グーバイクアフター

バイクのローン審査を通過して借入するための基礎知識や注意点

  •       

バイクのローン審査に通るにはどのような方法があるのでしょうか。ローン審査に重要な必要書類やローン審査の内容等、なかなか理解しにくいバイクのローン審査について解説します。

バイクのローン審査で注意したい内容

バイクローンと簡単に言いますが、要はローン会社に借金をする形になります。そのため、ローン会社はその方に返済能力があるかどうかを見極めます。例えば、銀行で扱うマイカーローンやバイクローン等は金利が低いというメリットがありますが、一方で審査基準が厳しいと言われています。

多くの方がバイク購入時にディーラーやバイクの販売店で扱っている提携ローンに申し込むようですが、比較的通りやすいはずの提携ローンでも、安定収入が無い、またはローン(別の融資枠)の延滞がある方は審査が通りにくいと言われています。

バイクのローン審査で必要な書類とは

どのローンを申し込むかによっても必要書類は変わりますが、一般的には以下のような書類を用意します。

身分証明書(免許証、保険証等)
銀行口座明細(銀行名、支店名、口座番号等)
印鑑(銀行届出印)
頭金(頭金を入れる場合のみ)

これ以外にも所得証明書等が必要な場合があります。申し込むローンによっても変わります。

バイクのローン審査で必要な書類とは

バイクのローン審査に通りやすい人とは

バイクのローン審査に通りやすい人とは、一般的には以下のような条件の方だとされています。

安定継続した収入がある
前年度年収が250万円以上(ローンによっても差がある)
信用情報に傷が無い方

カードローン等のバイクだけでない目的のローンなら、パートやアルバイトの方でも借入することが可能な場合があります。ただし、一般的な銀行系のオートローン等の場合は審査基準が厳しいと言われています。低金利で融資する以上は確実に返済してくれる人を選びたいからです。審査基準は金融会社や銀行によっても変わりますが、希望金額と返済期間によっては審査が通ることもあるので、申し込んでみないとわからないこともあります。

上記のような条件が整わなくても、融資を受けた経験のある方も大勢います。どこに違いがあるかと言うと、「返済能力があるか、他に借入があるか、過去返済が滞ったことがあるか」等の点を見ていることが多いと言われています。

まとめ

いずれにしても、一度申し込んでみないとわからないこともあります。申し込む場合は、事前にある程度の頭金等を用意して、なるべく融資額を抑えるようにすると、借入金額が低くなるので審査が通りやすいこともあるようです。

本記事は、2016年9月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。