくとよいでしょう。在庫を豊富に取りそろえているタイヤ専門店であれば、即日交換してもらえるケースもあるため確認してみてください。

インターネットで購入して持ち込みで交換を依頼

店舗によっては、事前にインターネットでタイヤを購入し、持ち込みで交換を依頼できます。タイヤの価格は店頭よりもインターネットのほうが安く、種類も豊富です。

工賃は、ホイールを外してから持ち込むと安くなりますが、店舗によっては変わらない場合もあるため注意が必要。また、バイク用品店のなかには、持ち込みすると追加の工賃がかかるケースがあります。なぜなら持ち込みの場合、店舗側のタイヤ販売での利益がなくなってしまうからです。

一般的に持ち込みでの工賃は、店舗で購入する場合の1.5~2倍ほどかかるといわれています。タイヤ専門店やバイク販売店のほうがお得になることが多いため、詳細は店舗に直接確認してみてください。

なお、インターネットで購入したタイヤを直接店舗に送って、タイヤ交換ができるプランを設けている店舗もあります。予約しておけばスムーズにタイヤ交換をしてもらえるため、事前に時間を決めておきましょう。

インターネットで購入して自分で交換

バイクのタイヤ交換に慣れている方であれば、インターネットで購入して自分で行なうのも一つの方法です。自分でタイヤ交換を行なうメリットは、工賃がかからないことです。タイヤ本体の費用だけで済むため、少しでも費用を抑えたい方におすすめの方法となります。

ただし、初めて自分でタイヤ交換を行なう場合は、工具をそろえる必要があります。ビードブレーカー・タイヤレバー・レンチなど、さまざまな工具をそろえるための初期費用がかかることを考慮しておきましょう。

また、タイヤ交換に慣れていない場合は、時間がかかったり作業中に失敗したりする恐れもあります。タイヤ交換を間違えてしまうと、転倒やバーストなどの事故につながる危険性もなきにしもあらず。

たとえ交換はできても、「ホイールが傷だらけになってしまった」というケースも少なくありません。タイヤ交換には、ある程度の技術が必要になるため、少しでも不安があれば専門店に依頼することをおすすめします。

費用の比較

ここからは、バイクのタイヤ交換時にかかる費用を解説します。タイヤ交換では、おもに以下4つの費用がかかります。

  • タイヤ本体
  • 工賃
  • 廃タイヤ処分費用
  • エアバルブ交換費用

以下に記載した各費用は、あくまで目安として参考にしてください。

タイヤの価格

タイヤの価格は、サイズ・メーカー・種類などによって大きく異なります。また、フロントタイヤ(前輪)とリアタイヤ(後輪)によっても異なるため、しっかりと確認することが大切です。タイヤを店頭で購入する場合の相場は、以下のとおりです。

  フロントタイヤ リアタイヤ
50~125 約3,000~6,000円 約3,000~8,000円
250~400 約8,000~2万円 約1万~2万5,000円
大型 約1万5,000~2万5,000円 約2万~3万円

インターネットで購入する場合は、上記の金額よりも数千円ほど安い傾向があります。基本的にタイヤの価格は、販売店が仕入れ値から計算して決めているため、同じタイヤでも店舗によって差が出ます。大手メーカーを選ぶか、海外製のものを選ぶかなどで大きく差が出ることも特徴です。

工賃の比較

店頭でタイヤを購入して交換を依頼する場合の、工賃の相場は以下のとおりです。

  フロントタイヤ リアタイヤ
125cc未満 約2,000~3,000円 約3,000~4,000円
125cc以上 約3,000~5,000円 約4,000~8,000円

このように、工賃もタイヤの種類(フロント・リア)や車種などによって変わります。インターネットで購入して持ち込みで交換を依頼する場合は、上記の金額よりも1.5~2倍ほどかかる場合があります。

バイク交換の工賃はホイールを傷つけないように行なうなど、技術力が求められることからある程度の費用が必要です。また、フロントタイヤよりも取り外しが難しいリアタイヤのほうが高い傾向があります。

ちなみに、マフラーを脱着しないと交換できない場合やチューブタイヤの場合などは、追加で工賃がかかることが一般的です。先にも挙げたとおり、自分でバイクのタイヤ交換を行なう場合の工賃は0円のため、気にする必要はありません。

その他の費用

バイクのタイヤ交換はタイヤ本体や工賃以外に、廃タイヤの処分やエアバルブの交換にも費用がかかります。廃タイヤは、1本200~300円ほどで処分してくれる店舗が多いです。ホイール付きの場合、店舗によっては無料引き取りもしくは買い取りを行なってくれることもあるので、確認してみてください。

エアバルブの交換は、タイヤ交換時にまとめて行なうことが一般的で、無料~数百円で交換してくれることがあります。費用はそこまでかからないため、タイヤの交換時に一緒に依頼することをおすすめします。

タイヤ交換できる店を探すには?

バイクのタイヤ交換は自分でもできますが、慣れていないと間違えたり時間がかかったりします。少しでも不安に感じたら、プロの専門業者に依頼するのがおすすめです。

とはいえ、バイクのタイヤ交換ができるお店は日本全国にあるため、探すのが難しいかもしれません。グーバイクであれば、タイヤ交換ができるお店を簡単に見つけることが可能です。

タグや地域からすぐに検索できるため、お近くにお店があるかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

>>持込み歓迎の作業実績一覧

まとめ

バイクのタイヤは、スリップサインが現れた場合や、寿命を迎えたときが交換のタイミングです。交換のタイミングをしっかり見極めないと、大きな事故につながる恐れがあります。常にタイヤの状況を確認する癖をつけておきましょう。

タイヤの交換は、店舗で購入して依頼する・インターネットで購入して店舗に持ち込む・自分で交換する方法があります。

店舗に依頼をした際にかかる費用は、タイヤ本体代・工賃・廃タイヤの処分費用・エアバルブの交換費用などです。ある程度費用はかかるものの、交換時のミスなどを未然に防げるため安心して任せることができるでしょう。時間をかけずに確実にタイヤ交換をしたい方は、店舗に依頼することをおすすめします。

本記事は、2021年12月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。