ホンダ  CRF250L

年式別カタログ

INFO

モトクロスマシンCRFシリーズの名前とデザインを継承したシャープかつアグレッシブなモデルとして、2012年に登場。CBR250R(MC41)系の水冷単気筒エンジンを搭載。車名末尾のLは、LEGAL(=合法)の意味で、モトクロスマシンの名前だけど公道用、ということを表していた。2017年に排出ガス規制をクリアするためのマイナーチェンジを受け、その際に、車高(シート高)を下げたローダウン仕様車(Type LD)が設定された。2019年モデルでは、ヘッドライトカウルをボディ同色に、ホイールリム色をブラックに変更するなどのカラーリング変更を行なった。

主要スペック

型式ホンダ・2BK-MD44
全長(mm)2195
全幅(mm)815
全高(mm)1195
シート高(mm)875
乾燥重量(kg)
総重量(kg)144
サスペンション型式(前)テレスコピック式
サスペンション型式(後)スイングアーム式(プロリンク)
キャスター角(度/分)27/35
トレール(mm)113
ブレーキ型式(前)油圧式ディスク
ブレーキ型式(後)油圧式ディスク
タイヤサイズ(前)3.00-21 51P
タイヤサイズ(後)120/80-18M/C 62P

エンジン・トランスミッション

型式MD38E
エンジン種類水冷4ストローク・単気筒DOHC4バルブ
総排気量249cc
圧縮比(:1)10.7
ボア(mm)76.0
ストローク(mm)55.0
最高出力(kW/rpm)18(24PS)/8500
最大トルク(N・m/rpm)23(2.3kg・m)/6750
始動方式セルフ式
点火方式フルトランジスタ式バッテリー点火
クラッチ方式湿式多板コイルスプリング
変速機型式常時噛合式6段リターン
燃料供給方式インジェクション
潤滑方式圧送飛沫併用式
燃料タンク(L)7.8

対象バイク一覧

もっと見る