バイクのクランクケースの割れ、破損の修理方法

エンジンの基盤となるクランクを支える役割を果たしているクランクケース。他にもクランクシャフトやミッションを支える重要な役割を担っています。そんなクランクケースが破損するのはどんな原因があるのでしょうか。今回はクランクケースが破損する原因と、修理する場合、また交換する場合にどのくらい費用がかかるのかを説明していきます。

クランクケースが破損する原因

クランクケースが破損する主な原因は事故や転倒などによるものです。クランクケースに衝撃が加わることによって、割れたり削れたりするケースが多いようです。また、事故による衝撃はクランクケースの他にも内部のパーツが破損する可能性があるため、十分注意しましょう。

破損したクランクケースの修理費用

破損したクランクケースの修理費用はどの程度の破損状況かによって変わってきますが、軽度な破損の場合はセルフで修正することもできるでしょう。
例えばクランクケースが割れてしまった場合には修理道具として接着剤が必要になってきます。 接着剤は以下の金額で購入が可能です。

デイトナ JB オートウエル(金属・アルミ対応接着剤) 約2,000円

セルフでの修理に不安がある場合は一度ショップに修理の見積もりをしてもらうようにしましょう。

クランクケースを交換する場合の費用

クランクケースを交換する場合の費用

クランクケースの交換についても、どの程度の破損状況かによって変わってきますが、ケース交換自体であれば以下金額で行ってくれるショップもあります。

クランクケース交換(エンジン脱着含む) 約45,000円

しかし、クランクケースを交換するほどの破損の場合は、周辺パーツの交換も必要になってくることがあります。その場合は20万円近く費用がかかってくる可能性もあります。

まとめ

  • クランクケースが破損する多くの原因は衝撃によるもの
  • 軽度な破損の場合はセルフでも修理できるが、不安な場合はショップで金額を確認する
  • クランクケース交換は破損状況によって、その他パーツ代を含め20万円近く費用がかかる場合がある

今回はバイクのクランクケースが破損する原因と修理・交換費用について説明してきました。破損の原因は主に事故や転倒によるものなので十分に注意しましょう。修理・交換費用については破損状況によって変動するのでショップに見積もりをしてもらうようにしましょう。
また、セルフで修理を行う場合は自己責任のもと、安全性を考慮して行うようにしてください。

本記事は、2018年12月26日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。