グーバイクアフター

バイクの塗装工賃・費用の目安や相場とは?

  •       

「気分転換に、長年乗っているバイクの色を塗り替えたい」「転んでできた傷を塗装し直して隠したい」「オリジナル塗装をして個性的なバイクにしたい」など、様々な理由からバイクの塗装を希望する方が増えています。
バイクの塗装に必要な道具は市販されているため、既に利用経験がある方もいらっしゃることでしょう。その一方で、セルフ塗装の仕上がり具合や難易度に対する不安を感じている方も少なくありません。

そこで今回は、バイクの塗装をセルフで行う場合の工賃・費用の相場について詳しくお伝えします。

セルフで行う場合の難易度や費用は?

最初に、セルフでバイクの塗装を行う場合に必要な道具について知っておきましょう。

  • スプレー(DIY用車塗料がおすすめ)
  • サフェーサー
  • クリアスプレー
  • 剥離剤
  • 耐水ペーパー
  • パテ(へこみがある場合)
  • コンパウンド

セルフでバイクの塗装を行う場合、まず塗装環境を整える必要があります。風や湿度の高さ、気温の低さは塗装に悪影響を及ぼすからです。地面からの砂埃、湿度の高さによる塗装後の表面の曇りなど、塗装失敗につながる要因が多いので注意しましょう。

セルフでバイクを塗装する際にかかる費用は、スプレー缶(1本約2,000円~)+サフェーサー(約1,300円~)+クリアスプレー(約700円~)+剥離剤(約1,200円~)+耐水ペーパー(約100円~)+工具代です。塗装の範囲にもよりますが、スプレー缶は数缶必要となるケースが多いです。また、安価なスプレー缶の場合、粘度が低くイメージ通りの塗装ができないため、注意してください。

セルフで塗装を行うこと自体は可能ですが、必ずしも満足いく仕上がりになるとは限りません。

ショップに依頼した場合の工賃・料金の目安

ショップに依頼した場合の工賃・料金の目安

バイクの塗装をショップに依頼した場合、下記料金が必要です。

(全て単色の場合)
タンク:約19,000円
テールカウル:約12,000円
サイドカバー:約10,000円
合計:約41,000円

また、下処理は別料金です。
ハクリ料金:約5,000円~12,000円
タンク凹み:約2,000円~

セルフとショップ依頼時の費用を比較した場合、セルフは安価に感じられるかもしれません。しかし、セルフでバイクの塗装を行う場合、時間がかかります。特に冬場であれば乾きが悪く、1週間以上間隔をあけなければならないケースも少なくありません。

また、仕上がりに関しても、プロの塗装とセルフの塗装では大きな違いがあります。費用だけでなく、塗装の満足度なども踏まえると、ショップに依頼することをおすすめします。

まとめ

  • セルフでのバイク塗装は可能だが、初心者が行うには難易度が高い
  • 塗装に必要な時間や技術を考慮するとバイクショップに依頼することがベター
  • タンク、テールカウル、サイドカバー全てを単色で塗装した場合の目安は約40,900円(複数の色、下処理追加の場合は追加料金が必要)

本記事は、2018年12月26日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。