バイクの古いステッカーを剥がす&残った糊を取る方法まとめ

バイクのガソリンタンクやカウルにステッカーを貼り、自分仕様にしている方は多いでしょう。しかし、古くなったステッカーを新しいステッカーに貼り替える場合、剥がし跡が残ってしまうことがあります。剥がし跡があると次に貼るステッカーに凹凸ができ、剥がれやすくなってしまう可能性があるため注意が必要です。ここでは、古いステッカーの剥がし方や、残ったのりを取り除く方法について解説します。

ドライヤーでの剥がし方

古くなったステッカーを剥がすには、ドライヤーでのりを温める方法が代表的です。ステッカーは粘度の高いのりを使用しているため、ドライヤーの熱でのりを軟らかくすることで剥がしやすくなります。剥がすときのコツとしては、ゆっくり剥がしていくことが大切です。また、ドライヤーの熱+ガムテープを使用することで、より剥がしやすくなります。

手持ちのヒートガンを使用する場合は、樹脂面が溶けないよう熱しすぎに注意しましょう。

パーツクリーナーで剥がす方法

パーツクリーナーで剥がす方法

パーツクリーナーは本来部品の油汚れを落とすために使用しますが、シール剥がし剤の代用として活用できます。パーツクリーナーを使用する際は、接着剤をふき取るようにのりを除去していきましょう。パーツクリーナーは気化しやすく、残ったのりが再度固着しやすいため、素早く作業することが大切です。のりの除去が完了したら、ドライヤーの温風などを当ててクリーナー成分を完全に揮発させましょう。
ただし、樹脂製品に使用する場合は変形や割れる原因となるため、事前にパーツクリーナーの使用上注意や成分を確認しておくことが重要です。

パーツに残ったのりを落とす方法

剥がしきれずパーツに残ったのりを落とすには、シリコンオフがおすすめです。シリコンオフは脱脂剤で、素材表面の汚れを落とす有機溶剤です。ウエスにシリコンオフを適量つけ、ゆっくりと丁寧にのり部分をふき取りましょう。シリコンオフに触れたのりが溶けていけば除去ができています。

ただし、タンクなどに貼られている純正のロゴステッカーは上からクリアー塗装がなされているものも多いため、力任せに剥がすことは控えましょう。

まとめ

  • ドライヤーの熱を利用するとシールが剥がしやすくなる
  • ヒートガンは樹脂を溶かす場合があるので注意が必要
  • パーツクリーナーを使用する際は、気化する前にのりを取り除く必要がある
  • パーツクリーナーは樹脂が溶ける可能性があるため使用上の注意と成分を確認する
  • シリコンオフは残ったのりの除去に活用できる

本記事は、2019年4月26日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。