グーバイクアフター

バイクのスマホホルダーのおすすめ15選!選び方や取り付け方も徹底解説

  •       

ツーリングでスマートフォンのアプリを使う場合、バイクのスマホホルダーを活用するのがおすすめです。しかし、実際に購入しようとすると、さまざまな種類があり、それぞれの具体的な違いや利便性がわからないこともあると思います。

この記事では、バイクのスマホホルダーの特徴や種類、選び方、取り付け方などを詳しく解説します。後半では、15種類のおすすめ商品も紹介します。ぜひ購入時の参考にしてみてください。

バイクのスマホホルダーの特徴

バイクのスマホホルダーとは、バイクの車体にスマートフォンを固定できるアイテムの総称です。

バイクのスマホホルダーを使うメリット

バイクのスマホホルダーには、さまざまな種類があります。まずは全種類に共通する特徴を紹介します。

スマホアプリをバイク用ナビゲーションにできる

バイクのスマホホルダーを使う最大のメリットは、スマートフォンの地図アプリなどをナビゲーション代わりに活用できることです。

スマホアプリは、基本的にバイク専用のナビゲーションと比べて安く買える魅力があります。また、知らない地域に出かけることが多いライダーの場合、最新の地図データが常に更新されます。インカム経由でスマートフォンのアシスタント機能や電話が使えるのも大きな魅力です。

ナビゲーションを確認しながら走行できる

便利な地図アプリをダウンロードしても、スマートフォン本体をズボンのポケットなどに入れていては、宝の持ち腐れになってしまいます。バイクの場合、両手を使ってバランスをとりながら運転するため、手にスマートフォンを持ちながら走行するのも、現実的ではありません。

その点、スマホホルダーを使って常に地図アプリを確認できれば、知らないエリアをツーリングするときも運転に集中しやすくなります。

休憩中もすぐにスマートフォンを操作できる

バイクに乗るライダーは、分厚いグローブを着けて走行するのが一般的です。したがって、ズボンのポケットやバッグにスマートフォンを入れていた場合、休憩中にグローブを外し「スマホはどこに入れたっけ?」とポケット内を探る手間が生じます。

一方で専用ホルダーにスマートフォン本体を取り付けておけば、長距離のツーリングで疲れているときにも、すぐに必要な画面を確認できます。

バイクのスマホホルダーを使うときの注意点

道路交通法では、2019年12月からスマホの「ながら運転」の罰則を強化。バイクの場合は、運転中のスマホ注視で検挙されるケースがあります。
バイク用のナビゲーションやスマホホルダーを取り付けること自体、違反ではありません。しかし、現場の警察官が「スマートフォンを注視していた」と判断したら、違反になる場合もあるため、スマホホルダーを使う際は注意しましょう。

バイクのスマホホルダーにおける4つの種類

バイクのスマホホルダーにおける4つの種類

バイクのスマホホルダーには、以下4つの種類があります。ここでは、それぞれの特徴やメリット・デメリットなどを紹介していきましょう。

クランプ型固定方式

クランプ型固定方式は、両サイドや4方向からスマートフォンを挟むようにアームで固定するタイプです。脱着が簡単で汎用性が高いため、初心者におすすめです。ただし、サイズが大きめのものが多いため、運転中に視界の妨げになる場合があります。

クランプ型は、アームでスマートフォン本体を挟んで固定するだけのシンプルな方式のため、衝撃や振動により、アームが緩んでスマホが脱落する危険性があります。また、雨天時には、スマートフォンが濡れてしまうデメリットもあります。

ゴム型固定方式

クランプ型と同じ4方向からのアームに加え、ゴムバンドを使ってさらに固定する種類です。クランプ型よりもホールド力が高いうえ、脱着も簡単に行なえます。赤などのカラフルなゴムバンドを使っている商品も多いため、デザイン性を重視するライダーにもおすすめです。

ゴム型固定方式もクランプ型と同様、雨や雪などの悪天候時にスマートフォン本体が濡れる恐れがあります。

ワンタッチ固定方式

バイクとスマートフォンの両方にマウントを取り付けるタイプです。バイク本体に設置しながら、スマートフォンのサイドボタンを押せるモデルも多い特徴があります。コンパクトな商品が多いのも、ワンタッチ固定方式の魅力です。

このタイプのデメリットは、商品によってはスマホ側のカバーを買い替える必要があることや、クランプ型やゴム型と同様、雨天時にスマートフォンが濡れることが挙げられます。

ケース収納方式

ケース型収納方式とは、いわゆるポーチタイプと呼ばれるホルダーの総称です。ビニール製のポーチにスマートフォンを入れるため、雨などの悪天候に強い特徴があります。また、スマートフォンを取り付けないときには、財布などの小物も収納可能です。

ただし、ビニールに覆われているため、スマホの操作がしづらいデメリットがあります。また、夏場はポーチ内に熱がこもりやすくなるため、長距離のナビゲーションなどに使うときには注意が必要です。

バイクのスマホホルダーの正しい選び方

バイク用のスマホホルダーを買う際は、以下5点をチェックする必要があります。

自分のスマホの大きさに合っているか

バイクのスマホホルダーのなかには、対応サイズや対象機種が決められている商品があります。ホルダーを選ぶ際は、まず自分のスマートフォンの型番やモデル名を把握しておくことが大切です。

また、近いうちにスマートフォンを機種変更する場合、買い替え後も使えるスマホホルダーを選んだほうがよいでしょう。

取り付け場所やハンドル径に合っているか

スマホホルダーを購入する場合、自分の愛車のハンドル径に合っているか、確認することも必要です。バイクのハンドル径は、以下カテゴリーによって異なります。

  • ネイキッド系のバイク:外径22.2mm
  • アメリカン系のバイク:外径25.4mm

すでにバイク用のナビゲーションやドライブレコーダーなどを取り付けている場合、新たにスマホホルダーを設置して運転の邪魔にならないかを確認しておきましょう。

どのような素材を使っているか

ツーリング中に大事なスマートフォンを落下させないためには、振動や衝撃に強い材質を選ぶことも大切です。例えば、プラスチック製のスマホホルダーは、価格も安く手軽に取り付けられる一方、紫外線などによって劣化する可能性があります。

これに対して金属製の商品なら、短期間では劣化しにくいため、長く使うことができます。なお、金属製のスマホホルダーは、取り付け時に六角レンチなどの専用工具を使うのが一般的です。

どのような方法で固定するか

先述のとおり、バイクのスマホホルダーには4つの固定方式があります。このなかから自分に合ったものを選ぶためには、以下3項目を確認し、それぞれのメリット・デメリットを考えてみるとよいでしょう。

  • 防水/防塵性能の高いスマートフォンか?
  • スマホケースにマウントパーツを取り付けて邪魔にならないか?
  • ツーリングの休憩中にも頻繁に操作したいか?

防水性能が低いスマートフォンなら、雨の心配がないケース収納方式がおすすめです。日常使うスマホのケースにマウントを取り付けることに抵抗がある場合、ワンタッチ固定方式は避けたほうがよいでしょう。

充電できるかどうか

スマホの地図アプリを使いながらロングツーリングを行なう場合、走行中に充電できるホルダーのほうが便利です。充電機能がないスマホホルダーを選んだ場合、休憩中にスマートフォンを外してバッテリーを充電する必要があります。

バイクのスマホホルダーはどうやって取り付けるの?

充電機能のないスマホホルダーなら、初心者でもセルフで簡単に取り付けられます。一方、充電できるタイプのものは、電源取り出し作業が必要となるため、カスタム初心者の場合はバイクショップに取り付けを依頼するのがおすすめです。

以下、それぞれの取り付け方法におけるポイントや工具、費用などを紹介します。

スマホホルダーを自分で取り付ける場合の作業ポイント

初心者が最初に悩むのが、スマホホルダーを取り付ける場所です。バイクのアクセルは右側にあるため、停車中などにバイクにまたがった状態で操作することを考えると、ホルダーのマウントは左もしくは中央に取り付けるのがよいでしょう。

ただし、セパレートハンドルのフルカウルスポーツモデルなどの場合、ホルダーを取り付けるバー自体がないことがあります。この場合、ボトル式のマルチマウントバーが必要となるため、事前にバーのサイズ確認もしなければなりません。

また、セパレートハンドルの場合、ミラーに取り付ける方法もあります。ただし、ミラーは振動の影響を受けやすいため、悪路走行が多い人は注意が必要です。

スマホホルダーを取り付ける場合に必要な工具

必要な工具はスマホホルダー商品によって異なります。工具が同梱されているスマホホルダー商品もあるので、その場合はそれらの工具を使いましょう。工具が同梱されていない場合、一般的に使われるのは、スパナ、レンチ、プラスドライバーの3つです。これらの工具が自宅にある場合、スマホホルダーの購入費用だけで取り付けられます。

スマホホルダーをショップで取り付ける場合のポイント

バイクショップに電源の取り出し作業を依頼すると、スマホホルダーの取り付けを無料で行なってくれるサービスがつく場合があります。以下、取り付け費用の相場です。

  • 電源取り出し工賃:約5,000円~1万2,000円
  • スマホホルダー本体:約1,000円~4,000円
  • スマホホルダー取り付け:無料
  • 合計:約6,000円~1万6,000円

ただし、ネット通販や他店で買ったホルダーを持ち込んだ場合、別途追加料金がかかることもあります。取り付け費用を安く抑えるには、電源取り出しをお願いするショップでスマホホルダーを注文したほうがよいでしょう。

お店での取付実績はこちらから確認できます。

スマートフォンホルダーに関する作業実績一覧

バイクのスマホホルダーのおすすめ15選

ネット通販などでも売れている、人気のバイク用スマホホルダー15商品を紹介します。

カエディア スマホホルダー クイックホールド QI

スマートフォンを置くだけで瞬時にホールドできる便利なホルダーです。取り外しは、両脇のハンドルを握るだけで行なえます。急速ワイヤレス充電にも対応しているため、ナビゲーションを使いながらロングツーリングをするときにも安心です。

耐久性の高いステンレスアームを使っているところも大きな魅力です。また、強化樹脂製ミラーマウントを活用すれば、ハンドルバーがないバイクにも取り付けられます。縦横や角度の調整も自由に行なえるため、スマホホルダーの位置や運転姿勢にこだわるライダーにもおすすめです。

カエディア スマホホルダー クイックホールド

上記の「カエディア スマホホルダー クイックホールド QI」から充電機能をなくしたタイプで、数あるバイク用スマホホルダーのなかでも特に人気の高い商品です。両側から握らないかぎり取り外すリリースできない構造となっているため、このホルダーを使えばスマートフォンが落ちる心配もなく、バイクの運転に集中しやすくなるでしょう。

この商品には、取り付けに使用する六角レンチという工具や、2mmラバーテープなども同梱されています。電源の取り出しも不要となるため、バイクのカスタム経験のない初心者でも簡単に取り付けられます。IP66相当の防水性もあることから、雨などによるスマホホルダーの劣化が気になる人にもおすすめです。

デイトナ スマートフォンホルダー3

3点アームで固定するスマホホルダーです。ホルダーがスマートフォンのサイドボタンを押してしまう問題を軽減してくれます。最大の魅力は、高強度アルミ合金を使っていることです。これにより高い耐久性とスタイリッシュなデザイン性を向上させています。

デイトナでは、スマートフォンホルダー3に取り付けられるワイヤレス充電器やマルチバーホルダー、USB電源なども発売しています。こうしたアイテムを併用すると、ハンドルまわりのアクセサリーをスマートに取り付けることが可能です。

なお、このシリーズは、簡単に脱着できるクイックタイプのほか、ボルトでしっかり固定するリジットタイプも発売されています。

VILAU スマホホルダー

リーズナブルなバイク用スマホホルダーを探している人におすすめの商品です。総合通販サイトのタイムセールなどでは、2,000円弱で販売されています。

大きな特徴は、ホルダー部分に硬質ナイロンという素材が使われていることです。硬質ナイロンはバイク走行中の振動を吸収し、スマートフォンを衝撃から守ります。また、柔軟性が高く劣化が生じにくいところも魅力です。

3方向にフレキシブルにポジションも角度変更も行なえるため、スマートフォンの角度や位置が気になる人にもおすすめのホルダーです。さまざまなスマートフォンやバイクに対応できるよう、3サイズのワッシャーと3枚のクッションパットも同梱されています。

カエディア スマホホルダー アルミホールド改

航空7075アルミニウム合金という素材を使うことで、高い強度とデザイン性を兼ね備えたスマホホルダーです。4色が設定されているので、バイクのデザインに合わせてコーディネートできます。スマートフォンの下部を固定する設計のため、ボタンが上部にあるiPhoneのような機種に特におすすめです。

スマホが一番安定する「持ち方」の研究により、右側に付いているパワーダイヤルを3~5回まわすとスマホがしっかり固定され、走行中の落下のリスクを抑えます。また、コンパクト設計になっているため、走行中に邪魔にならないホルダーを求める人にも適しています。

プレジュール スマホホルダー

急速充電と落下防止という2つの機能を持つスマホホルダーです。高出力のUSBソケットを使えば、ロングツーリング中などにスマホのナビゲーションを使いながら充電できます。また、USBソケットにはON・OFFのスイッチも付いているため、未使用時にバイクのバッテリーの無駄遣いを減らせまるのも魅力の一つです。

この商品はスマホの4隅をアームで固定し、付属のラバーパッドを使って二重にホールドする設計になっています。「アームだけの固定では落下するのでは?」と心配してしまう人でも、安心してツーリングなどに集中できます。

カエディア スマホホルダー パワーグリップUSB

最大18Wの急速充電に対応しているスマホホルダーです。スマホアプリのドライブレコーダーやナビゲーションをよく使う人にも、おすすめのモデルです。

見た目がシンプルである一方でホールド力が高いところも、このスマホホルダーの大きな魅力です。スマートフォンを取り付けたら、専用ダイヤルを数回まわすと、十分な強度で固定できます。また、セーフティーバンドを併用すれば、スマートフォンの二重固定も可能です。

USBポートには、防水仕様であるとともに防水キャップが付いています。電源にはスイッチも用意されているため、バイク本体のバッテリーを大事にする使い方もできます。

デイトナ SP MOTO BUNDLE モトバンドル Universal

ワンタッチ固定方式のバイク用スマホホルダーです。AndroidとiPhoneそれぞれに以下のような多彩なタイプのマウントやインターフェースが用意されているのが特徴です。

  • ユニバーサルタイプ:自分のスマホケースにマウントを貼り付けるタイプ
  • フォンケース:スマホケースとマウントが一体化したタイプ

このシリーズは、マウント部分に振動減衰システムが採用されているため、走行中の振動が気になる人にもおすすめの機種です。また、セパレートハンドル用やクラッチレバークランプ用のマウントが用意されているところも、このシリーズの魅力です。

ウミネコ 防水 スマホホルダー

防水・防塵・防汚性能の高いケース収納方式のスマホホルダーです。最大の魅力は、走行中のスマホホルダー落下を予防し、万が一落ちてしまったときに大事なスマートフォンを守る3つの工夫が施されていることです。

  • 万力&ゴムベルト
  • 落下防止リング
  • 耐衝撃吸収クッション

ポーチ型のケースには、USBやイヤホンコードを通せる防水コードホールも取り付けられています。また、開閉しやすいラバーファスナーが採用されているため、手袋をしていても取り扱いやすいスマホホルダーといえるでしょう。

HYR+ バイク スマホホルダー ワンタッチオープン

その名のとおり、ワンタッチで取り外しができるスマホホルダーです。スマートフォンの脱着が簡単に行なえるため、休憩中などにスマホを外す機会が多いライダーにおすすめです。また、ホルダーの土台部分もネジを締めるだけで取り付けることができるので、初心者向けのモデルともいえます。

また、ホルダー部とアーム部はボールジョイントを使って接続しているため、自由自在に角度や向きを変えられるのも魅力です。

ニコマク バイク スマホホルダー アルミ製

バイクのほかに自転車にも取り付けられるスマホホルダーです。高硬度のアルミニウム合金を使っており、高い耐久性を誇っています。また、デザインもシンプルであるため、見た目を重視するライダー向けの商品です。

スマートフォン取り付け後は、左右に360度、上下に120度の回転が可能です。スマホの接触部分には特殊ゴムを使っているため、しっかり固定してもスマホケースが傷つきにくいところも魅力です。

HYR+ バイクスマホホルダー

金属製のバイク用スマホホルダーです。アルミニウム素材を使っているため、他の材質と比べて経年劣化や振動で壊れるといった心配の少ない商品になります。

幅は5.2cm~9.5cmまで調整できるので、ほとんどスマートフォンを装着できます。バイク側の取り付け部分も、直径2.5cm~3.5cmのハンドルに対応可能です。

OASSER バイクワイヤレス充電ホルダー

ワイヤレス充電とUSB充電の両方に対応しているスマホホルダーです。USB口やスイッチにはカバーが付いた防水デザインで、悪天候時にも安心です。

スマートフォンは、機械構造のステンレスアームを使って四隅を完全に包み込んで固定されます。また、スマホを固定するだけでホルダー中央のボタンが押し込まれ、自動的にロックされます。2種類の充電機能とホールド力の高さから、多くのライダーに選ばれています。

Barsado バイク スマホホルダー(ノーマルタイプ)

真っ赤なラバーグリップが印象的なスマホホルダーです。マウントとラバーグリップによって二重固定されるため、走行中の振動によるスマートフォンの落下が心配な人にも、おすすめのモデルです。

スマートフォンのナビゲーションやドライブレコーダーを使う際、USB端子から電源を入れることが可能です。ON・OFFのスイッチも付いているため、バイク側のバッテリーを使いすぎることもありません。

リード工業 冒険大陸 スマホケース

スマホが入るビニール製のポーチにマウントが付いた商品です。バイク側のマウントは別売りになります。この商品の魅力は、ケース収納方式でありながらも前後左右と自由に回転可能な自在ヘッドを採用していることです。また、マウントには落下防止のストラップを付けることができます。

バイクを複数台所有している場合、それぞれの車種に合ったマウントを取り付けておけば、このケースを移動させるだけでスマートフォン使用が可能です。

まとめ

バイクのスマホホルダーは、ツーリング中にナビゲーションやドライブレコーダーなどのスマートフォンアプリを活用する人におすすめのアイテムです。購入時には、以下の4つの方式のなかから自分に合ったものを選びましょう。

  • クランプ型固定方式
  • ゴム型固定方式
  • ワンタッチ固定方式
  • ケース収納方式

スマホホルダーを取り付ける際、電源の取り出し作業が必要なことがあります。この作業をセルフで行なえない場合は、バイクアクセサリーの取り付けが得意な専門店に相談してみてください。

本記事は、2021年9月9日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。