マリン後輩さんが投稿したバイクライフ

  • グーバイクTOP
  • モトクルTOP
  • 検索結果一覧
  • 投稿記事詳細(マリン後輩+時速150キロ越えで走っていく。 ミラー)
  • マリン後輩さんが投稿したバイクライフ
    マリン後輩さんが投稿したバイクライフ
    マリン後輩さんが投稿したバイクライフ
    マリン後輩さんが投稿したバイクライフ
    マリン後輩さんが投稿したバイクライフ
    マリン後輩さんが投稿したバイクライフ
    マリン後輩さんが投稿したバイクライフ
    マリン後輩さんが投稿したバイクライフ

    時速150キロ越えで走っていく。
    ミラーを一瞥。
    遥か後方、小さくヘッドライトの光りが見えたような気がした。

    「ン!」
    さらにスロットルを開ける!
    途端に絶叫するエンジン!
    タコメーターの針が躍り、一瞬で速度が200キロへと達する!
    ミラーを再び見る。
    「………」
    もうそこには何も映っちゃいなかった。
    俺は中指を立てた。

    昔から偉そうにしてる奴ってのが嫌いだった。
    やれ、あーだこーだと持論を声高らかに唱えては、気に入らない人や物をこき下ろす。
    そういった輩がもう虫酸が走るほどに大嫌いだった。
    だから。
    「え? それどう意味ですか?」
    「いや、それ違うでしょう?」
    「ん? 何か言ってること変わってませんか?」
    見つけ次第、そいつの矛盾や、お高く留った持論ってヤツを完膚無きまでに叩き壊してやった。

    そして俺はバイクが好きだった
    ──だけど。
    最近のバイクは~
    「4気筒が~」「 2気筒なんて~」
    「俺の若い頃はな~」「昨今の若いライダーは~」
    悲しいかな。
    俺の好きなバイクこそ、そういう輩が多かった。

    反吐が出た。

    バイク万歳と叫びながらも、その実はカビの生えたような考えを押し付けて。
    激変する時代に必死に生き残ろうとするバイクメーカーや、バイクに乗ろうとする新米ライダーの足を引っ張っているのだ。
    一言、老害である。

    ──だから。
    「あの」
    そんな老害(やつら)を見つける度に。
    「へぇ~。そうなんですね」
    おだてて、煽って。
    「じゃあ、そのご自慢のバイク見せてくださいよ」「え?逃げるんですか? っハ!しょうもな!」
    おちょくって。
    勝負をした。

    G◯Zだけを◯者と呼ぶ会
    空冷4発愛◯会
    ◯会、北◯団、◯◯塾
    色んなチームやライダーを叩き落としてやった。
    口先だけの わけ知り顔どもを叩き落とすのは痛快だった。
    そして、そんな通り魔のような事を続けていたら──

    「ん!? ブラックバード!?」
    「撃墜王だ!」
    「黒い凶星!逃げろ! 殺されるぞ!」

    ブラックバード、撃墜王、黒い凶星。
    そんなあだ名を付けられるようになった。
    おかしいな。
    ただ、俺は気に入らないヤツを黙らせてるだけなのに……

    「おい! オッサン!」
    ふと、夜明けのSAで声をかけられる。
    「あんた、ブラックバードだろ!? 俺と勝負しろよ」
    声を荒げ、若いライダーが俺に勝負を吹っ掛ける。
    「……そういうンじゃないんだ」
    消えろ。っと手でライダーを追いやる。
    「はぁ!? テメェ舐めてんのか!」
    ライダーが俺のジャケットの襟を掴む!
    「………」
    参ったな。
    「もうお前さんの勝ちで良いから」
    「ふざけんな!逃げんじゃねぇよ!」
    「もう今日だけで3人墜としてんだ、察しろクソガキ」
    俺は愛車のCBR1100XXスーパーブラックバードへ、アゴをしゃくる。
    ブラバのシートには都合3枚のチームステッカーが貼られていた。
    「上等だよ! お前墜せばソックリそのまま俺のモンじゃねぇか!」
    「………」
    「……ンだよ」
    俺の無言の眼差しにライダーが怯む。

    「お前、愛車は?」
    「あん? お前と同じ前期型のブラックバードだよ」
    「チームは?」
    「入ってねぇよ、群れるのは嫌いだ」
    「お前、なんでバイクで勝負してんだ?」
    俺はライダーに質問を続ける。

    「そりゃ、あれだよ。口だけの奴らを黙らせるためだよ!いつまでも老害どもにデカイ顔されてて堪るかよ」
    「……老害か」
    「あん? だってそうだろ。お前だって──」
    「……分かった」
    俺の言葉にライダーが目を光らせる。
    「でも。今からはダメだ」
    途端にライダーがいきり立つ!
    俺は自分のジャケットのワッペンを剥がしライダーに渡す。
    ワッペンには日本を咥えた鷹の絵が描かれていた。

    「あ、えっと、あのこれは」
    状況が理解出来ないのか、ライダーが しどろもどろに口ごもる
    「夜までお前に預けるから、それを人質に12時間後に またココに来てくれや」
    「……」
    「な」
    「……はい。──じゃねぇ!分かったよ。逃げんなよ!」
    ライダーが何度か振り返りながら去っていく。

    「いつの間にか俺が老害か」
    なるほど、やってるこたぁ~
    アイツらと同じ価値観の押し付けだもんなぁ
    何とも皮肉なモンだ。
    「スゥ~~………ハアァ~」
    レッグバックからタバコを出して一服。
    夜明けの空に煙を吐く。
    愛車のブラックバードに朝日が差す。
    ──さてと。
    立ち上がって愛車へと近付く。
    「だからって墜されるわけにゃいかんよなァ」
    マダマダな。

    そして翌日。
    SAに雄叫びが木霊する!
    「準備良いかい? 坊や」
    「おう来いや! オッサン」
    2台のブラックバードが熱気に陽炎を揺らめかせる。
    ヘルメットのシールドを共に閉じる。
    ブリッピングしボルテージを上げていく……

    「「行くぞ」」
    激しいスキール音!
    ロケットスタートで2匹の黒い大怪鳥が飛び出した!


    #CBR1100XX #SuperBlackBird #俺RIDE #東◯海平 #HONDAのHONKI

    関連する投稿

    • PlusQさんが投稿したバイクライフ

      05月28日

      24グー!

      自分が小さい時にお爺ちゃんが乗ってCBR1100XXブラックバードかっこよかったなー!
      乗るのは自分に合ってないから、プラモデルで作った!
      初めてだからあんまり出来は良くないかもだけど、下手なりに頑張った甲斐があって、お爺ちゃんにあげたら喜んでくれた!
      いつまでも元気でいてね!
      #cbr1100xx
      #cbr1100xx⠀
      #CBR1100XXSUPERBLACKBIRD
      #cbr1100xxスーパーブラックバード
      #cbr
      #バイクが好きだ
      #バイクのある生活
      #バイクのある風景
      #バイク乗りと繋がりたい
      #バイク好きと繋がりたい
      #バイク好きな人と繋がりたい
      #プラモデル

    • マリン後輩さんが投稿したバイクライフ

      05月21日

      52グー!

      「お父さんは認めません」
      父が私の懇願に憮然と言い放つ。
      「なんで!? 友達はみんな乗ってるし私もバイク乗りたい!」
      思わず声を荒げる。
      「ダメです。オートバイなんて認めません」
      「クマキチ君はオートバイで事故を起こして、大きな傷が残ったと言うじゃないか? そんなモノに娘を乗せようとするバカが居るか」
      ふんすッ! と父が鼻を膨らませる。
      「アレは違うよ、アレはクマキチが彼女とタンデムしながら乳繰りあおうとして事故ったんだよ」
      必死に説明。しかし。
      「乳繰りあうだとッ!? お前!そんなことをやろうと言うのか!」
      父のボルテージが上がる。
      「違わい!もういい! このバカ親父!」
      もう知らないッ!!!
      私は立ち上がり飛び出す!
      「コラッ!待ちなさい!」
      追いかけてくる父を振り切って。
      ド! ドドン!
      愛車のセローを叩き起こし!
      「わぁぁぁぁぁ!」
      私は走り出した。


      「なぁ、セロー買わんか?」
      始まりはゼミの先輩の言葉だった。
      「セロー? 何ですかそれ?」
      私は首を傾げる。
      「バイクだよ、バイク。スッゲェ楽しいぜ」
      先輩がニッコニコしながらバイクの魅力を語る。
      「あの私、バイクの免許持ってないですけど……」
      「まぢ? じゃあ取ろうぜ!」
      「ええ~、、、でも、、、」
      ちょっと困惑。
      「そだ!週末に山行くからさ、付いてこいよ」
      しかし、先輩はそんな私を無視し話を進める。
      「いや、だから」
      割とイライラ。
      「じゃあ日曜の朝な」
      先輩、満面の笑み。
      「……はぃ」
      押しきられてしまった。

      そして明けて日曜日。
      「お待たせ~」
      待ち合わせ場所に先輩がやって来る。
      「……え?」──これ?
      先輩の跨がる細っいバイクに面を食らった。
      「さ、さ!乗れ乗れ!」
      先輩がポンポンとシートの後ろ側を叩く。
      「───」
      平均台みたいに細いシート……
      恐る恐る乗ってみる。
      「ほな行くで~」
      トコトコと走り出す先輩にしがみつく。
      「恐いか? カシマぁ」
      頭を縦にブンブンと振る。
      「ガハハハハ!」
      先輩がスロットルを回す!
      ドンッ!セローが加速し、ずり落ちそうになる!
      「キャアアアア!」
      ○すぞ!
      気持ちを込めて、しがみつく手で先輩の横腹を握り込む!
      「わ!痛てぇ!痛てぇって!ワハハ」
      先輩は悲鳴をあげながら笑った。

      先輩にしがみつきながら山へと入っていく。
      途中で先輩の友達たちが合流。
      みんな細っいバイクに乗っていた。
      えっちらおっちら言いながら山を進んでいく。
      途中、先輩がコケる。
      私も巻き添えで濡れた地面にキスをする羽目になった。
      他の先輩たちにもタンデムさせてもらい、キャンキャン言いながら林道ツーリングなるものを味わわされる。
      最初はもうテンションダダ下がりで文句言って帰ろうと思った。
      でもいつの間にか。
      「ギャハハ」「ゲラゲラ」「ケタケタ」
      泥遊びにはしゃぐ子供のような先輩達と同じく。
      「ワハハ」
      私も笑っていた。
      途中……
      「カシマ、ここはお前が行け!」
      いきなり先輩が私に運転の交代を命令してきた。
      目の前には浅く抉れた轍の獣道。
      「やってやろうじゃないですか!」
      受けて立とう!
      無免許も忘れ、その場のノリに圧されセローに跨がる。
      *これはフィクションです*
      *無免許での運転は絶対に止めましょう*
      え? これ高ッ! 足が……足りん!
      ローに入れフラフラしながら進入!
      ガックン!ガックン!と揺さぶられながら。
      「わ!わ!わ!」ブィン!ブィン!
      見様見真似で獣道を進んでいく。
      「カシマ!ビビるな!」
      「そだ!カシマちゃんファイト!」
      「行け!行け!行け!」
      「は!はい!」
      ウルセェ! ○すぞ!
      ………………
      「──出来ちゃった」
      しゃにむにやってたら獣道を走破した。
      振り返り自分が走った獣道を見る。
      ものの数十メートルの道、でもそれはとてもとても輝いて見えた。
      「やったなぁ!カシマ」
      先輩たちが私に追い付いてくる。

      「ヤァッッッタァー!」
      思わず両手を上げてガッツポーズ!
      だがしかし。

      ガックン!

      ハンドルから手を離したためにエンスト。
      そのままセローと共に地面へと倒れる。
      「カシマ!」
      先輩たちが私に駆け寄る。
      「大丈夫か!?」
      先輩たちが私を救助し私の顔を覗き込む。
      「ヘヘヘ」
      私は笑った。


      「──うん」
      「─はい。気が済んだら帰ります」
      「分かってる。私こそごめんね」
      飛び出した後、鬼のように掛かってきていた父の電話に出る。
      怒声、困惑、そして心配。
      電話越しの押し問答。
      少しばかり上擦った父の声に心がヂクヂクと痛んだ。
      「……うん。じゃまたねパパ」
      電話を閉じる。
      「ハアァァ~」
      飛び出し登った山の上、眼下の絶景を見ながらため息。
      なかなかコッチも前途多難ですね。
      他人事のように漏らして、セローの横に座り込む。
      ふとセローを見ると、小さな傷が目に付いた
      傷を優しく撫でる……
      「ん?」
      ふと視界の端に何かが映る。
      ナズナの花が咲いていた。
      失礼して一房を手に取ってみる。
      「知ってるか?ナズナって食べられるんだ」
      いつぞや父とピクニックに行った時の記憶がよみがえる。
      「春の七種にも使われるくらいで、生で食べるととっても甘いんだ」
      「………えい!」 パクッ!
      ナズナを思いきって頬張る!
      「ンうぇッ!」ペッペッペッ!
      すんごく不味かった。
      口を水筒のお茶で濯ぎ、えずきに溢れた涙を拭う。
      「文句言ったろ」
      ヘルメットを被り帰宅の準備を始める。
      ──ポッ
      スマホの画面にメールが届く。

      今日の晩御飯はお前の好きなのも
      早く帰ってきな

      「ぷはっ!」
      パパのメールに苦笑。
      しょうがないなぁ~、
      登ってきた道をゆっくりと下っていく。
      下る道の途中、見落としていた花が咲き誇る場所を見つける。
      ツツジの花が咲いていた。


      #セロー250 #SEROW250 #私RIDE #俺RIDE #東○海平
      #セロー乗ってはしゃぐ29歳児

    • マリン後輩さんが投稿したバイクライフ

      05月19日

      67グー!

      ただいま! 待った? 待ったよね?
      ちょっと入院が長引いて遅くなっちゃったッ!?
      ごめんね!ホッントごめんね!
      でももう大丈夫ッ!
      これからたっっっっくさん!
      疾走ろうね!!!!


      雄叫びを上げるエンジン!
      1万4千回転の金切り声を鳴らして、峠を上っていく!
      みるみるうちに近付くコーナー、暴れる車体と路面の感触。
      すくむ心を奮い立たせて、気合いでコーナーの先へ愛車をねじ込んでいく。
      途端、眼前に広がる美味しそうなワインディング。
      早鐘を打つ心臓にアドレナリンが流れ込む。
      「くはぁ」
      呼吸も忘れ、右へ左へ車体を翻して甘美な喜びを全身で味わい尽くす。
      あぁ~なんて……なんて……
      「楽しんだぁこりぁ」
      ……
      …………


      若い頃、ZXR250に乗っていた。
      ニハンで直4、2眼でフルカウル。
      在りし時代の過激で素敵な愛車だった。
      昼夜飽きもせず走って直して走って直して~そして。
      「あ」
      走り慣れた峠、俺の世界がひっくり返る。
      迫るガードレール、眼前に迫る焼けたアスファルト、真っ暗になった視界に散る火花。
      「ああ、こりゃもうダメじゃ」
      ぼんやりと聞こえる誰かの声。
      「…………」
      呆気なく俺のZXRともいバイク人生は幕を閉じた。


      たくさんの人に迷惑をかけて。
      筆舌に尽くしがたい辛いリハビリを乗り越えて。
      なんとか人並みの生活を取り戻した。
      当たり前な日常、1人前の人生、五体満足で不自由のない日々を謳歌する。
      たまにバイクの話になれば~。
      「昔はヤンチャしたもんだ」──なんて。
      恥ずかし半分で言ってみたりして、1日1日を生きていく。
      いや、生きていた。

      そんなある日に。
      「ぷぁ~、仕事終わりのコーラ最高~」
      仕事終わりで、二車線のまばらな国道を車に乗りながら帰っていると、追い越しから聞きなれた音にブチ抜かれた。
      思わず眼で追うが、当にソレは遥か彼方で。
      耳をつんざく炸裂音だけが耳にこびりついていた。
      「…………」
      コンビニに立ち寄り、スマホでソレの正体を検索する。
      ──そうか……。
      アレはZX-25Rと言うのか………。
      そうか~、なるほどね~。
      傍らのすっかり炭酸が抜けたコーラを無理やり飲み干す。
      胸の古傷がチクッと傷んだ。


      「──ふぅ。疲れた」
      山の頂上の駐車場、熱々の愛車の脇に座り込んで、冷え冷えのコーラを飲む。
      「うぅ、げっぷぅ」うめぇ。
      眼を閉じて深呼吸。
      聞こえる鳥の声と木々のざわめき、じんわりと汗ばんだ体に風が心地よい。
      ──しばしの静寂。
      「よっしゃ!」
      カッと眼を開き、コーラを飲み干して立ち上がる!……おっとっと。
      思わず立ちくらみ。
      よろけながらゴミ箱に空き缶を投げ入れて、戦闘体制を整える。
      「第2ラウンドと行こうか」


      もう~! 相変わらず下っ手くそだなぁ~
      ていうか、老けたね~
      そして重たくなった?
      あぁ、違う違う!そうじゃない!
      イン側に力入りすぎだって、がちがちじゃん?
      ほらもっと腰を落として……そうそう、そうだよ!
      やれば出来るじゃん!?

      って! ああああ!!!!
      ブレーキ!ブレーキ!
      違うギアチェンじゃない!
      びゃああああ!!!


      お前に乗ってどこまでも。
      貴方を乗せていつまでも。
      コーナーの向こう側に夢を見て。
      ストレートの彼方に喜びを歌って。

      「ガハハハハ」
      疾走ろうじゃないか~。

      おっとっと! 安全第一でね。


      #ZX-25R #ZXR250 #俺RIDE #東○海平 #先日峠で25Rにチギられました

    • なかしさんが投稿したバイクライフ

      04月10日

      34グー!

      2022/04/10 CB1300SB納車致しました
      2022初走りは親友と共に行ってきました
      今年もたくさんヤエーしていきます✌️

      #CB1300SB #CBR1100xx
      #2022初ツーリング #本日納車

    • すなあつさんが投稿した愛車情報(CBR1100XX Super Blackbird)

      CBR1100XX Super Blackbird

      04月04日

      48グー!

      桜狩りツーリングしてきました。
      岡山県内、旭川沿いに北上、津山、美作を経由して吉井川沿いを南下。
      道中、桜満開でいい目の保養になりました。
      約250キロ。
      #バイクのある風景
      #CBR1100XX
      #桜
      #桜とバイク
      #岡山

    • すなあつさんが投稿したツーリング情報

      03月18日

      55グー!

      先日、岡山県倉敷市水島にある、ライダース和菓子屋『清正堂』に行ってきました。
      目的はバイク大福。
      バナナ、イチゴ、クリームが入ってるので結構なボリュームですが、めっちゃ美味しいです。
      ここはバイクで行くと、店主さんが写真撮ってくれますよ。
      この日、乗り始めてから20数年、やっと40000キロに到達しました。

      #CBR1100XX
      #ブラックバード
      #岡山県
      #清正堂
      #ライダーズ和菓子屋

    • なかしさんが投稿したバイクライフ

      02月18日

      48グー!

      2022ツーリングシーズンが待ち遠しい
      今年はZZR1400から新バイクになるので楽しみ
      2022もたくさんのヤエー👋していきます

      ① 2017 #GL1500SE #GS1200ss #美瑛
      ② 2018 #GL1500SE #GS1200ss #斜里
      ③ 2020 #ZZR1400 #CBR1100xx #遠軽
      ④ 2021 #CBR1000F #CBR1100xx #稚内
      ⑤ 2021 #CBR1000F #CBR1100xx #幌延