バイクの修理ってどうするの?修理業者や工賃、日頃のメンテナンスまで徹底解説

バイクが故障したとき、どこで、どのような修理を、いくらでできるのかがわからず、不安や疑問を抱えている方は多いでしょう。

そこで今回は、このような悩みを解消するべく、バイクの修理業者や料金についてまとめました。
後半では、バイク修理費を抑える方法として、初心者におすすめしたい「セルフメンテナンス」の魅力をご紹介します。

バイクを修理してくれる場所はどこ?

バイク修理は、おもに以下のような場所で受け付けています。

  • バイクショップ
  • 整備工場
  • ガソリンスタンド
  • サイクリングショップ

しかし、原付や大型といった違いがあるように、対応できるバイク修理はお店によって異なります。
「持ち込んだけど対応していなかった・・・」とならないためにも、修理を依頼できるところを事前に確認しておくと安心です。

バイクショップ

新車・中古車に関わらず、バイクを販売しているお店であれば、高い確率で修理を依頼できます。
ただし、バイク販売を専門としているお店では、修理に必要な設備が整っていないことがあります。
バイクを販売していれば、必ず修理も受け付けているとは言い切れないので注意しましょう。

バイクショップには、以下の2つのタイプがあります。

「HONDA」「YAMAHA」のような正規ディーラー

  • メリット・・・純正部品の種類が豊富で作業のクオリティが高い
  • デメリット・・・修理費用が少し高い

さまざまなメーカーを取り扱うお店

  • メリット・・・愛車のメーカーに関係なく頼れて、ディーラーよりは修理費用が安い
  • デメリット・・・主要部品であれば純正品を用意しているが、細かい部品は取り寄せになるケースが多い

メリット・デメリットは他にもありますが、純正部品を完備しているかどうか大きな違いといえるでしょう。したがって、全体的なクオリティの高さを求める方は、純正部品を完備している正規ディーラーに修理を依頼するのがおすすめです。

複数のメーカーを取り扱うお店では、代用できる部品(汎用品)で対応してもらえることもあります。純正品よりも安くなる傾向があり、性能にそれほど影響がないのが魅力です。

整備工場

ほぼ毎日のように修理・整備をしている「熟練の職人」が対応するため、より丁寧で質の高い仕上がりを期待できます。

修理と同時に点検を依頼できるのも、整備工場を利用するメリットの一つです。細かい部分までチェックすることで、自分では気付かなかった不備を見つけてもらうことができます。

その場で不備が見つかれば、一緒に修理してもらえるため後々の手間も省けます。
不備がなかったとしても、点検を受けておけば、安心して走行できるのではないでしょうか。

ただし、修理に必要な部品をすべて「純正品で対応してもらいたい」という方は要注意です。
各メーカーの純正部品をそろえている整備工場は少ないため、該当する部品を個人もしくは整備工場を通して取り寄せる手間が発生します。

できるだけ修理を早く終わらせてほしい方は、汎用品を使った修理を選ぶか、別の場所を検討する必要があるでしょう。

原付の場合はそれ以外でも

原付バイクの修理であれば、バイクショップや整備工場のほかにも「ガソリンスタンド」「サイクリングショップ」で対応していることがあります。

ガソリンスタンドは店舗数が多いので、思わぬ場所で故障してもすぐにアクセスできるでしょう。
対応しているおもな修理・点検サービスは、以下のとおりです。

  • オイル交換
  • 空気圧の点検・空気入れ
  • パンク修理
  • タイヤ交換
  • ライト交換
  • バッテリー交換

簡単な修理・点検程度であれば十分頼れる存在ですが、プロの判断が重視される複雑な修理作業には対応していません。故障・トラブルの内容が上記に当てはまらない場合は、バイクショップ・整備工場・サイクリングショップに依頼するようにしましょう。

サイクリングショップでは、ガソリンスタンドよりも細かい修理を依頼できます。
ただし、自転車の修理・点検をメインにしているお店なので、クオリティを求めている方は注意しましょう。バイク修理に必要な部品が、純正品・汎用品のどちらも品薄である可能性もあります。

バイクの修理を依頼する場合は、メリット・デメリットを理解したうえで、状況に応じて修理場所を選びましょう。

バイク修理にかかる値段と時間

バイク修理にかかる値段と時間は、故障内容や車種によって大きく変わります。

故障している箇所や修理に必要な部品が増えるほど、修理にかかる値段も時間も比例して増えていくものです。反対に、部品交換が不要で簡単に直せる故障であれば、比較的安く済むでしょう。
また、年式が古いバイクや海外製のバイクが故障すると、ほかのバイクと比べて修理費用が高くなる傾向があります。

ここからは、以下の3つに分けてご紹介します。

  • バイクの一般的な修理費用と時間
  • コストがかかりやすいバイク修理
  • 時間がかかりやすいバイク修理

バイク修理の値段や時間は

バイクを修理に出してから戻ってくるまでの期間は、おおよそ以下のとおりです。

部品が手元にある場合 修理が簡単 最短当日
修理が難しい
(原因を特定できていない)
数日~数週間
部品の取り寄せが必要な場合 修理が簡単 数日~1週間
修理が難しい 数週間

すでに手元に部品があり、修理する場所も特定できていて、簡単な作業であれば最短で当日にバイクが戻ってきます。混雑具合によって多少前後しますが、数分~数時間程度で終わることが多いでしょう。
一方で故障の原因が特定できておらず、部品も手元にないとなると数週間かかります。

依頼から修理までは、一般的に以下の流れで進んでいきます。

  1. 故障したバイクの持ち込み・手続き
  2. 故障部位の確認・原因の特定
  3. 修理に必要な部品の確認
  4. 足りない部品の取り寄せ
  5. 取り寄せ部品の到着
  6. 修理開始
  7. 修理終了・バイクの引き取り

修理開始までの工程で混雑していると、その分時間が多くかかります。

次に、修理にかかる値段についてご紹介します。
修理依頼が多い項目をピックアップすると、料金の目安はそれぞれ以下のとおりです。
※実際の費用と異なる場合がありますので、参考程度に留めてください。

バイクの修理部位 参考価格
タイヤ 予算500円~30,000円程度
  • エアバルブ交換:1ヵ所500円~1,000円程度
  • パンク修理(チューブレス):2,000円程度
  • パンク修理:3,000円~4,000円程度
ブレーキ 予算2,000円~6,000円程度
  • ブレーキパッド交換:5,000円以上
  • ブレーキホース交換:4,000円程度
  • クラッチマスター点検:6,000円程度
  • フルード交換:2,000円程度
ワイヤー 予算2,000円~6,000円程度
カウル、キャップ、タンクなど着脱が必要な場合はプラスαの費用が発生する
チェーン系 予算2,000円~7,000円程度
  • チェーン交換:2,000円~3,000円程度
  • オイル注入(調整):2,000円程度
  • 前スプロケット:3,000円程度
  • 後スプロケット:4,000円程度
フロントフォーク 予算10,000円以上
シールやオイルなど、プラスαの費用もあり得る
ベアリング(ホイール) 予算4,000円~7,000円程度
  • 小型車:4,000円~5,000円程度
  • 中型車:5,000円~6,000円程度
  • 大型車:6,000円~7,000円程度
ハンドル交換 予算5,000円以上
  • 純正品:3,000円~5,000円程度
  • その他:5,000円程度
別の部品を付ければプラスαの費用が発生する

修理にコストがかかりやすいバイク

簡単にまとめると、修理コストが発生しやすいバイクには以下の共通点があります。

コストがかかりやすいバイクの特徴 理由
海外製のバイク
  • 海外製は国産よりも修理コストが高くなりやすい
  • 市場に部品が出回っていないのが原因
  • 仕入れが難しく、部品の本体価格が高い
年式の古いバイク
  • 過去と現在で部品のレベル・条件が異なる
  • 使えるレベルまで整備する手間がかかる
  • 対応部品が少ない
特殊塗料のバイク
  • 傷やへこみを治す際に通常よりも高い料金が発生する
  • 改造車は特に注意が必要
大排気量のバイク
  • 排気量が多くなるほど、部品価格も高くなるため、必然的に修理コストが高くなりやすい

修理に時間がかかるケース

修理時間は以下のようなケースに該当すると長くなる傾向があります。

  • 故障原因の特定に時間がかかる
  • 部品の調達に時間がかかる

いくら急いでいても、故障した原因・理由が明確にならない限り、修理を始めることはできません。
バイクの状態を見ただけで原因がすぐわかる場合もあれば、数時間・数日かけないとわからない故障もあります。

修理に必要な部品を取り寄せなければならない場合も同様です。修理業者のもとに部品が届かない限り、修理を始めることはできません。

ただし、どちらの場合であっても修理業者に問い合わせると、修理完了日の目安を教えてもらえます。
修理時間が気になる方は、来店前や見積時に確認すると安心できるでしょう。

修理業者をお探しの方は、以下リンクから全国のお店を検索できます。

バイクメンテナンス:グーバイク

修理にお金をかけないために

修理にお金をかけないために

最後は、バイクの修理費用を抑える方法をご紹介します。
バイク修理費用を抑えるといっても、修理費用をケチるというわけではありません。

日常的なメンテナンスに力を入れ、定期的にバイクの状態を把握・管理するのがポイントです。
メンテナンスに慣れてくると、簡単な修理なら自分でできるようになるため、さらにコストを抑えられます。

日常的なメンテナンスを怠らない

「バイクの修理費用を抑えたい」という方は、日常的なメンテナンスを積極的に行ないましょう。
しかし、メンテナンス未経験の人は、工具を使ったややこしい作業に抵抗があるでしょう。
初めてメンテナンスをする方は、以下のような取り組みやすいものから挑戦することをおすすめします。

オイル交換

車種によって異なりますが、約3,000劼瓦箸帽圓覆Δ里一般的です。
オイル・オイルフィルター・ドレンワッシャー・廃油受け・オイルフィルタートレンチを用意し、古いオイルを抜いて新しいオイルを入れます。
手順を覚えて慣れてくれば簡単に交換できるでしょう。

チェーン清掃

約1,000劼瓦箸棒響櫃垢襪里おすすめです。
清掃の際には、ブラシ・チェーンクリーナー・チェーンオイルを用意します。クリーナーを吹きかけてブラシで汚れを落とし、オイルで仕上げれば完了です。

空気圧調整

空気圧はコーナリングや燃費に影響するため、約1,000劼瓦箸膨汗阿垢襪里おすすめです。
ガソリンスタンドの専用空気入れを使って、前後のタイヤに空気を適正値まで入れましょう。

初めは工具に費用がかかることに注意

メンテナンスを行なうためには、必要最低限の工具をそろえる必要があります。
バイクに付属している車載工具を使えないわけではありませんが、おまけ程度の耐久性なので緊急用として常備しておくのがおすすめです。

ただし、工具を一度にすべて集めるとなると、結構な金額がかかります。
まずは以下のような必要最低限の工具をそろえ、作業効率やメンテナンス部位に合わせて、少しずつ種類を増やしていくとよいでしょう。

  • ドライバー プラス(2番、3番)・マイナス(0.8、1.0)
  • ヘキサゴンレンチ(4mm、5mm、6mm)
  • コンビネーションレンチ(8mm、10mm、12mm、14mm、17mm、19mm)

車種によっても異なりますが、あると便利な工具についてはサイズを把握しておきましょう。

慣れていれば自分で修理することも

メンテナンスに慣れてくると、セルフではやや難しい修理も難なくこなせるようになります。
以下のような修理であれば、慣れている人なら問題なくこなせるはずです。

  • アクセルワイヤーやクラッチワイヤーの交換
  • シールチェーンやノンシールチェーンの交換
  • ブレーキパッドやブレーキシューの交換
  • フロントフォークオイルの交換
  • クーラント(冷却水)の交換
  • ブレーキディスクの交換
  • リアハブダンパーの交換
  • スプロケットの交換
  • アクスルシャフトグリスアップ

バイクのメンテナンスは、上記以外にもたくさんあります。
メンテナンスができる項目が増えるほど、コスト削減効果は高まりますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

バイクメンテナンス:グーバイク

まとめ

小型・中型・大型に関係なく、バイク修理を依頼するならバイクショップや整備工場がおすすめです。特に正規ディーラーは、純正部品の在庫量や技術面のクオリティに安心感があります。
また、原付バイクの修理は、ガソリンスタンドやサイクリングショップでも対応しているところがあるので、事前に問い合わせしてみるとよいでしょう。

故障・トラブルは安全走行に支障をきたすため、修理コストの削減も含めて、日常的なメンテナンスに力を入れることをおすすめします。メンテナンスに慣れてくれば、簡単な修理なら自分でできるようになり、バイクへの愛着もさらに高まるはずです。

バイクメンテナンス:グーバイク

本記事は、2020年8月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。