スズキ  V−ストローム1000

年式別カタログ

INFO

海外市場向けにアルペンツアラーとして生産されていたVストローム1000。2000年代の終りにいったんラインナップから落ちていたが、2014年の新型モデルとして再登場し、同年6月からは国内市場にも投入された。1,036ccの水冷4スト90°Vツインエンジンには、その大排気量が生み出すトルクを効率よく後輪に伝えるためのトラクションコントロールが搭載されていた。2017年にはフルモデルチェンジを受けた。2019年モデルも色変更のみ。レッドとブラックが新色。継続色のホワイトも色使いやデカールが変更されていた。

主要スペック

型式2BL-VU51A
全長(mm)2280
全幅(mm)930
全高(mm)1470
シート高(mm)850
乾燥重量(kg)
総重量(kg)233
サスペンション型式(前)倒立式テレスコピックフォーク
サスペンション型式(後)スイング・アーム式
キャスター角(度/分)25/35
トレール(mm)109
ブレーキ型式(前)油圧式ダブルディスク[ABS]
ブレーキ型式(後)油圧式ディスク(ABS付)
タイヤサイズ(前)110/80R19M/C 59V
タイヤサイズ(後)150/70R17M/C 69V

エンジン・トランスミッション

型式U501
エンジン種類水冷4ストローク・90°V型2気筒DOHC4バルブ
総排気量1036cc
圧縮比(:1)11.3
ボア(mm)100.0
ストローク(mm)66.0
最高出力(kW/rpm)73(99PS)/8000
最大トルク(N・m/rpm)100(10.2kg・m)/4000
始動方式セルフ式
点火方式フルトランジスタ式
クラッチ方式湿式多板コイルスプリング
変速機型式常時噛合式6段リターン
燃料供給方式インジェクション
潤滑方式ウェットサンプ式
燃料タンク(L)20

対象バイク一覧

もっと見る