バイクのシガーソケット取り付けの工賃・費用の目安や相場とは?

バイクには基本的にシガーソケットがついていないため、後付けをする必要があります。シガーソケットがあると、スマホの充電ができる、またシガーライターが使えるなど、バイク使用時の快適性を向上してくれるでしょう。今回はシガーソケットをセルフで取り付ける場合の費用や、ショップで取り付けてもらうときの工賃の目安についてご紹介しましょう。

セルフで取り付ける場合の難易度や費用は?

シガーソケットを取り付ける場合、バイクから電源を取り出す必要があります。たとえば、リレースイッチなどを使わず、バッテリーから直接電源を取ると、バッテリー上がりを起こしてしまうためです。他にも、防水加工や配線の沿わせ方など、理解して取り組まなければ電気関連のトラブルにつながるリスクは高まります。

そのため、電源の取り方がわからないと難易度は高くなります。今まで電装系のカスタムをしており、配線の取り方が分かる場合や、サービス電源から電気を取り出すセットを使った経験がある場合は、難易度は低くなるでしょう。

次にセルフでシガーソケットを取り付ける場合の費用の目安を確認していきます。

  • シガーソケットキット…500円~4,000円程度
  • 電工ペンチ…1,000円~10,000円以上
  • 端子類(ギボシ端子など)…200円~2,000円程度
  • 電源取り出しコネクター…200円~300円程度
  • テスター…1,000円~8,000円以上
  • 熱収縮チューブ または 絶縁テープ…100円~1,000円程度

スマホの普及もあり、シガーソケットと一緒にUSBハブが付いているモデルも多く販売しています。配線にこだわらなければ以上のパーツや工具で十分ですが、タンクの下などに配線を隠す場合はレンチなどの工具も用意しておきましょう。

ショップに依頼した場合の工賃・料金の目安

ショップに依頼した場合の工賃・料金の目安

バイクショップにシガーソケットの取り付けを依頼する場合、以下の工賃がかかります。

  • シガーソケット取り付け工賃の目安…5,000円~11,000円以上

上記の値段にシガーソケットの製品代金が加わったものが、取り付けにかかる総費用です。シガーソケットを持ち込んだ場合、工賃は高くなるでしょう。また、カウルを外すなど、作業に手間がかかる場合は別途工賃がかかるので覚えておきましょう。実際にどれくらいの費用がかかるか、バイクショップに問い合わせることをおすすめします。

まとめ

  • シガーソケットの取り付けは電源取り出しキットなどを使えば難しくない
  • 配線から電源を取り出す場合は配線図などの理解がなければ難易度は高くなる
  • セルフでシガーソケットを取り付ける場合の費用の目安は約3,000円以上
  • バイクショップに依頼した場合の工賃の目安は約5,000円以上

本記事は、2018年11月29日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。