GooBike特集 バイクに関する特集ページ。バイク選びのノウハウなど、バイクライフを充実させるための情報が満載です。
TOP > 記事 > GooBike特集 >KAWASAKI ZEPHYR/χ
KAWASAKI ZEPHYR/χ
1989年
発売
1993年
MFバッテリー採用、Fフォークセッティング、
Rブレーキキャリパー変更、等々
1995年
ゼファー最終型
1996年
ゼファーχ発売
1997年
Rホイール径変更18→17、ラジアルタイヤ採用
2001年
KCA採用
2003年
Fブレーキキャリパー変更
2008年
ファイナルエディション発売・生産終了
ゼファー
ゼファー
デビューは1989年。初期型はメーターが異径二眼タイプだったが、1991年モデルから砲弾型の二連メーターに変更。1993年にビッグマイナーチェンジが施され、熟成が進んだ。1995年まで生産が続けられた。
全長×全幅×全高:2,100mm×755mm×1,095mm
車両重量:187kg(乾燥)
シート高:770mm
最高出力:46ps/11,000rpm
中古車平均価格:28.7万円
中古車価格帯:17万円〜59.8万円
ゼファーχ
ゼファーχ
1996年登場。エンジンが4バルブ化され、最高出力は自主規制値上限の53馬力までアップ。サスやブレーキもグレードアップされ、先代モデルに比べ走行性能が大きく向上している。
全長×全幅×全高:2,085mm×745mm×1,100mm
車両重量:186kg(乾燥)
シート高:775mm
最高出力:53ps/11,500rpm
中古車平均価格:43.6万円
中古車価格帯:17万円〜68万円
ゼファーχ ファイナルエディション
ゼファーχ ファイナルエディション
ゼファーχの最終モデルは、往年の名車Z1/2の人気カラー、通称『ファイヤーボール』をモチーフにしたカラーリングで登場。生産台数が少なく人気も高いので、中古価格も高めだ。
全長×全幅×全高:2,085mm×745mm×1,100mm
車両重量:208kg
シート高:775mm
最高出力:53ps/11,500rpm
中古車平均価格:59万円
中古車価格帯:39.9万円〜84万円

 レーサーレプリカ全盛期に、そのアンチテーゼとして生み出された元祖ネイキッド、それがゼファーだ。ハイパフォーマンスばかりが注目されていた時代に、エンジンは時代遅れともいえる空冷2バルブを採用。最高出力も46馬力と、当時の自主規制値を大きく下回る冒険的なものであった。ところが、パワー競争に飽きた多くのライダーから支持され、その後のトレンドを動かすことになった名車である。
 製造初年は1989年、ノンカウル、アップハンドル、ツインショックといったネイキッドの基本形は、ゼファーの存在によって方向付けられたもの。1996年に、エンジンが4バルブ化された後継機種ゼファーχにモデルチェンジされるが、2008年には生産を終了している。
 生産年数が長いため、中古車のタマ数は豊富だが、程度も千差万別。なるべく高年式モデルを選びたいところだ。

| GooBike | 2007年5月号 |
新時代を開いたゼファーには心をバイクで満たす魔法が忍ぶ

排ガス騒音規制を受け、絶版となるゼファーχ。発売から10年経つが、程よい軽快さと安定感を両立したハンドリング、空冷エンジンならではの音は、今なお乗り手を楽しませ、和ませる。バイクに乗る根源的な歓びをもたらしてくれるのだ。

ゼファーχ
ゼファーχ
ゼファーχ
ゼファーχ

BACK NUMBER

新生活をはじめよう!目的別バイク選び
3月に入り、いよいよ迎えるのは新生活がはじまる新年度!・・・
今すぐはじめられる125ccクラス バイクをトコトン遊びつくす!!
いま、51〜125ccまでの、いわゆる「125ccクラス」が人気だ。・・・
2017年の注目機種とムーブメントを大胆予想!!
欧州や北米では、昨秋を中心に2017年モデルが続々と発表された・・・
冬にこそ効く バイクにまつわる最新機能
寒さはライダーにとって大きな「敵」だ。・・・
環境規制改正で中古車選びはどう変わる!?
地球環境や生活環境に与える影響を少しでも減らすため・・・
狙うなら、最初から充実装備の中古車!!
バイクには、装備や色などがスタンダードとは異なる・・・
中古車選びは最終型がオススメ
中古車を購入するときは、人それぞれに判断基準があるが・・・
爽快、ゆったり、カッコいい!今日からクルーザーライド!
全身で風を浴びながら、日本の美しい景色をゆったりと自分のペースで楽しむ・・・
注目を集め続ける250クラスの最新事情
新しい愛車について考えるとき、ジャンルと同じくらい重要な項目となるのが排気量・・・
梅雨どきバイクライフ
多くのライダーにとって最もイヤな季節「梅雨」がやってきた。・・・
これが、ニッポンの2輪ムーブメント2016
毎年3月恒例となっている、大阪および東京でのモーターサイクルショーが終了・・・
記事一覧