GooBike特集 バイクに関する特集ページ。バイク選びのノウハウなど、バイクライフを充実させるための情報が満載です。
TOP > 記事 > GooBike特集 >KAWASAKI ZEPHYR/χ
KAWASAKI ZEPHYR/χ
1989年
発売
1993年
MFバッテリー採用、Fフォークセッティング、
Rブレーキキャリパー変更、等々
1995年
ゼファー最終型
1996年
ゼファーχ発売
1997年
Rホイール径変更18→17、ラジアルタイヤ採用
2001年
KCA採用
2003年
Fブレーキキャリパー変更
2008年
ファイナルエディション発売・生産終了
ゼファー
ゼファー
デビューは1989年。初期型はメーターが異径二眼タイプだったが、1991年モデルから砲弾型の二連メーターに変更。1993年にビッグマイナーチェンジが施され、熟成が進んだ。1995年まで生産が続けられた。
全長×全幅×全高:2,100mm×755mm×1,095mm
車両重量:187kg(乾燥)
シート高:770mm
最高出力:46ps/11,000rpm
中古車平均価格:28.7万円
中古車価格帯:17万円〜59.8万円
ゼファーχ
ゼファーχ
1996年登場。エンジンが4バルブ化され、最高出力は自主規制値上限の53馬力までアップ。サスやブレーキもグレードアップされ、先代モデルに比べ走行性能が大きく向上している。
全長×全幅×全高:2,085mm×745mm×1,100mm
車両重量:186kg(乾燥)
シート高:775mm
最高出力:53ps/11,500rpm
中古車平均価格:43.6万円
中古車価格帯:17万円〜68万円
ゼファーχ ファイナルエディション
ゼファーχ ファイナルエディション
ゼファーχの最終モデルは、往年の名車Z1/2の人気カラー、通称『ファイヤーボール』をモチーフにしたカラーリングで登場。生産台数が少なく人気も高いので、中古価格も高めだ。
全長×全幅×全高:2,085mm×745mm×1,100mm
車両重量:208kg
シート高:775mm
最高出力:53ps/11,500rpm
中古車平均価格:59万円
中古車価格帯:39.9万円〜84万円

 レーサーレプリカ全盛期に、そのアンチテーゼとして生み出された元祖ネイキッド、それがゼファーだ。ハイパフォーマンスばかりが注目されていた時代に、エンジンは時代遅れともいえる空冷2バルブを採用。最高出力も46馬力と、当時の自主規制値を大きく下回る冒険的なものであった。ところが、パワー競争に飽きた多くのライダーから支持され、その後のトレンドを動かすことになった名車である。
 製造初年は1989年、ノンカウル、アップハンドル、ツインショックといったネイキッドの基本形は、ゼファーの存在によって方向付けられたもの。1996年に、エンジンが4バルブ化された後継機種ゼファーχにモデルチェンジされるが、2008年には生産を終了している。
 生産年数が長いため、中古車のタマ数は豊富だが、程度も千差万別。なるべく高年式モデルを選びたいところだ。

| GooBike | 2007年5月号 |
新時代を開いたゼファーには心をバイクで満たす魔法が忍ぶ

排ガス騒音規制を受け、絶版となるゼファーχ。発売から10年経つが、程よい軽快さと安定感を両立したハンドリング、空冷エンジンならではの音は、今なお乗り手を楽しませ、和ませる。バイクに乗る根源的な歓びをもたらしてくれるのだ。

ゼファーχ
ゼファーχ
ゼファーχ
ゼファーχ

BACK NUMBER

中古選びの達人になる!!
お金のコト、選び方のコツ、全部教えます
今、スポーツTWINを買う理由
ひと昔前にスポーツバイクといえば4気筒マルチエンジンが定番だった。
2014年、注目の1台
ミラノ・東京と世界のビッグショーが終わり、各二輪メーカーの今後のビジョンも見えてきた。
冬に効く防寒バイクライフ
寒さに負けずにバイクに乗ろう!!
ヤマハSR400/500大・辞・典
1978年に登場し、今年生誕35周年を迎えたヤマハSR400。
カフェレーサーがキテる!!
バイクのトレンドは時代によって大きく変わる。
“イチ・ニー・ゴー”で遊ぶ、という選択
125クラスに一大ブーム到来中!!
お手軽、お気軽、コストも安い 今、250ccが熱い!!
250スポーツシーンの中心、4台乗り比べ“買い”はどれだ!?
いま注目のアンダー400
性能を使いきれる楽しさ
ストリート・ファイター20年史
人目を引くド派手なデザインに過激な走り。
記事一覧