バイクが突然の故障!出張修理を依頼した場合の費用相場とメリット

出先や走行中、バイクが突然故障して困った経験はありませんか?
「バイクが動かない」といった場合、近くのバイクショップまで持ち込むことすら困難なケースもあります。このような問題は、ロードサービスを依頼する以外にも、バイクショップの出張修理サービスを利用して解決することが可能です。
今回は、利用する機会の少ない出張修理サービスの費用や、依頼するメリットについてご紹介します。

バイクの出張修理とはどんなサービス?

バイクの出張修理とは、出張修理業者が故障したバイクの元まで来て、修理をしてくれるサービスをいいます。エンジンが動かないときや、自分でバイクを持ち込めないときなどにも有効です。
出張修理サービスは、基本的にその場でバイクを修理してもらうサービスですが、故障原因や破損したパーツの種類によっては、即修理が困難な可能性もあります。その際は、バイクを業者の修理ブースへ運んでもらい、故障内容に応じて修理するかどうかの判断をします。
「ロードサービスを呼ぶには気が引ける」「レッカー運搬はバイクが傷つきそうでこわい……」という場合も、バイク知識と専門技術のある出張修理業者なら、安心して依頼できるでしょう。

【パーツ別】出張修理の費用相場

【パーツ別】出張修理の費用相場

出張修理料金には、出張費が加算されることが一般的です。中には出張費無料で修理を行ってくれる業者もありますが、出張修理にかかる費用は業者によって異なるため、注意しましょう。「出張費無料」を強調している場合、工賃に出張費を上乗せし、全体的に高めの工賃・サービス料金を設定している業者もあります。
出張修理が必要となるような万一の場合にも、安心して依頼できるよう、出張修理の平均的な費用相場を把握しておくほうが賢明です。以下に、パーツ・排気量別の出張修理費用(工賃相場)をまとめました。

タイヤのパンク修理にかかる工賃

  • 50cc~125ccの場合:2,160円~
  • 150cc~400ccの場合:3,240円~
  • ※パンク状況により修理不可の場合があります。

バッテリー交換にかかる工賃

50cc~400ccの場合:1,620円~

バッテリー充電にかかる工賃

50cc~400ccの場合:2,160円~

プラグ交換にかかる工賃

50cc~400ccの場合:1,080円~

キャブレターオーバーホールにかかる工賃

  • 50ccの場合:8,640円~
  • 100cc~125ccの場合:10,800円~
  • 150cc~250ccの場合:12,960円~
  • 400ccの場合:16,200円~

工賃以外の費用

出張費:1,080円~(距離による)

出張修理サービスは、工賃の相場を把握したうえで、適正な料金設定の業者へ依頼することが大切です。

バイクの出張修理を利用するメリット

バイクの出張修理サービスを利用する最大のメリットは、突然のトラブルでも、無駄な手間なく対応できることです。動かないバイクを自力でバイクショップへ持ち運ぶ必要がないため、素早くトラブルを解決できるでしょう。
引っ越してきたばかりなどで土地勘がない場合も、出張修理サービスに依頼すれば、最寄りのバイクショップを探す手間が省けます。また、パンクや部品の破損などでも、その場で修理してもらえ、すぐに乗れる状態となるので、出先でトラブルが起きた際も心強い存在と言えます。

まとめ

  • バイク出張修理サービスとは、故障したバイクの元まで修理にきてもらうサービス
  • 修理費用の相場はパーツ・排気量によって異なり、別途出張費がかかる
  • 出張修理サービスのメリットは、所有者の手間を省き、出先でもすぐに乗れるようになること

本記事は、2019年2月27日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。