バイク用ETC装置の種類や機能、おすすめ機種までを紹介!

高速道路を利用する際、ETCを装着していればスムーズに料金所を通ることができます。特に、バイクの場合はグローブを装着するので料金所で小銭を扱わなくていいのは大きなメリットです。もはや必需品といってもいいでしょう。
今回は、そんな便利なETCの種類や機能、おすすめ機種までをご紹介します。

そもそもETCとは

ETCは有料高速道路の利用料金を、車両に搭載した端末(車載器)と料金所のゲートに設置されたアンテナとの通信で処理するシステムです。正式名称を「Electronic Toll Collection System」といいます。
料金所で停止する必要がない上に現金を扱わずに済むため、バイクでは特にメリットが大きいシステムになります。ゲートを通過する時間が大幅に短縮されることで、渋滞の緩和にも繋がっています。

バイクにETCを取り付けるメリット

ETCといえばキャッシュレス決済ができることが大きなメリットですが、それ以外にも以下のようなメリットがあります。

高速料金にETC割引が適用される

NEXCOなどの高速道路を運営する各社は、ETC利用者に対して「ETC割引」を設定しています。代表的なのは深夜割引や休日割引で、どちらも30%割引になります。なお、深夜割引はAM0~4時、休日割引は土日祝日に適用されます。
その他、通勤などの用途で頻繁に高速道路を利用する車に対し、利用可能に応じて割引になる「平日朝夕割引」もあります。

料金所をスムーズに通過できる

ブレーキングしつつシフトダウン、クラッチを握り停車、シフトをニュートラルにしグローブを外して財布から料金を支払う……料金所の度にこれらの動作を行うのは正直かなり面倒です。しかも、渋滞などで後ろに車がいれば気持ちも焦るでしょう。
しかし、ETCがあればこのような面倒な動作は必要ありません。後続車を気にして焦る必要もなくなるでしょう。料金所を通ることにストレスを感じなくなるので、ツーリングももっと気軽になり行動範囲も広がることでしょう。

スマートインターチェンジ(スマートIC)が利用できる

スマートICとは、高速道路の本線やサービスエリアやパーキングエリアから乗り降りができるように設置されるインターチェンジのことです。スマートICを利用するには、ETCを搭載している必要があります。
バイクのツーリングでは集合・休憩・解散場所にサービスエリアを利用するケースがあるので、スマートICから乗り降りできれば利便性は格段にアップします。

これからETCを取り付けるなら「ETC2.0」対応端末がおすすめ

これからETCを取り付けるなら「ETC2.0」対応端末がおすすめ

次世代型のETCサービスとして運用が始まったのが「ETC2.0」です。高速道路利用料金の自動収受に加えて、広範囲の渋滞や交通規制に関する情報、前方で起こっている渋滞情報を知らせる安全運転支援といったサービスを提供してくれるものです。
道路沿いに設置されたITSスポット(通信アンテナ)とETC2.0対応車載器(これまでDSRC通信という名前で呼ばれていたもの)を、高速かつ大容量の通信で接続することで可能になった新情報サービスです。
ETC2.0で導入済み、および導入予定のサービスには、以下のようなものがあります。

  • 渋滞や交通規制、災害などの情報提供
  • 高速の一時退出を可能に(サービス名称:賢い料金)
  • 圏央道(新湘南バイパスを含む)の割引
  • 渋滞回避で別ルートを経由した場合の割引
  • 民間サービスとの提携

実際に導入されているサービスのうち、料金に関するサービスは圏央道(新湘南バイパスを含む)の割引程度です。高速道の一時退出を可能にする「賢い料金」は一部の道の駅限定で利用が可能ですが、まだ実験段階で全エリアでのサービスは開始されていません。
現状は従来型のETCでも特に不都合はありませんが、将来的にはETC2.0への置き換えが進んでいく方向です。
さらに、同一の出口ならどのルートを通っても料金が変わらないという新しい料金体系が、ETC2.0にのみ提供される計画です。従来型と比較すれば端末料金がやや高いのですが、これからETCを導入するライダーならETC2.0の方が安心といえそうです。

バイク用ETCの種類

バイク用のETCには一体型と分離型の2種類があり、それぞれバイクによってどちらが良いかは変わってきます。どちらが愛車に合っているか、以下の解説を参考にしてください。

一体型

ETCカードを差し込む車載器本体と通信用のアンテナ、インジケーターなど、ETCに必要な全ての部品が一体になっているタイプが一体型です。価格が分離型より安い、カードの抜き差しが楽などのメリットがあります。
しかし、インジケーターやアンテナも一体化されていることから取り付け位置がフロント部に限定されるデメリットがあります。基本的にはハンドルに装着することになり、ハンドル周りのスペースを多く取ります。また、カードの盗難対策にバイクを離れる度にカードを抜き取っておく必要があり面倒です。
とはいえ、シート下に車載器を設置できないバイクにとっては一体型がベストな選択といえるでしょう。

分離型

ETCカードを差し込む車載器本体、通信用のアンテナ、インジケーターと、それぞれが分離しているタイプが分離型です。設置の自由度が高く、一番かさばる車載器をシート下などに設置できるのが大きなメリットでしょう。
また、シート下など収納する場所によっては車載器が外に露出しないのも利点です。カード盗難のリスクも減りますし、雨に本体が濡れません(バイク用ETCは基本防水ですが、濡れると故障率が上がります)。
デメリットとしては、価格が一体型に比べて高くなる点と、カードの抜き差しが面倒な点が挙げられます。ただ、シート下などであれば盗難対策で頻繁にカードを抜き差しする必要はないので、それほどデメリットにはならないかもしれません。

ETCの取り付けにかかるコスト

ETC取り付けには、ETCの本体代金と取り付け工賃、セットアップ料金がかかります。セットアップとは、ETCの端末に車両情報を登録する作業のことです。
バイク用のETCは小型化や防水・防塵を備える必要があるため、車用に比べると割高になり1.5~2万円くらいが相場です。取り付け工賃はバイクによって変わりますが、およそ7,000~12,000円です。取り付けが楽なネイキッドは工賃が安く、手間のかかるフルカウルバイクやスクーターは高くなります。
最後にセットアップ料金ですが、これはどこのショップもだいたい2,500円ほどで請け負っています。なお、セットアップは「セットアップ店」という認定を受けたお店でしか作業できませんが、ディーラーや大手バイク用品店であればたいていはセットアップ店として認定されています。
これらの料金をまとめると、トータルで3万円程度のコストがかかると考えておけば問題ないでしょう。

お得にETCを取り付ける方法は?

上記の通り、通常であればETCの取り付けには3万円程度のコストがかかります。人によっては結構なコストだと感じるかもしれません。そこで、少しでもお得にETCを取り付ける方法を2つご紹介します。

ETC助成金キャンペーンを利用する

ETC2.0の導入に対して、一部地域では「はじめトク?ETC助成金キャンペーン」というキャンペーンを行っています。助成金は1万円となっており、これを利用すれば2万円台でETCを取り付けることができお得です。なお、対象地域は東京、埼玉、千葉、神奈川となっており、助成台数は先着10万台までの先着順となっています。このキャンペーンは2020年の3月31日までの限定なので、気になる方はお早めにETCの導入を検討してはいかがでしょうか。

ETC車載器を中古で購入する

ETC車載器を中古で購入すれば、いくらか費用を抑えることが可能です。中古のETC車載器は、オークションサイトや中古バイク用品店などで入手するといいでしょう。ただし、中古で購入したETC車載器は再度セットアップを行う必要があるので注意してください。そのまま使うことはできません。

【注意!】バイク用ETCの個人での取り付けは不可

車のETCは自分で取り付けてセットアップだけお店に依頼するという方法もありますが、バイクの場合個人での取り付けはNGです。
なぜかというと、「ETCの取り付けに不良がありバーが開かなかった場合に、バイクだと重大な事故に繋がりやすい」という理由があるからです。そのためバイクへのETCの取り付けは、必ずセットアップ店で行ってもらうようにしましょう。

おすすめのETC装置を紹介

ETCを選ぶ際に重要なポイントは以下の4点です。

  • ETC2.0に対応している
  • サイズ
  • 重さ
  • 防水性・防塵性・耐震性に優れている

サイズが大きかったり重かったりすると、運転時の操作性に影響します。また、バイクは雨風にさらされるため、防水性や防塵性は高性能でなければいけません。上記を考慮した場合の、おすすめのバイク用ETCをご紹介していきましょう。

MITSUBA MSC-BE700E

ミツバサンコーワ製のバイク用ETC2.0車載器です。GPSとETCのアンテナ、インジケーターが一体化したモデルですが、車載器は分離しているのでシート下などに収納すればスマートな見た目を維持できるでしょう。

MSC-BE700Eスペック

  • 本体サイズ:W81mm×H22mm×D112.5mm(突起部除く)
  • 本体重量:約150g
  • 防水性能:IP68 / IP66(本体部・コネクター部はIP55)
  • 備考:ETC2.0対応 / GPS搭載 / 3年保証 / 20G耐震

日本無線 JRM-21

日本無線製のバイク用ETC2.0車載器です。車載器の蓋には防水パッキンがあり、蓋を閉めた状態では水に沈めても大丈夫というIPX7の防水性能を発揮します。洗車を頻繁にする方や雨の中でも走る方には特におすすめのモデルです。

JRM-21スペック

  • 本体サイズ: W 110mm× H 24mm× D 83mm
  • 本体重量:約190g
  • 防水性能:IP67 / IP66 / JIS D0203-S2クリア
  • 備考:ETC2.0対応 / 20G耐震 / 3年保障

まとめ

いかがでしたか?料金所で止まって精算するのが手間なバイクにこそ、ETCの搭載はおすすめです。ETCを購入する際は、これからサービスが導入されていく予定のETC2.0に対応したモデルを選ぶと安心でしょう。
スマートICも利用できますし、料金所の通過もストレスフリーになるのでツーリングが楽しくなること間違いなしです!

本記事は、2019年11月29日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。