バイクバッテリーの交換時期や交換方法、寿命を延ばす方法まで徹底解説!

バイクや車のバッテリーは、放っておくと放電し劣化してしまいます。長い間放置していると、いざ乗ろうと思ったときにエンジンがかからなくなることも少なくありません。
また、放置していなくても寿命を迎えれば十分な電力を供給できなくなります。適切なタイミングでバッテリーを交換しなければ、バイクに頻繁に乗っていてもバッテリー上がりを起こす可能性はあるのです。
ここでは、「バイクのバッテリーの交換時期や交換方法、寿命を延ばす方法」について徹底解説していきます。

バイクのバッテリーの交換時期は?

バイクのバッテリーの交換時期は?

「なんとなくバッテリーの弱りを感じるけど、本当に交換が必要かどうか迷う」というのはよくあることだと思います。適切な交換タイミングを把握するために、以下のようポイントを抑えておきましょう。

バイクバッテリーの寿命は?

通常、バイクのバッテリーの寿命は2~3年程度だと言われています。ただし、バッテリーは種類や使い方によって大きく寿命が変化するものです。
適度な頻度でバイクに乗っていれば走行によって充電されるので長持ちしますし、バイクにあまり乗らずに放置している期間が長いとバッテリーの寿命は短くなります。

バイクバッテリーの寿命を迎えたときどんな症状が出る?

バイクのバッテリーが寿命を迎えた場合、主に以下のような症状が発生します。

  • セルが回らずエンジン始動ができない(もしくはセルが弱々しく回る)
  • キックでしかエンジン始動ができない
  • エンジン駆動時、ライトやウインカーの光が弱々しい
  • 電圧テスターの測定で12.2ボルト以下になる
  • ホーンの音が小さくて変になる

適度にバイクに乗っていて、なおかつバッテリーの充電をしているのに関わらずバッテリーが上がってしまうような場合は、バイクのバッテリーが寿命を迎えているサインです。長期間使用していないバイクのバッテリー上がり(放電状態)との大きな違いは、走行や充電をしても満充電できないことです。
満充電されないまま長距離走行をしてしまうと、出先でバッテリーの寿命がきてしまい、レッカー依頼が必要となってしまうケースもあります。そのため、バッテリーが弱ってきたと感じたら、早めの交換を行いましょう。

バッテリー交換が必要かを簡単に確認する方法

上記のような症状からもバッテリーの寿命は判断できますが、さらに簡単に寿命が判断できる方法があるのでご紹介します。
その方法とは、「キーをONにしてエンジンをかけずにウインカーやホーンを操作してみる」です。これを行ったとき、以下のどちらの状態になるかでバッテリーの寿命を判断できます。

  1. ウインカーは問題なく点滅し、ホーンも正常な音量で鳴る
  2. ウインカーが点滅しない、ホーンも音量が小さく変な音が鳴る。もしくはどちらも全く反応がない

①の場合、そのままセルを回してエンジンがかかればバッテリーの電力は正常な範囲です。△両豺腓魯丱奪謄蝓爾弱っている証拠なので、交換を検討しましょう。

交換用バッテリーの見分け方

交換するバッテリーは愛車に適合するものを選ばなければなりませんが、バイクのバッテリーは非常に種類が多く、迷ってしまうと思います。そんなときは、バッテリーにある型番を見れば一発で適合バッテリーが見つかります。
バッテリーの型番は全てJIS規格によって統一されており、バッテリーの種類によって型番の読み方が変わってきます。基本的にはMF型バッテリーと開放型バッテリーに分けられ、開放型バッテリーはさらに標準形と高性能に分けられます。
それぞれの型番の読み方について、例を挙げながら左から順に記号や数字の意味を解説します。

MF型バッテリー:例YTX 7 L-BSなど

  • YTX=VRLA高性能バッテリーの表記(メーカーによって表記が異なる。例はGSユアサ)
  • 7=始動性能に関するアンペア数表示
  • 極性
  • 端子形状
  • スーパーシールドMFパーフェクター(密閉式)を示す頭文字

開放型バッテリー(高性能):例YB 10 L-A2など

  • YB=高性能バッテリーの表記(メーカーによって表記が異なる。例はGSユアサ)
  • 10=バッテリー外形の寸法
  • L=極性
  • A2=端子形状とガス排気孔の位置の表記

開放型バッテリー(標準形):例12 N 12A-4A-1など

  • 12=電圧
  • N=バッテリーの形状を表す(N=Normal普通の形状という意味)
  • 12A=バッテリー外形の寸法
  • 4A=端子形状とガス排気孔の位置の表記
  • 端子形状が異なる場合の区分表記

上記は全て鉛バッテリーで、他にもリチウムイオンバッテリーがありますが、表記は基本的にMF型バッテリーと同じです。メーカーによって表記が微妙に異なることがあるので、良く調べておくことをおすすめします。

バイクのバッテリーを交換する手順

バイクのバッテリーを交換すること自体は、それほど難しい作業ではありません。しかし、手順を間違えるとショートなど事故や故障の元になるため、正しい作業手順をよく確認してから作業するようにしましょう。

バッテリーの取り外し

バッテリーは多くの場合シート下かタンク下に設置されています。スクーターの場合はメットインの底やステップの中にあることが多いです。
バッテリーまでアクセスできたら、マイナスの端子から外していきましょう。このとき、プラス端子から外すとドライバーなどが車体金属部分(ボディアース)に触れるとショートするため、絶対に順番を間違えないようにしてください。
マイナス端子が外れた次はプラス端子を外し、バッテリーを固定しているバンドを取り外して車体からバッテリーを取り外しましょう。

バッテリーの取り付け

まずはバッテリーを車体に取り付けましょう。固定が済んだら今度は先ほどとは逆の順番、つまり「プラス→マイナス」の順で端子を取り付けていきます。
順番を逆にするとショートの元になるので注意してください。「外すときはマイナスから、付けるときはプラスから」と覚えておくといいでしょう。
端子が装着できたら最後に固定バンドを取り付け、後は逆の手順でシートやカバーなどの外装を取り付けていって完了です。

バッテリー交換時の注意点

先ほどから言っているように、バッテリー端子の取り付け・取り外しの順番を間違えるとショートの危険があるので注意してください。
なぜショートを起こすかと言うと、マイナスの電気はバッテリーのケーブル以外に車体の金属にも流れているからです。これをボディアースと呼びます。そのためプラスから先に外すと、工具がボディアースに接触した際に回路ができあがりショートしてしまいます。
ショートすると電装品がダメになってしまい、かなり高額な修理費がかかってしまいます。場合によってはバイクを買い替えたほうが良いくらいの出費です。そうならないためにも、「外すときはマイナスから、付けるときはプラスから」のルールをしっかり頭に入れておきましょう。

バイクのバッテリー交換にかかるコストは?

バイクのバッテリーを交換する場合、どのくらいのコストがかかるのでしょうか?自分で交換する場合とバイクショップに依頼する場合ではコストが変わってきますので、それぞれご紹介します。

バイクショップに依頼する場合

バイクショップにバッテリー交換を依頼する場合、本体価格に加えて工賃と廃バッテリーの処分料が上乗せされます。
バッテリーの本体価格は種類によって大きく違いますが、3,000~20,000円くらいが相場です。工賃はショップによりますが1,500円~となります。廃バッテリーの処分料はサービスで無料のところが多いですが、一部店舗では数百円の処分料がかかる場合があります。

自分で交換を行う場合

言うまでもありませんが、自分で交換する場合はバッテリーの本体価格以外にコストはかかりません。ただし、廃バッテリーを処分する場合は処分料が発生します。とはいえ、無料で廃バッテリーを引き取ってくれる業者は多く存在しますので、上手く利用すれば処分料をタダにすることができます。

バイクバッテリーの寿命を延ばす方法

最後に、バッテリーの負担を減らして寿命を延ばす方法についてご紹介します。

満充電状態の維持

キーをオフにしていても、バイクにはバッテリーから微弱な電流が流れています(暗電流)。バッテリーは満充電を維持することが最も理想的な保管状態であるため、定期的にバイクに乗る、もしくは充電することが良いコンディションを保つ秘訣です。

長期間バイクを使用しない場合はバッテリーを取り外しておく

上記の通り、バッテリーはバイクに乗らない間も暗電流によって少しずつ電気を消費していきます。長時間バイクに乗らないときは、バッテリーをバイクから取り外しておくことで、自然な放電を防ぐことが可能です。取り外しついでに充電しておくとさらに良いでしょう。

この他、エンジンがかかりにくいときは無理にセルを回さないこと、劣化したオルタネーターを使わないことなどもバッテリーの延命方法として有効です。

まとめ

    いかがでしたか?バイクのバッテリーは普段あまり気にかけないかもしれませんが、ダメになるとエンジンがかからなくなり非常に困ります。そうならないためには、定期的な走行による充電や充電器での充電がポイントです。
    それでもウインカーが点滅しない、ホーンの音が小さいなどの症状が見られた場合は、バッテリーが寿命を迎えたサインです。早急にバッテリー交換が必要と言えます。
    適切な管理と適切なタイミングでの交換を心掛け、不意にエンジンがかからなくなるといったトラブルを未然に防いでいきましょう!

    本記事は、2019年11月29日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。