車検に通るバイクのヘッドライトの基準

近年ではコストパフォーマンスの高さから、バイクのユーザー車検に人気が高まっています。今年初めてユーザー車検を受けるという方も、まずは車検で引っかかりやすい「ヘッドライト検査」について知っておきましょう。ここでは、ヘッドライトの検査基準や光軸調整の方法について解説します。

車検に通るヘッドライトの基準

ヘッドライトは灯火装置の保安基準によって定められているため、車検ではヘッドライトを適切なものへ交換・調整しておく必要があります。以下では、バイクのヘッドライト基準をまとめました。

  • 平成10年3月31日以前に製造されたバイクは走行中に消灯できない仕組みにする必要がある
  • ヘッドライトに必要な光量は15,000cd(カンデラ)以上
  • ヘッドライトの発光色は白色が基本
  • 平成17年12月31日以前に製造されたバイクは白色もしくは淡黄色に統一していれば基準に適合する
  • 2灯式ヘッドライトの場合、ライトの中心を左右対称にする必要がある
  • 2灯式ヘッドライトの場合、ハイビーム2個以下、ロービーム2個以下の合計4個以下にする必要がある

このほか、壁から1m・10m離れた距離でハイビームした際の最も明るい点のズレを確認する、「光軸調整」の基準があります。光軸調整の基準は、ズレが以下に収まっていることが条件となります。

  • 左右...27cm以内
  • 上...10cm以内
  • 下...地上からライトまでの距離のうち20%以内
車検に通るヘッドライトの基準

LEDやHIDは大丈夫?

バイクのヘッドライトは従来ハロゲンランプが使用されてきましたが、検査基準で15,000cd以上の光量が必要なことからLEDランプに人気が高まっています。

また、バイク車検の検査基準では光量や発光色の基準が定められている一方で、電球ランプについての規制はありません。主に使用されているのはLEDランプ、HIDランプの2種類なので、それぞれの光量・発光色に注意しながら自分に合ったものを選びましょう。

近年では、車検に通るための車検基準適合ランプキットなども販売されています。

ヘッドライトの光軸調整の方法

ヘッドライトの「光軸調整」は初めて車検を受けるライダーが引っかかりやすい検査項目とも言えるので注意しましょう。とはいっても、事前の点検・整備を行っておくことで安心して車検を通過できます。バイクのヘッドライトは日々の走行で光軸がずれやすいため、車検前は必ず点検を行いましょう。

以下では、自分でできる光軸調整の方法をご紹介します。

  1. 光軸をマーキングする壁を決める
  2. 壁から1m離れた位置でハイビームを照射し、マークをつける
  3. 壁から10m離れた位置からハイビームを照射して2で付けたマークと比較する
  4. 光軸調整の検査基準に従って、光軸調整ネジで光軸を調整する
  5. 光軸を上向きにしたい場合は光軸調整ネジを左回し、下向きにしたい場合は右回しにする
  6. 光軸調整の基準値内に光軸が収まるようになれば完了

光軸調整はコツさえ掴めば次回車検時は難なくクリアできるでしょう。車検初年度で自信がない場合はバイクショップへ光軸調整を依頼することもできるので、必要に応じて検討してみましょう。

まとめ

最後に、車検に通るヘッドライトについて大切なポイントをおさらいしましょう。

  • 車検のヘッドライト検査では「光量」「発光色」「光軸」「個数(2灯式の場合)」の4つに注意する
  • 使用する電球はLED、HIDも可能
  • 光軸調整は車検前に自分で行っておく
  • 光軸調整に自信がなければバイクショップへ依頼するのが安心

本記事は、2017年12月25日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。