バイクのバッテリーがすぐ上がる原因は漏電?修理するには?

バッテリーはバイクの始動に対して、とても大切な役割を担っています。バッテリーが上がると、エンジンがかからなくなるなどトラブルの原因になります。今回は、バイクのバッテリーがすぐに上がるときの原因と修理方法についてご紹介しましょう。

バッテリーが上がる原因とは?

バッテリーが上がってしまう原因には、以下のようなものがあります。

  • レギュレーターのパンク
  • 漏電
  • 寿命
  • ライトの消し忘れ
  • 電気の使い過ぎ
  • 長期放置 など

過放電や充電不足によって、バッテリーの機能は低下します。電気系統の故障により漏電し、頻繁にバッテリーが上がるようになります。バッテリーが上がると性能が弱まるため、最悪の場合バッテリー交換が必要になってしまいます。

バッテリーが上がる原因を追究!漏電しているかどうかを調べるには?

バッテリーが上がる原因を追究!漏電しているかどうかを調べるには?

バッテリーが上がる原因を調べるのに必要な機材は、電流計やバッテリーチェッカーです。原因がわからない場合は、手順を追って原因を突き止めます。手順は以下の通りです。

  1. バッテリーの電流を測る
  2. バッテリーチェッカーでバッテリーをチェックする
  3. ドロップダウンテスト(漏電テスト)を行う

バッテリー自体が弱っている場合は、それが原因だという可能性ももちろんありますが、漏電していた場合は、新しいバッテリーに変えても無駄になってしまうため、漏電テストは行ったほうが良いです。漏電テストは、バイクのキーをオフにして、電流計をバッテリーと配線の間に入れて電流を計測します。もし、電流が流れるようなら、計測値によって漏電箇所を特定できる場合があります。
漏電テストの方法を記載しましたが、電流計やバッテリーチェッカーは、決して安いモノではありません。また、配線のつなぎ方を間違えると故障の原因となるので、本来は、バイクショップで確認してもらうのが良いでしょう。

漏電している場合はどう修理する?

漏電はすぐに対処しなければ、他の電気系統の故障を併発させる可能性があります。最悪の場合、そのバイクには乗れなくなってしまうでしょう。漏電を発見したときの対処方法は以下の通りです。

  • バイクショップで修理してもらう
  • バイクを買い替える

バイクの回路図などを把握して、配線を確実に触ることができるならセルフでの修理ができる可能性もありますが、基本的にはプロにお任せするのが良いでしょう。しかし、漏電の修理は故障箇所によって高額になる場合もあります。修理価格によって、中古や新品のバイクに乗り換える方が良いと判断されることもあるため、まずは見積もりを出してもらいましょう。

まとめ

  • バイクのバッテリーが上がる原因には漏電や長期放置などいろいろなものがある
  • 漏電チェックには電流計やバッテリーチェッカーを使用する
  • 漏電チェックや修理は専門の知識が必要なので素人では難しい
  • 漏電しているときはバイクショップで修理するかバイクを買い替えるのが得策

本記事は、2018年4月6日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。