GooBike特集 バイクに関する特集ページ。バイク選びのノウハウなど、バイクライフを充実させるための情報が満載です。
TOP > 記事 > GooBike特集 > いまだから注目したいヨンヒャククラス
いまだから注目したいヨンヒャククラス
日本独自クラスはメリットたくさん いまだから注目したいヨンヒャククラス

かつては、日本の二輪市場でとてもメジャーな存在だったのが400ccクラス
近年は大型クラスと軽二輪クラスに押され、新車ラインナップはかなり減少した状態だ
しかし日本独自クラスとして発展してきたヨンヒャクには、たくさんの魅力がある!Text/Tohru Tamiya  Photo/Tohru Tamiya、GooBike編集部

大型二輪クラス人気の陰で現在はマイナーながら・・・

1970年代以降、日本では総排気量400ccを境にして二輪運転免許が区分され、400cc超のバイクに乗るためには大型二輪免許(かつては限定なし免許)が必要だった。しかし1990年代半ばまでの限定解除審査は、運転免許試験場でのいわゆる一発試験でしか認められず、その試験合格率はわずか数%と超難関だったことから、限定解除は高嶺の花で、大多数のライダーが中型限定(現在の普通二輪免許)でバイクを楽しんでいた。つまり400ccクラスこそが、多くの日本人ライダーにとって最高峰だったわけだ。

そんな状況に変化が現れたのは、1996年に免許制度が改正され、現在のような大型二輪免許と普通二輪免許に区分され、大型二輪免許も指定自動車教習所で技能教習を受けて容易に取得できるようになってから。「どうせなら大きなバイクにも乗れる免許を所有しておこう」というライダーの比率が圧倒的に増えた。

一方で新車市場においては、2000年代に入ってから生産のグローバル化が大きく進み、日本独自クラスだったヨンヒャクは、環境規制強化のタイミングで次々にラインナップ落ちしていった。ライセンス区分が異なる欧米において、ミドルクラスは600cc前後で、市場が大幅な縮小傾向にあった日本市場のためだけに多くのヨンヒャクを生産することを、メーカーが避けた結果だ。

しかしそれは、ヨンヒャクに魅力がないとか、その役割を終えたということとは、同義ではないのだ!

BACK NUMBER

オンロードスポーツモデルの楽しい使い方
バイクは全身を使った体重移動やバランスなどが必要な「スポーツする乗り物」・・・
ニーゴーモデル全方位検証!!
ニューモデルラッシュに加え新ジャンルの拡充など、いま最も熱いクラスが250ccだ!・・・
いまだから注目したいヨンヒャククラス
かつては、日本の二輪市場でとてもメジャーな存在だったのが400ccクラス・・・
他人と同じじゃつまらない!! 唯一無二の自分だけのバイクを探す
街に溢れるベストセラーやロングセラーモデルには、それぞれ人気の理由があり・・・
「カッコいい」はバイクの正義!?魅せられるスーパースポーツの世界
スーパースポーツはなぜ、いつの時代も美しく輝いているのだろう・・・
のんびり走りたい春ツーリング!!いま、クルーザーを選ぶべき10の理由
いよいよ本格的なバイクシーズンが到来!・・・
旅の相棒には向き、不向きがある!?ツーリングバイクのウソ、ホント!!
日に日に暖かくなって、いよいよ本格的なバイクシーズンが到来。・・・
新生活をはじめよう!目的別バイク選び
3月に入り、いよいよ迎えるのは新生活がはじまる新年度!・・・
今すぐはじめられる125ccクラス バイクをトコトン遊びつくす!!
いま、51〜125ccまでの、いわゆる「125ccクラス」が人気だ。・・・
2017年の注目機種とムーブメントを大胆予想!!
欧州や北米では、昨秋を中心に2017年モデルが続々と発表された・・・
記事一覧