【徹底解説】バイクのバッテリーを充電する時にかかる料金はどれくらい?

「走行中にバイクのバッテリーが上がってしまった!」「久しぶりにバイクを動かそうと思ったら、エンジンがかからなかった」なんて事態に陥ったときに必要なのは、バッテリーの充電。もちろん自分で行うことも可能ですが、機械いじりが苦手という方や、手を汚したくない方はバイク屋さんに依頼するのが良いでしょう。

そこで本記事では、バイク屋さんでバイクのバッテリー充電を依頼した場合と、バッテリー交換の場合にかかる料金についてご紹介します。また、ジャンプスターターを使用して自身で充電する場合の費用についても述べていきます。バイクユーザーは、ぜひチェックしてみてください。

バイク屋さんで充電した場合にかかる料金は?

バイク屋さんでバッテリーの充電を依頼した場合、バッテリー充電器はもちろんバイク屋さんで準備してあるので「かかる料金は電気代だけ?」などと思う方もいるのではないでしょうか?しかし実は、バイク屋さんに依頼すると“工賃”が発生します。これは、専門知識をもっている人が作業に当たるためのいわゆる“作業代金”。

そのため、トータルで約1,000~2,000円かかると考えておくと良いでしょう。車種によってはタンクの脱着などの別作業が加わるため、追加料金が発生することもあります。また、所要時間については、半日~1日程度預けるバイク屋さんが多いですが、急ぎの場合は数時間で対応してくれる場合もあるので、事前に電話などで聞いておくと良いでしょう。

充電するだけなのに高い!と感じるかもしれませんが、自分でバッテリー充電をしてショート事故を起こしてしまうリスクなどを考えると納得の金額でしょう。

ジャンプスターターで充電した場合にかかる料金は?

ジャンプスターターで充電した場合にかかる料金は?

ジャンプスターターとは、エンジン始動時の電力を供給する予備バッテリーのこと。エンジン始動時の電力だけなので、乾電池に換算すると約8個分と少量の電力のみが内蔵されています。エンジン始動時の電力のみで大丈夫なのか心配になりますが、バイクにはジェネレーター(発電機)が内蔵されているため、走行中の電力は自力で供給することが可能。つまり、バッテリーが上がってもエンジンをかけることさえできれば、あとは走行することができます。

近年では小型のジャンプスターターも数多く発売されており、とても便利なアイテム。スマートフォンやパソコンが充電できる機能もついているなど、タイプもさまざまです。価格は、7,000~13,000円。少し高めではありますが、バイク屋さんまで押して歩く手間を省ける点や、充電しておけば何度でも使用できる点を考えれば費用対効果は高いでしょう。

上記の方法を試しても充電できない場合はバッテリーを交換!

上記2つの方法を試しても充電できない、充電してもすぐにバッテリーが上がってしまう場合は、バッテリーの寿命である可能性が高いです。ヘッドライトが暗い、ウインカーの点滅が遅いなどの症状が出ており、バッテリーの寿命が原因だと考えられる場合にはバッテリーの交換を行いましょう。

バッテリーの交換も自分で行うことができますが、適合するバッテリー選びなどが不安な場合にはバイク屋さんに依頼するほうが安心。その際にかかる料金は新しいバッテリー代を含め、約15,000~30,000円程度です。

まとめ

  • バイクのバッテリー充電をバイク屋さんに依頼すると、約1,000~2,000円かかる
  • バイク屋さんに依頼しなくても、7,000~13,000円で購入できるジャンプスターターを用意していればバイクのバッテリー充電は可能
  • バイク屋さんにバイクのバッテリー交換を依頼すると、約15,000~30,000円かかる

本記事は、2019年3月26日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。