バイクのo2センサーの取り外しと清掃の方法を徹底解説!

環境問題が重視される現代では、o2センサーを搭載しているバイクも少なくありません。しかし、o2センサーが不調になると燃費が悪くなるだけでなく、運転中の違和感やエンストなどが起こるため、早めに対処することが大切です。ここでは、o2センサーの不調症状や脱着、清掃方法についてご紹介します。o2センサーの不調を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

o2センサーの役割は?

o2センサーとは、バイクの排気管に付けるセンサーのことで、排気ガスに含まれる酸素量を測定します。そして、測定した酸素量の情報はECUに伝わり、そのデータをもとに噴射する燃料の濃さが決められるのです。一般的に、混合気中の酸素と燃料の理想的な比率を「理想空燃比」といい、ガソリンエンジンにおいては「14.7」と決まっています。この数値を維持することで排気ガス中の有害物質が少なくなり、環境への影響を最小限に抑えられるのです。

o2センサー不調の症状

o2センサーが不調、もしくは故障した場合は以下の症状が出るのが一般的です。

<o2センサー故障時の主な症状>

  • エンジンチェックランプの点灯
  • 燃費の悪化
  • マフラーから黒いすすが出る
  • 排気ガスが臭くなる
  • アイドリングが不安定になる
  • エンストする
  • 走行中の違和感
  • エンジントルクが落ちる
  • 触媒部分が破損する

o2センサーの脱着と清掃方法

o2センサーの脱着と清掃方法

o2センサーはマフラーのエキゾーストパイプ、もしくは2サイクルエンジンのチャンバーに取り付けられており、年数だと5年~10年、走行距離だと8万km~10万劼寿命の目安といわれています。また、o2センサーがかぶりやすい車種もあるようなので、2年~4年毎に清掃するようにしましょう。

<取り外し方法>

o2センサーのカプラーを取り外し、o2センサーをスパナで緩めて取り外していきます。

<取り付け方法>

o2センサーネジは高温にさらされるため、焼き付き防止(スレッドコンパウンド)を塗ってから取り付けます。

<清掃方法>

o2センサーを真鍮ブラシ等などで擦り、カーボンを取り除いてから接点復活剤の洗浄タイプでo2センサーを洗います。

まとめ

  • o2センサーとは、排気ガス中の有害物質を減らすためのセンサー
  • o2センサーが故障するとチェックランプの点灯、燃費の悪化、エンストなどの症状が出る
  • o2センサーは5年~10年、もしくは走行距離8万km~10万劼寿命になり、走行距離が増えると確実に機能が低下する

本記事は、2019年7月29日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。