GooBike特集 バイクに関する特集ページ。バイク選びのノウハウなど、バイクライフを充実させるための情報が満載です。
TOP > 記事 > GooBike特集 >賢者のバイク選び
賢者のバイク選び

またたく間に大ヒット いまMT-07がウケている

 たしかに下地はあった。それをつくったのはホンダ。日本国内では12年2月から展開してきたNC700シリーズ(14年には750へ進化)は、最初に登場したNC700Xで約65万円という衝撃的な低価格を実現して、一躍話題のバイクとなった。もちろん、その価格を実現するため、性能や装備はベーシック。乗り味を含め、賛否両論が湧き出たが、いずれにせよ市場の目は、日本ではずっとマイナーだったこのクラスに向くことになった。

 そこに新登場したのが、ヤマハが昨年8月に放ったMT-07だ。

 排気量は689cc。並列2気筒エンジンで700cc前後の排気量を持つバイクというのは、5年前の国内仕様ラインナップにはほとんどなかった。逆輸入車や海外メーカー製モデルには、このクラスの機種が多くあったが、どちらかといえば日本市場では「ツウの選択」だった。乗る人が少ないということは、周囲に体験者と生の声が少ないということ。だれもが、「きっと日本の公道で乗ったらジャストサイズで、利点がいっぱいあるはず・・・」と思いながらも、5年前はほとんどのライダーにとって想像の域をでなかった。

 しかし、廉価を武器に市場へと食い込んだホンダNCシリーズによって、知らないからこその敬遠、食わず嫌いは解消された。この排気量帯が持つ魅力が世間にじわりと浸透し、同時にユーザーがこのクラスに求めるものも見えてきた。

 MT-07が掲げたのは、『普段着感覚で楽しめるライディングの楽しさ』と『バイクのある豊かな生活を楽しめるスマートでファッショナブルなスタイリング』だ。これは、NC700系がテーマとした『常用域で扱いやすく快適で、燃費性能に優れたミドルクラス』とは少し異なる。もちろん、スポーツモデルの大前提として、ホンダも操る楽しさを狙っていた。しかし前面に押し出したのは、扱いやすさと燃費性能。やや消極的だった。対してヤマハは、NCと同じく低価格を実現しながら、スポーツ性を軸にアピールしてきた。

 実際、MT-07が持つファンライド性能は驚異的だ。この実現に大きく貢献しているのは、同じロードスポーツ系となるホンダの先代NC700Sと比べて32kgも軽い車重。そして、73馬力とパワフルなわけではないが、アクセル操作に対してリニアなエンジンフィーリング。ゲタにもスポーツ車にもなる。そして、そのどちらもが気持ちいい。こういう存在のバイクは稀有である。

 年間販売台数で比べてしまうと、8月下旬発売のMT-07には不利である。しかしそれでも、9月だけで475台、10月には325台を記録したMT-07は、小型二輪車全体の販売台数において、年間トップ5に食い込もうかという勢いだ。

年齢別バイク購入
日本国内で二輪車を新車購入したライダーの平均年齢は、上昇を続けている。つまり、ライダーの高年齢化だ。これも、軽く扱いやすいMT-07がブームとなった背景のひとつだ。
出典:日本自動車工業会/2013年度二輪車市場動向調査
YAMAHAのバイク
YAMAHAのバイク
ヤマハが再構築を図っている新世代「マスター・オブ・トルク」の第二弾。ライダーのスロットル操作に対してリニアなトルク特性を追求する、クロスプレーン・コンセプトに基づいて設計された689cc並列2気筒エンジンを搭載する。

アッパーミドルの五大長所

車種が豊富
欧米ではエントリー、アジア圏では最高峰としての役割も担うメジャークラス。そのため、グローバル市場で見ると車種が超豊富!
けっこう安い
ハイレベルすぎる装備を省くことなどで、車両価格を低めに抑えた機種も多い。リッタークラスと比べて、手が届くモデルが多い!
気負わず走れる
エンジン出力は、スーパースポーツ系を除けばせいぜい100馬力ちょいで、遅くはないが速すぎない。車重もリッターより軽いぞ!
走りを学べる
気負わず走れることが、積極的にバイクを操ろうという気持ちにつながる。200馬力から学べることは恐怖心だけ。100馬力なら・・・
400よりも力がある
気負わず走れるのは魅力だけど、かといってとくにこれまで大型車に乗ってきたライダーに、いまの400クラスはマイルドすぎる。

BACK NUMBER

賢者のバイク選び
5年前には、日本では少なくともメジャーとは呼べなかった600〜800ccの排気量帯。しかしいまや、・・・
お気軽250ccクラスで行こう!!
いま、国内のバイク市場では250ccクラスが熱い!
プレミア化するバイクのヒミツ
二輪市場では、新車発売当時よりもはるかに高値で売買される中古二輪車がたくさん。
2015年はコイツが主役
10月上旬にドイツで開催されたINTERMOTと11月上旬にイタリアで行われた・・・
寒さに負けず冬ツーリング!!
ライダーにとってこの世で一番の敵は、もしかしたら「寒さ」。
バイクトレンド何でもランキング
バイクにまつわる“あんなコト”や“こんなコト”を公表データや一般ライダーへのアンケート・・・
中古車購入ナビ
愛車選びは、意外と悩みが多い。悩んでいるときが、もっとも楽しい時間でもあるのだけれど・・・
プレイバック00年代
バイクは、この世に誕生してから100年以上に渡り休むことなく性能や技術の向上が続けられてきた乗り物だ。
復権のフルカウルスポーツ
近年、国内二輪市場の活性化を牽引するアンダー400ccクラスその中心となっているのは、フルカウルスポーツだ
オフ車選び、はじめの1歩
未舗装路もガンガン走れるオフロードバイクは、ロードとは違った楽しみを教えてくれる。
記事一覧