GooBike特集 バイクに関する特集ページ。バイク選びのノウハウなど、バイクライフを充実させるための情報が満載です。
TOP > 記事 > GooBike特集 >復権のフルカウルスポーツ
復権のフルカウルスポーツ

近年、国内二輪市場の活性化を牽引するアンダー400ccクラス
その中心となっているのは、フルカウルスポーツだ
少し前まで、絶滅寸前だったフルカウル車は息を吹き返しつつある
いま、なぜフルカウルスポーツなのか。その理由を探ってみよう

Text/Ryo Tsuchiyama Photo/GooBike

絶滅の危機!?を乗り越えいま再びブームが到来!!

 90年代以前からバイクに親しんできたライダーなら、かつて400cc以下のクラスで、どんなバイクが主流だったのか覚えているはずだ。そう、このクラスの主流は紛れもなくスポーツモデルだった。しかも当時最先端だったメカニズムを搭載し、とびっきりの性能を持つ、今見てもかなり過激なヤツばかりだった。速さこそがすべて、あの頃は間違いなくそんな時代だったのだ。でも、排気ガス規制や騒音規制が厳しくなった90年代後半を境に、過激なモデルはこつ然と姿を消す。

 それから約10年、400cc以下の排気量では過激なスポーツ性能を謳うモデル、特にフルカウルスポーツモデルは絶滅していたと言える。世間でエコを合い言葉に環境意識が高まる中、そんなモデルは必要ないという風潮もあったと思う。また一方で、大型免許の取得が教習所でも解禁されたことによって、空前のビッグバイクブームが訪れたこともその一因だろう。かつて、400ccクラスで腕を磨いたライダーの多くは、この頃にビッグバイクの世界へと旅立って行ったハズだ。

 そんなシーンに変化が訪れた。カワサキが久々のフルカウルモデル、ニンジャ250を発売すると、若者を中心に大ヒットを記録。その後登場したCBR250Rもヒットを収め、今では数社がこのカテゴリーへの参入をちらつかせるほどだ。フレンドリーな性能ながら、スタイルは本格派。これがいまのフルカウルスポーツのトレンドなのだ。

国内でフルカウル車が
認可される
80年代前半、国内でフルカウル車が認可され、レース人気の盛り上がりとともに爆発的に車種を増やしていく。
市販車フルカウル時代到来
市販車フルカウル時代到来
レースブーム全盛期
レースブーム全盛期
ブームの絶頂期と
その終焉
NSRに代表されるレーサーレプリカブームは絶頂期。だが排ガス規制を理由にその時代は終焉を迎えた。
2ストレプリカのアイコン
2ストレプリカのアイコン
レーサーと市販車が直結した時代
レーサーと市販車が直結した時代
時代は
スーパースポーツへ
フルカウルスポーツの主役はリッタークラスへ。レースの世界でも2ストから4ストへの転換が始まった。
フルカウル車の主役はリッタークラスに
フルカウル車の主役はリッタークラスに
GPも4ストレーサーが主流に
GPも4ストレーサーが主流に

BACK NUMBER

復権のフルカウルスポーツ
近年、国内二輪市場の活性化を牽引するアンダー400ccクラスその中心となっているのは、フルカウルスポーツだ
オフ車選び、はじめの1歩
未舗装路もガンガン走れるオフロードバイクは、ロードとは違った楽しみを教えてくれる。
今年こそ雨に負けない!!ライダーのための雨対策
雨の中でのライディングは何かと気を使うものだ。
バイク遊びを加速させるアドベンチャーツアラーの誘惑
“その気”さえあれば走る場所を選ばない、アン・リミテッドな走破性。
この春、使えるバイク教えます
待望のバイクシーズン到来!!新しいシーズンを新たな相棒と!!
中古選びの達人になる!!
お金のコト、選び方のコツ、全部教えます
今、スポーツTWINを買う理由
ひと昔前にスポーツバイクといえば4気筒マルチエンジンが定番だった。
2014年、注目の1台
ミラノ・東京と世界のビッグショーが終わり、各二輪メーカーの今後のビジョンも見えてきた。
冬に効く防寒バイクライフ
寒さに負けずにバイクに乗ろう!!
ヤマハSR400/500大・辞・典
1978年に登場し、今年生誕35周年を迎えたヤマハSR400。
記事一覧