GooBike特集 バイクに関する特集ページ。バイク選びのノウハウなど、バイクライフを充実させるための情報が満載です。
TOP > 記事 > GooBike特集 >メガスポーツバイク
最強! 最速!スピードこそ正義 メガスポーツバイク対決

近年定着してきた『メガスポーツ』という言葉。
それは超高速域でのスポーツ性に特化した世界最速クラスのスポーツバイクを指す。
メーカー最新技術の結晶とも呼べるメガスポーツ車には
世界中のライダーを魅了してやまない圧倒的なパワーが秘められている。

Text/Ryo Tsuchiyama
Photo/Takao Isobe

バイクの歴史は『世界最速』を追い求めた歴史でもある

 20世紀のはじめに世界最初のバイクが登場して以来、欧米をはじめとした世界各国のバイクメーカーは、その性能を少しでも向上させようと常にチャレンジを続けてきた。古典的な機構を持つ単気筒エンジンをスタートとして、わずか20年そこらの短い期間で2気筒、4気筒と様々なシリンダーレイアウトのエンジンが作られ、エンジンの冷却方式も空冷から水冷へと飛躍的に進化した。他社より優れた機構を持ち、もちろんスピードも速い、どのメーカーも今と同じようにそれだけを目標にバイク作りを行っていたのである。

 そんなこともあって20世紀の半ばには、バイクは劇的に進化した。その時代にあって既に最高速度200km/hをマークするような市販車も販売されていたのだから、まさに驚きである。例えばビンセントのブラックシャドウやブラフシューペリアなど、今でも世界的に名車と名高いバイクはそんな時代の車両である。

 しかしバイクの黎明期と呼べる時代から50年以上経った時期から、それまでの欧米主流だったバイクの世界に転機が訪れる。それが日本のメーカーの台頭だ。60年代から世界GPの舞台で少しずつ技術を蓄積した日本の二輪メーカーが、70年代に入る前後で次々と大型車両を開発し、市販車世界最速の歴史を次々と塗り替えていったのだ。結果的に日本メーカーの台頭によって、多くの欧米のメーカーは衰退し世界最速マシンを生み出す宿命は、長らく日本車が背負うことになったのである。

BACK NUMBER

中古選びの達人になる!!
お金のコト、選び方のコツ、全部教えます
今、スポーツTWINを買う理由
ひと昔前にスポーツバイクといえば4気筒マルチエンジンが定番だった。
2014年、注目の1台
ミラノ・東京と世界のビッグショーが終わり、各二輪メーカーの今後のビジョンも見えてきた。
冬に効く防寒バイクライフ
寒さに負けずにバイクに乗ろう!!
ヤマハSR400/500大・辞・典
1978年に登場し、今年生誕35周年を迎えたヤマハSR400。
カフェレーサーがキテる!!
バイクのトレンドは時代によって大きく変わる。
“イチ・ニー・ゴー”で遊ぶ、という選択
125クラスに一大ブーム到来中!!
お手軽、お気軽、コストも安い 今、250ccが熱い!!
250スポーツシーンの中心、4台乗り比べ“買い”はどれだ!?
いま注目のアンダー400
性能を使いきれる楽しさ
ストリート・ファイター20年史
人目を引くド派手なデザインに過激な走り。
記事一覧