グーバイクアフター

バイクの納車当日、納車までにかかる時間はどれくらいか?

  •       

バイクの納車日は、日程や時間帯が自由に選択出来ると考えられがちですが、実は避けた方がいい日程、時間帯が存在します。納車日当日のスケジュールを崩してしまわないためにも、納車に最適な時間帯や当日の所要時間を紹介します。

休日を避けた午前中の納車がおすすめ

多くの方は納車日を仕事が休みの週末や連休等に選択しがちですが、これらの日は納車日としては避けておくのが無難な日と言えます。理由としては、週末や連休は多くの方が納車を希望する傾向が強く、担当者がハードなスケジュールを強いられているケースが多くなるからです。対応すべき人数が多ければ、1人当たりの時間は短くなります。

じっくりと担当者に質問や相談をしたいなら、週末や連休は避け、可能であれば平日に納車を希望することをおすすめします。また、平日の午前中は、販売店舗にも時間の融通が利きやすく、万が一トラブル等が起こった際には迅速に対応してもらえる確率が高いのも魅力です。

夜間の納車は避ける

夜間の納車では、傷があった場合に気付かず見落としてしまう可能性があります。特に、納車前の洗車・拭き上げによる小傷は車体を隅々まで確認しなければ見落としてしまう程の小さなものです。バイクのボディが黒や茶色等で、周囲と同化しやすいカラーだと、車体の確認が極めて難しくなるので注意しましょう。また、雨天や曇りの日は日光の反射が少なく傷が見えにくくなるので、納車日や時間は晴れている日の日中を選択するのが望ましいと言えます。

夜間の納車は避ける

納車にかかる時間について

バイクの納車は、自動車に比べると早いのが特徴です。配送や店舗での引き渡し等、納車までの時間は一概に〇〇分とは言えませんが、基本的な説明や確認事項のチェックが終了すれば納車は完了となり、数十分で終わる可能性もあります。納車までの時間が長引くケースとしては、バイク初心者の始めての購入や、納車時の思わぬトラブルが起きた場合等が考えられます。ただし、スケジュールが立て込んでいない限り、納車時間を自ら早める必要性は特にありません。不安や疑問に感じたことがあれば、納得が行くまで担当者からの説明を受けましょう。

まとめ

納車は自分のバイクを手に入れるための最後のステップです。納車時の確認やスタッフからの説明を充分に受けられるよう、余裕を持ったスケジュール調整を行いましょう。おすすめの納車日や時間帯を意識して、スムーズに納車を完了させましょう。

本記事は、2016年6月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。