原付バイクのタイヤ交換!タイヤの値段と交換取り付け料金はどれくらい?

バイクのタイヤは消耗品です。タイヤ交換を怠っていると、スリップして転倒してしまう可能性や、タイヤの劣化から突然バーストしてしまう可能性が高まります。予期せぬトラブルを引き起こさないためにも定期的なタイヤ交換を心がけましょう。
ここでは、原付バイクのタイヤ交換における値段と交換料金についてご紹介します。

原付バイクのタイヤ1本の値段

原付バイクのタイヤは1本から購入できます。2本セットで売られているケースが多く、購入できる場所にはバイク販売店やバイク用品店のほか、インターネットがあります。

タイヤ1本あたりの値段はメーカー、サイズ、グレードによって異なります。原付バイクの一般的なタイヤサイズ、10インチの値段で見ると、人気メーカーのもので3,000円/本前後、ノーブランドのもので1,500円/本前後が目安です(インターネットでは本体価格が安いかもしれませんが、送料を考慮すると割高となる場合があります)。

実店舗で購入する場合、自分の希望やバイクに適合するものをスタッフに選んでもらえるため、初めてでも失敗してしまう心配がありません。バイク初心者の方は実店舗でスタッフと相談し、購入・交換まで依頼する流れがおすすめです。

原付バイクのタイヤ交換の料金

原付バイクのタイヤ交換の料金

原付バイクのタイヤ交換にかかる料金は、タイヤ料金(1,500~3,000円/本)+交換工賃です。これをふまえ、以下に125cc未満の原付バイク・スクーターのタイヤ交換料金の目安をまとめました。

  • フロントタイヤの交換料金:3,000円~5,000円
  • リアタイヤの交換料金:4,000円~6,000円
  • 前後輪セットでの交換料金:5,000円~
  • エキゾーストガスケットの交換料金:+1,000円ほど

エキゾーストガスケットは、マフラーと本体の気密性を保つ大事なパーツです。劣化が見られる場合は再利用せず、新品のエキゾーストガスケットを取り付けるケースが多いでしょう。上記のほか、古いタイヤの引き取り費用(250円~1,500円/本)がかかる場合もあります。

タイヤ持ち込みは交換料金が高くなる?

バイクショップにタイヤを持ち込んで取り付けを依頼する場合、店頭でタイヤを購入する場合と比べて、工賃が高くなる可能性があるため注意してください。交換費用を安くするために割安なタイヤをあらかじめインターネットで購入する方法が人気ですが、工賃が高くなる分、依頼する店舗によっては店舗でタイヤを購入する場合と同等、もしくは高くなってしまうケースもあります。次に、タイヤ料金を除く、純粋な工賃の目安を見ていきましょう。

店舗で購入したタイヤを取り付ける場合の工賃(タイヤ料金を除く)

  • フロントタイヤ交換工賃:1,500円前後
  • リアタイヤ交換工賃:2,500円前後
  • エキゾーストガスケットの交換料金:+1,000円ほど

他店で購入したタイヤを持ち込む場合の工賃(タイヤ料金を除く)

  • フロントタイヤの持ち込み交換工賃:3,000円~
  • リアタイヤの持ち込み交換工賃:5,000円~
  • エキゾーストガスケットの交換料金:+1,000円ほど

料金設定や基準は、タイヤを持ち込むバイクショップによって異なります。脱着パーツや消耗部品の交換などが必要な場合、別途パーツ脱着工賃や部品代が必要となる場合もあるため、注意してください。特に持ち込みによる交換依頼は店舗によって料金が変動しやすいため、事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

  • 原付タイヤ1本の値段は1,500円~3,000円
  • タイヤ本体の値段と工賃を含めた原付のタイヤ交換料金はフロントタイヤ3,000円~5,000円、リアタイヤ4,000円~6,000円、前後輪セットで5,000円~
  • 他店で購入したタイヤを持ち込みすると工賃が2倍近く高くなる場合がある

本記事は、2019年2月27日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。