グーバイクアフター

原付バイクにおける二段階右折の正しいやり方

  •       

原動機付自転車(いわゆる原付)は、その名の通り「自転車」の仲間です。自動車とは違った走行方法、ルールがあります。制限速度30km/hを守らなくてはいけないことはもちろん、一部の道路において「二段階右折」という独特の走り方が義務付けられています。

毎回二段階右折をしなくてはいけないのか?という疑問をお持ちの方、そもそも二段階右折の方法が曖昧、という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

原付バイクにおける二段階右折とは

二段階右折とは、原動機付自転車に対して、道路交通法34条3項、5項に規定されている右折の仕方です。まず、交差点に入ったらそのまま直進し、渡った先の車線で方向を変え、直進します。

方向指示器(ウインカー)は交差点の直進〜渡った先で方向を変えるところまで点けます。直進するのに方向指示器を出すのは変な気もするかもしれませんが、きちんと方向指示器を出さなければ合図制限違反になります。

軽車両は無条件に二段階右折が義務付けられていますが、原付の場合は、信号のある二段階右折の標識がある道路と、今走行している道路が三車線以上、かつ二段階右折禁止の標識がない交差点の2つのケースにおいて、二段階右折をしなければなりません。

原付バイクにおける二段階右折とは

二段階右折、よくある疑問

ところで、二段階右折を実際にしてみると、いくつか疑問が出てきます。よくある疑問の一つとして、矢印信号はどの信号を見ればいいのかという疑問です。一見、右折するのだから右折の矢印を見たくなりますが、直進の矢印信号に従うのが正しいです。

二段階右折は、右折という名前が付いていますが、実際は交差点を直進して横断しますので、直進の信号に従ってください。

次に転回(Uターン)はどうしたらいいのかという疑問です。不思議なことに、転回については、二段階右折の規定には当てはまりません。ただし、道路そのものが転回禁止のエリアでは転回してはいけません。転回禁止の場所でなければ、原付も転回出来るということになります。

最後に、左端が左折専用車線であった場合も、左折専用車線を通行し、そのまま交差点を右折先の車線まで走ります。非常に変な感じがしますが、原付や軽車両については、指定通行区分の制限から除外されている(道路交通法第35条第1項)ので、たとえ二段階右折をするときでも、左折専用車線を通行することが出来るのです。

自動車側からは、左折するレーンなのに、なぜまっすぐ行くのだろうと不思議に思ってしまうかもしれません。だからこそ、きちんと方向指示器を出しておくべきなのです。方向指示器を出し忘れると、思わぬ事故の元になります。

二段階右折をしなくていい原付

二段階右折をしなくてもいい原付が存在します。黄色やピンク色のナンバーの、原付二種という排気量の大きい原付です。原付二種は、自動車と同じ右折方法なので、二段階右折をしなくても良いのです。

しなくても良い、というのは原付二種が二段階右折することを禁止する法律は存在しないため、解釈が曖昧だからです。二段階右折は、手間のかかる右折方法です。「原付二種は二段階右折不要」ということで、原付二種を選ぶ方もいます。

まとめ

二段階右折は少々面倒だという意見もありますが、通常のバイクよりも排気量が少なく、スピードも出ない原付にとっては、安全な走行方法であるとも考えられます。二段階右折の正しい方法を知って、安全運転を心掛けましょう。

本記事は、2017年1月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。